献花に行ってきました。

お疲れ様です、賽目です。
フクキタルが亡くなってから1ヶ月以上が経った今日、小須田牧場さんへ献花に行ってきました。

本当は、もっと早くに行くべきだったのかもしれませんが、同志との約束もありこの時期に。

正直な気持ちを言うと、行きたくなかったですよ。
がらんとした広場を見たら辛くなるのは分かっていましたから。

実際、こんなに気分が高揚しない旅路は初めてでした。

とはいえ、行かないなんて選択肢はハナから無かったので、意を決して向かいました。

到着すると、ただひとつを除いて、いつもと同じ小須田牧場が迎えてくれました。

僕は、小須田牧場の雰囲気が大好きです。

澄み切った空気と、雑音のない静かな世界。

たまに聞こえてくるのは、馬の鼻や脚が奏でる音だけ。

まるでこの空間だけ時間が止まったような感覚に陥れる、非日常感を味わえる大好きな場所です。

でも、やっぱり時間は止まってなんかいなくて。そこにはもう、彼はいませんでした。

万が一、億が一でも、「あれは嘘だった」なんて可能性を信じていましたが、自分の目で確認してしまったんです。

しばらく関係者の方とお話ししたあと、広場の隅っこにお花を添えてきました。

献花は、僕がヒマワリで友人が菊の花でした。
友人が「菊花賞を勝ったから」と言っているのを聞いて、そこまで考えが至らなかった自分に若干腹が立ちました。

自分はヒマワリを選んだ理由は、寂しい雰囲気にしたくなかったのと、花言葉を意識したからです。

「憧れ」「あなただけを見つめている」

いつになっても貴方への憧れは消えないし、こんなに愛情を注げる存在は、後にも先にも貴方だけ。これはもう、絶対に。


フクキタルが亡くなってから、気付いたことがあります。

それは、時間とともに死の悲しみや辛さが薄れていくとは限らない、ということ。

あまりこういう例は良くありませんが、例えば親族が亡くなった時。

自分にとって大切な人ですから、当然悲しみもショックも深いと思います。
でも、亡くなる前に毎日その人のことを考えていた人は、少数派だと思うんです。

だから、時間とともに、もとの生活へ戻っていく。
もとの感覚に戻り、悲しみは段々と薄れていく。

そういうものだと思っていました。

でも、気付いたんです。

そういえば、もともと毎日フクキタルのこと考えてたなって。

だから、時が経って普段の生活に戻っても、忘れることはできない。
悲しみが薄れることも、絶対にない。

周りに心配や迷惑を掛けたくないので、弱気なことはこういった場でしか言いませんが、やっぱり精神的には何も変わりません。

でも、多分これで良いんだと思います。
受け入れたり、都合よく解釈したり、納得したり、乗り越えたり……

そんなことせずに、悲しみも苦しさも背負ったまま前へ進みます。
今まで、それ以上に幸せをもらったから……なんてことありません。

小須田牧場にはお墓がないので、フクキタルが眠っているわけでも、そこにいるわけでも無いとは思いますが。

毎年、命日には必ずお花をあげにいこうと思います。

僕が生きている限り、いつまでも。

今日は、フクキタルがいた広場に葦毛の親子が放牧されてました。
君たちも元気でね。





余談

あんまり関係ない話ですけど、最近、back numberさんの『クリスマスソング』を良く聴くんです。
クリスマスに片想いをしている男性の歌で、今の僕とは全然立場は違うのですが……歌詞がどうにも他人事に思えなくて。

「会いたいと思う回数が」
「会えないと痛いこの胸が」
「君のことどう思うか教えようとしてる」
「いいよ そんなこと自分で分かってるよ」

「できれば横にいてほしくて」
「どこにも行ってほしくなくて」

「会いたいと毎日思ってて」
「それを君に知ってほしくて」
「すれ違う人混みに君を探している」
「こんな日は他の誰かと笑ってるかな」
「胸の奥の奥が苦しくなる」

……やっぱり、本質は片想いだからですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。