【血統全頭診断】2021 宝塚記念【重賞予想】

お疲れさまです、賽目です。
今週末に行われる、G1宝塚記念の予想を綴っていきます。

【血統全頭診断】2021 安田記念【重賞予想】

宝塚記念の特徴と分析

舞台は阪神芝2200m。同じグランプリである有馬記念と傾向が似通うため、基本的には欧州志向の馬を狙います。
血統的には、欧州の中でもスピード寄りなナスルーラの血が優秀。そのため、グレイソヴリンボールドルーラーネヴァーベンドなどが狙い目。

また、阪神に強いフレンチデピュティマキャヴェリアンなども視野に入れたいです。
そして昨年と同じく雨予報が出ていますので、重馬場適性も考慮したいところ。

全頭診断

印【◎1頭 〇1頭 ▲1頭 ☆1頭 注4頭】
総評【S/A+/A/A-/B+/B/B-/C/D】
血統構成【日本型/米国型/欧州型】

※血統構成の中でどの要素が強く現れているかという分類。参考程度に。

1枠1番 ユニコーンライオン 牡5

[-]

【基本データ】
父 ノーネイネヴァー
(米国 ストームバード系)
母父 ハイシャパラル
(欧州 サドラーズウェルズ系)
母母父 トップサイダー
(欧州 ノーザンダンサー系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
父ノーネイネヴァーは基本的に短距離志向の馬。そこにノーザンダンサー色の強い母系を掛け合わせた配合になっているので1600~2000mのタフな馬場が狙い目だと予想。阪神2200mは流れ的にも少し厳しいと見ます。

2枠2番 レイパパレ 牝4

[注]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 クロフネ
(米国 ヴァイスリージェント系系)
母母父 ウイニングチケット
(欧州 グレイソヴリン系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
ここまで6戦無敗の女帝。前走で三冠馬と現役最強マイラーを破り評価はうなぎ登り。ディープインパクト×クロフネということで阪神適正と雨適正は◯。今回も向くとは思いますが、流石に雨の宝塚は馬場が重すぎると判断します。今回は少し苦しい戦いになるかもしれません。晴れたら頭まで

3枠3番 メロディーレーン 牝5

[注]

【基本データ】
父 オルフェーヴル
(日本 ステイゴールド系)
母父 モティベーター
(欧州 サドラーズウェルズ系)
母母父 シャーリーハイツ
(欧州 ネヴァーベンド系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
みんなのアイドルメロディーレーン。オルフェーヴル×モティベーターという激重血統なので、極端に力のいる馬場や展開では要注意。雨が降ったら面白いですね。

4枠4番 ワイプティアーズ 牡6

[-]

【基本データ】
父 ダイワメジャー
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 フサイチペガサス
(米国 ミスタープロスペクター系)
母母父 ミスターリーダー
(欧州 ターントゥ系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
スピード持続×スピード持続の組み合わせ。前走の鳴尾記念では人気より好走しましたが、距離延長と馬場がタフになる上積みが少ないと見ます。ちなみに全兄はダート馬。

4枠5番 アドマイヤアルバ 騸6

[-]

【基本データ】
父 ハーツクライ
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 バーンスタイン
(米国 ストームバード系)
母母父 シルヴァーデピュティ
(米国 ヴァイスリージェント系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
ハーツクライ×ストームキャットはどちらが強く出るかで傾向が変わるのですが、多分アルバはハーツクライ。そうなると距離短縮かつ上級条件への格上げで流れに付いていけるか心配。なにより去年の宝塚の馬場で二桁着順となると……

5枠6番 シロニイ 牡7

[-]

【基本データ】
父 キングカメハメハ
(欧州 キングマンボ系)
母父 サンデーサイレンス
(米国 ヘイロー系)
母母父 トップサイダー
(欧州 ノーザンダンサー系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
何かと話題な白毛のお兄ちゃん。ソダシもそうですが、シラユキヒメ牝系はダート志向が強くパワーに優れるので、馬場が荒れるのはプラス材料。ただ、春天からのステップで、キンカメ×サンデーが宝塚の流れに付いてこれるかが疑問。

