【血統全頭診断】2021 安田記念【重賞予想】

お疲れさまです、賽目です。
今週末に行われるG1、安田記念の予想を綴っていきます!

(かなり自信があったのですが、日曜日は雨予報とのことで落ち込んでおります……良馬場でやりたかった)

【血統全頭診断】2021 日本ダービー【重賞予想】

安田記念の特徴と分析

舞台は東京1600m。安田記念は毎年狙うタイプが決まっています。ずばり、1200m~1400mでも通用するスピードを持っていること
ということで、基本的にはゴリゴリの米国血統を狙います。欧州型を狙う場合は、ダンチヒの血(もしくは欧州的なスピードの血)を重視します。

ヴィクトリアマイルでも同じような考えで買って散りましたが、安田記念は流れが一定速くなるので大丈夫。大丈夫(不安)。

全頭診断

印【◎1頭 〇1頭 ▲1頭 ☆1頭 注4頭】
総評【S/A/A/A-/B+/B/B-/C/D】
血統構成【日本型/米国型/欧州型】

※血統構成の中でどの要素が強く現れているかという分類。参考程度に。

1枠1番 サリオス 牡4

[注]

【基本データ】
父 ハーツクライ
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 ロミタス
(欧州 ニジンスキー系)
母母父 タイガーヒル
(欧州 ダンチヒ系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈A〉
【分析・見解】
サリオスはダンチヒのスピード維持力が良く出ているので安田記念向きですね。ニジンスキーの加速力もあるため、東京の長い直線はうってつけ。距離短縮だけ気になります。

2枠2番 ギベオン 牡6

[-]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 ゴーストザッパー
(米国 ヴァイスリージェント系)
母母父 アーチ
(米国 ロベルト系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
強めの米国型ディープ。牝系のサイアーラインがヴァイスリージェント系なので、今回参加する他の米国型よりは評価を下げますが、それでもインリアリティ、ダンチヒ、シーキングザゴールドとかなりスピード寄りの血。舞台適正は◯。

3枠3番 ダイワキャグニー 騸7

[-]

【基本データ】
父 キングカメハメハ
(欧州 キングマンボ系)
母父 サンデーサイレンス
(米国 ヘイロー系)
母母父 コースタル
(米国 レイズアネイティヴ系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
東京大好きダイワキャグニー。とはいえ、キンカメにサンデーなのである程度ゆったりした流れの方が合うと思います。スローで東京なら秋天やジャパンカップみたいに強い相手と戦っても人気以上に走ってくれるはず。

3枠4番 カラテ 牡5

[注]

【基本データ】
父 トゥザグローリー
(欧州 キングマンボ系)
母父 フレンチデピュティ
(米国 ヴァイスリージェント系)
母母父 パラダイスクリーク
(米国 ネヴァーベンド系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
現在3連勝中。父トゥザグローリーはタフな流れや馬場に強いので、上級条件に挑むのは良いと思います。メンバーレベル的に厳しいと思いますが、一発はあるかも。

4枠5番 グランアレグリア 牝5

[◎]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 タピット
(米国 エーピーインディ系)
母母父 マーリン
(欧州 ニジンスキー系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈S〉
【分析・見解】
去年のアイちゃんローテを進んでいるのがエモい。グランに関してはもう説明不要ですね。去年のアーモンドアイと異なるのは、タイプ的に安田記念の方が合うということ。母父がタピットということで極端にスピード型なディープ産駒でありながら、ニジンスキーのクロスを持っていて点火してからの加速が桁違い。安田記念のペースにも、東京の直線にもばっちりです。

4枠6番 ダノンプレミアム 牡6

[☆]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 ディープ系)
母父 インティカブ
(欧州 ロベルト系)
母母父 デインヒル
(欧州 ダンチヒ系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈A〉
【分析・見解】
去年大敗しているので何とも言い難いですが……今年もダンチヒの血を信じたいなと思います。そういえば昨日、インティカブの血を持ったディープ産駒がイギリスのオークスでとんでもないレースをしましたね。サインです()。

5枠7番 ラウダシオン 牡4

[▲]

