マチカネフクキタル探訪 in小須田牧場

1997年の秋、連勝街道を築いた名馬「マチカネフクキタル」をご存知ですか。
彼は今、山梨県にある小須田牧場で余生を過ごしています。

これは、とあるマチカネフクキタルのファンが、2020年1月11日に小須田牧場を訪れた際の記録です。

小須田牧場までの道のり

小須田牧場は、山梨県の清里にあります。
自分は、東京の八王子駅からのルートを選択しました。
8:33からJR中央本線に乗り、出発です(ちなみにこれより早い電車は5時台に1本のみ)。

清里まで

清里に到着

電車に揺られること2時間。清里駅に到着しました。
道にはまだ先日の雪が残っており、空気は東京よりもひんやりしています。

それでも、風は少なく日差しが強いので、時折暑く感じるような不思議な気候。

清里駅

清里駅から小須田牧場まではバスが出ていますが、本数が少ないため徒歩で向かうのがオススメです。
自分は、いつも清里駅から徒歩で向かいます。

駅を出たら目の前の坂道を下り、後はずっと道なりに進むだけです。

道のり

2020年初めての訪問。
自分は神様よりもフクキタルを信じているので、実質これが初詣ですね(?)

ドキドキしながら歩くこと約25分。
道なりに坂道を下っていくと、小須田牧場が見えてきました。

牧場に到着&フクキタル発見

小須田牧場

小須田牧場に到着!!
名物の銅像がお出迎えしてくれました。

ちなみに、小須田牧場への入場はフリー。
自分も初めて来たときは「これ、入って大丈夫なの……?」と思うほど緩い雰囲気でしたが、大丈夫です(´ω`*)

敷地内に足を踏み入れ、ゲートをくぐると……

フクキタル発見

いた✧٩(ˊωˋ*)و✧
綺麗な栗毛にひし形の流星……間違いない。

新年のご挨拶に上がりました。ご無沙汰しております!!(`・ω・)ゞ
(馬着かわいい)

とにかくマイペースなフクキタル

さて、自分が到着してから30分。
フクキタルにたくさん話しかけましたが……

動かない

動かざること山の如し。
自分が牧場に着いてからというもの、微動だにしないフクキタル。

まあ、この距離で眺めてるだけで幸せだから。
と思っていたら……?

ごはん

ごはんタイム。
相変わらずこちらは無視ですが、ようやく動いてくれました。

美味しそうにもしゃもしゃ。
冬なので牧草は枯れ気味ですが、生えてるところを選んでもしゃもしゃ。

そして、しばらく牧草を食べた後は……

穏やかで優しいフクキタル

きた

ついに近くに!!(´ω`*)
ずっと話しかけ続けた結果、近寄ってきてくれました。優しい(多分うるさいと思われてる)。

ちなみに、フクキタルの性格はとっても穏やか。
人間にも慣れており、大人しいお馬さんです。

初めて会いに行ったときも、すぐに近寄って来てくれました。サービス精神旺盛。

何はともあれ、少しでも心を開いてくれた今がチャンス……!!
「アレ」で一気に距離を縮めるぞ٩( ‘ω’ )و

ニンジンをあげよう

小須田牧場では、フクキタルに持参した食べ物をあげる事ができます。
※必ず、あげる前には牧場のオーナーや職員さんから許可を頂いてください!!

今日はニンジンを持ってきたよ~🥕
食べやすいように……こう!!

にんじん

ニンジンを食べるフクキタル

ごはんに目が無いフクキタル。ニンジンを見せると大喜びです。
1本目を一瞬で食べ終えると、フクキタルのテンションは急上昇。

2本目のニンジンを切っていたら「早くくれよ~」と大興奮してしまいました( ̄▽ ̄;)
「食べやすくするためだから待ってて~」と言ってもお構いなし。

どうやらニンジンの前では人(馬)が変わる様子。
最後はフクキタルの情熱に負け、まるごと差し出しました。

まるごと

いっぱい食べるキミが好き

あっという間にニンジン3本を完食。
しかし、どうやら物足りないらしく……

甘える

「もっとないの~?」とおねだりしてきます。

もう!!可愛いなあ!!