5枠7番 クロノジェネシス 牝5

[◎]

【基本データ】
父 バゴ
(欧州 レッドゴッド系)
母父 クロフネ
(米国 ヴァイスリージェント系)
母母父 サンデーサイレンス
(米国 ヘイロー系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈S〉
【分析・見解】
2年連続本命。阪神2200mでバゴ×クロフネはドンピシャすぎて外せません。ナスルーラ系の中でもタフな馬場大好きなバゴと阪神大好きなクロフネ。今年は1番人気が飛ぶ傾向にありますが、流石にここは決めてほしいです。

6枠8番 カデナ 牡7

[注]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 フレンチデピュティ
(米国 ヴァイスリージェント系)
母母父 シアトルスルー
(米国 ボールドルーラー系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
ディープインパクト×フレンチデピュティということで右回りで狙いたいと思っていました。マイルからの距離延長がどうかなとは思いますが抑えます。

6枠9番 アリストテレス 牡4

[注]

【基本データ】
父 エピファネイア
(欧州 ロベルト系)
母父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母母父 トニービン
(欧州 グレイソヴリン系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
阪大春天と奮いませんでしたが、父がエピファネイアかつサドラーズウェルズのクロスとトニービン持ちなのでこの条件は歓迎なはず。本来得意な舞台なので人気が落ちているなら狙い目です。純粋なスタミナよりもパワーと切れに特化していると見ます。

7枠10番 カレンブーケドール 牝5

[◯]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 スキャットダディ
(米国 ストームバード系)
母母父 シーカーズリワード
(米国 ゴーンウエスト系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈A+〉
【分析・見解】
クロノジェネシスは強敵ですが、G1を穫れるとしたらここ(宝塚記念)なのでは。母父スキャットダディとゴーンウエストの影響でタフな展開や力の要る馬場は大好物。また、ディープ×ストームキャットなので非根幹でぜひとも狙いたい。ブーケドールの勝負根性に期待ですね。

7枠11番 モズベッロ 牡5

[-]

【基本データ】
父 ディープブリランテ
(日本 ディープインパクト系)
母父 ハーランズホリデー
(米国 ストームキャット)
母母父 セイントバラード
(米国 ヘイロー系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈A〉
【分析・見解】
雨雨降れ降れもっと降れ。ディープブリランテ産駒らしく持久力戦に強く、重馬場や雨は大好物。そして母系のストームキャットが仕事してくれれば今年もやってくれそうです。この子は流石に抑えなければ。

8枠12番 ミスマンマミーア

[-]

【基本データ】
父 タニノギムレット
(欧州 ロベルト系)
母父 サンデーサイレンス
(米国 ヘイロー系)
母母父 ウッドマン
(米国 ミスタープロスペクター系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
タニノギムレットにサンデーサイレンスと中長距離向きかつスタミナがあるタイプだとは思いますが、全体的にバランスが良く、極端な条件で輝くのは厳しいと見ます。

8枠13番 キセキ 牡7

[▲]

【基本データ】
父 ルーラーシップ
(欧州 キングカメハメハ)
母父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母母父 ドクターデヴィアス
(欧州 ヘロド系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈A+〉
【分析・見解】
父ルーラーシップの影響が強く、距離延長+タフな馬場では抑えたい子。去年のパフォーマンスも踏まえると信頼性が高いですね。気付けば7歳のキセキ。ここでもう一花。

最終見解

◎ 7 クロノジェネシス
〇 10 カレンブーケドール
▲ 13 キセキ
☆ 11 モズベッロ

注 2 レイパパレ
注 3 メロディーレーン
注 8 カデナ
注 9 アリストテレス

本命はクロノジェネシス。流石にここは揺るぎません。
対抗はカレンブーケドール。頭も見据えて馬券を買おうと思っています。そして、天候と馬場次第ではキセキモズベッロは外せないでしょう。

今年も最後の春G1になってしまいましたが、悔いのないように楽しみましょう|・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。