【基本データ】
父 リアルインパクト
(日本 ディープインパクト系)
母父 ソングアンドプレイヤー
(米国 ファピアノ系)
母母父 キャットシーフ
(米国 ストームキャット系)
【血統構成】〈米国〉
【総評】〈A+〉
【分析・見解】
左回りで買いたいスピードの塊。東京のマイル以下ではトキオリアリティーを信じるので今回も推します。速い流れに対応できるはずなので、メンバーレベルが上がるのはむしろ好材料。ただ、ストームキャットが強く出ると心配なので▲にしました。

5枠8番 インディチャンプ 牡6

[◯]

【基本データ】
父 ステイゴールド
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 キングカメハメハ
(欧州 キングマンボ系)
母母父 メドウレイク
(欧州 セントサイモン系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈A+〉
【分析・見解】
やはりマイル王は外せない。ラウダシオンと同じくトキオリアリティーが強く出ているので当然の如く推します。1200mからの距離延長も良いですね。

6枠9番 トーラスジェミニ 牡5

[-]

【基本データ】
父 キングズベスト
(欧州 キングマンボ系)
母父 マンハッタンカフェ
(日本 サンデーサイレンス系)
母母父 ノーザンダンサー
(欧州 ニアークティック系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B-〉
【分析・見解】
キングズベストもマンハッタンカフェもノーザンダンサーも、今回狙いたい血統とはズレますね……。いずれもスピードよりもパワーやスタミナに寄っている構成なので、今回は。

6枠10番 カデナ 牡7

[-]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 フレンチデピュティ
(米国 ヴァイスリージェント系)
母母父 シアトルスルー
(米国 ボールドルーラー系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
個人的にディープインパクト×フレンチデピュティは右回り(特に阪神・中山)で買いたいので今回は。

7枠11番 ダノンキングリー 牡5

[-]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 ストームキャット
(米国 ストームバード系)
母母父 オナーアンドグローリー
(米国 インリアリティ系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
お久しぶりのキングリー。去年の安田では推してたのですが、その後ストームキャット×根幹距離(特にマイル)に不信感を抱いているので買いづらいです。インリアリティも持ってますしタイプ的には良いと思うのですが……。

7枠12番 ケイデンスコール 牡5

[注]

【基本データ】
父 ロードカナロア
(欧州 キングマンボ系)
母父 ハーツクライ
(日本 サンデーサイレンス系)
母母父 アレミロード
(米国 リボー系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
今年に入って復調してきた伏兵。前が速くなった方が強いあたり、ロードカナロアの血が良く出ていると思うので、安田記念には向きますね。好調だけに怖いと思います。

8枠13番 シュネルマイスター 牡3

[注]

【基本データ】
父 キングマン
(欧州 ダンチヒ系)
母父 ソルジャーホロウ
(欧州 サドラーズウェルズ)
母母父 ハイエストオナー
(欧州 グレイソヴリン系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
前走は驚きました。欧州の名マイラー、キングマンの血がここで走るとは……。パンパンの良馬場で有力馬たちのスピードに敵うかは怪しいですが、雨が降ったら激走しそうですねえ。馬場状態次第では軽視できません。

8枠14番 カテドラル 牡5

[注]

【基本データ】
父 ハーツクライ
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 ロックオブジブラルタル
(欧州 ダンチヒ系)
母母父 アレッジド
(欧州 リボー系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
一昨年のNHKマイルで穴を開けたカテドラルとケイデンスコールが、今年に入って2頭とも調子を上げて安田記念に挑むのが良いですね。この子はハーツクライというより、ロックオブジブラルタルの血が良く出ていると思います。ロックは欧州の伝説的な名マイラーです。アレッジドの血も入っていますし良血ですね。タフな流れには相性が良いと思います。

最終見解

◎ 5 グランアレグリア
〇 8 インディチャンプ
▲ 7 ラウダシオン
☆ 6 ダノンプレミアム

注 1 サリオス
注 12 ケイデンスコール
注 13 シュネルマイスター
注 14 カテドラル

記事書いてる途中に日曜日の雨予報を知り萎え萎えなのですが……予想は変えずに突き進みます。
本命はグランアレグリアです。これは揺るぎません。あとはトキオリアリティーの血を引く2頭、インディチャンプとラウダシオンですね。
この3頭はかなり前から決まってました。あとは欧州型を選びましたが、テンのスピードに付いていけるスプリントの血が入っていることを考慮しました。

ではでは、安田記念を楽しみましょう|・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。