でも、もう持ってないんだよ~💦
普段のご飯もあるからと思ってそんなに持ってこなかったんだけど……こんなに食べるとは。
次はもうちょっと持ってこようかな(;・ω・)

そう思ってると、牧場の職員さんがフクキタルのお昼ご飯を持ってきてくれました。
ご飯はおそらく麦芽。青色の桶にご飯が入れられると、興奮気味に顔を突っ込みます。(さっきまで牧草と人参を……)

お昼ご飯

顔はほとんど上げずに夢中でもぐもぐ。
フクキタルは今年で26歳になりますが、本当に食欲旺盛でした。嬉しい限りです。

完食

そしてあっという間に完食。
食べてる最中に地面や柵に落とした分まで綺麗に食べ終えました。えらい(´ω`*)

では、そろそろ自分も何か食べてきましょう。

施設内のレストラン「Country Kitchen Robin」

小須田牧場さんには、「Country Kitchen Robin」というレストランが併設されています。

ロビン

なんともアメリカンな出で立ち。
テラス席ではバーベキューも出来るとのことですが、今回は店内にお邪魔しました。

店内

店内はとても良い雰囲気。
今日は牧場にお客さんがいなかったので、お店にも自分一人でした。

そしてメニューを見せて頂くと、どれも美味しそうで迷宮へ(´ω`*)
(ステーキ、ハンバーグ、ピザ、ハンバーガー、カレーetc……)

悩んだ結果、以前実際に来られた方が絶賛していたハンバーグ(チーズ)を注文しました。

ハンバーグ

ハンバーグ

……美味しい!!

肉の質もさることながら、特製のトマトソースがたまらん(´ω`*)
サラダは地元の高原野菜を使用されているとの事で、こちらも絶品。

小須田牧場には何回か来ていますが、実は今回が初入店でした。
ぐぬぬ……今まで損してたかも。

【店舗情報】
[店名]Country Kitchen Robin(ロビン)
[営業時間]12:00~14:00 17:00~23:00
[定休日]水曜日
[お問い合わせ]0551-48-3155

乗馬もできます

小須田牧場さんでは乗馬もできます(むしろメイン)。
牧場に来られるほとんどのお客さんは、この乗馬を体験されるそうです。

乗馬もできる

ですが、自分は斤量的にお馬さんが可哀想なので遠慮しておきますね(・ω<)

愛馬に会える幸せ

余生を穏やかに過ごせる競走馬は、全体数で見るとそう多くはありません。
自分が会いたいと思った時に好きな馬に会えるのは、決して当たり前なことではなく……とても幸運なことだと思います。

しかも、小須田牧場さんのご厚意で、フクキタルとは至近距離でお話ができます。
本当に自分は、フクキタルに福を貰いっぱなしです。

今、フクキタル自身も幸せだと……そう思ってくれてたら嬉しいですね。

2ショット
※フクキタルとの2ショット(舌ペロ)

ぜひ小須田牧場へ

さよなら

大自然の中でのんびりと過ごすお馬さん達を見ていると、まるで時間が止まっているかのような、開放的な気持ちになれます。
マチカネフクキタルに会いたくなった方は、ぜひ一度小須田牧場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

以上、現地からのレポートでした٩( ‘ω’ )و

【小須田牧場】
[住所]山梨県北杜市高根町清里3545
[牧場の営業時間]9:30~17:00
[定休日]水曜日
[お問い合わせ]0551-48-2267
詳細情報はこちらから

3 COMMENTS

ゆえひと

気持ちの良い天気だったみたいですね
フクキタルもまだまだ元気そうで良かったです
レストランのハンバーグも美味しそうです
因みにハンバーガーもボリュームあって良かったですよ

車で訪れる場合は
最寄りは長坂ICとなってるかもしれないですが
一つ手前の須玉ICから国道141を清里方向へ進むのが道一本で済むので楽ですね
清里駅からだとかなりキツイ下り坂のカーブ出口を右折になるので避けた方が安全です

返信する
んま

多くの名馬は引退して北海道で余生を過ごしてますがマチカネフクキタルは山梨にいるので気軽に会いに行けるのがいいですね(*´∇`*)

返信する
まっつん

最後の写真を見たら、こんなふうに静かに亡くなったんだなあと、暖かい気持ちになりました。筆者さんの優しい気持ちも含め、じーんとしました。冥福を祈りたいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。