【血統全頭診断】2021年 天皇賞(春)【重賞予想】

お疲れさまです、賽目です。
今週末はG1、「天皇賞(春)」が行われます!

個人的に大好きな長距離戦。
天皇賞春と菊花賞、有馬記念はいつもよりも本気で予想していきます(笑)。

【血統全頭診断】2021年 皐月賞【重賞予想】

天皇賞春の特徴と分析

舞台は阪神芝3200m。京都競馬場が改修工事に入っているため、例年とは違い阪神開催となっています。
そんな阪神3200mの特徴は、関テレで福永騎手が解説していますので、時間のある方は要チェックです。

そして、天皇賞春の特徴は「本格的な持久力が求められる」ということ。
クラシックである菊花賞や少数頭数で行われる阪神大賞典までは戦えても、この舞台で負けてしまう馬は少なくありません。

ただタフなだけではなく、古馬G1の長距離戦にしっかりと付いていける力があるのかに注目したいと思っています。
軸としては、欧州の血をベースに持ち上級条件や日本の馬場への対応力が高い血を狙っていきます。

また、京都よりも阪神の方がより持久力を求められる展開になりそうなので、穴馬であれば極端な欧州血統から狙いたいですね。
全員がバタバタになった時に、大穴を開けてくれるかもしれません。

全頭診断

印【◎1頭 〇1頭 ▲1頭 ☆1頭 注4頭】
総評【S/A/A/A-/B+/B/B-/C/D】
血統構成【日本型/米国型/欧州型】

※血統構成の中でどの要素が強く現れているかという分類。参考程度に。

※【注意事項】※
ここでの「血統診断」は「データ的に、このレースに来やすい血統を狙う!」というものではありません。
その馬自身の血統を分解して特徴を考察することで、今回の条件や展開でどのようなパフォーマンスを発揮できそうか分析していきます。

1枠1番 ワールドプレミア 牡5

[◎]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 アカテナンゴ
(欧州 ハンプトン系)
母母父 ビーマイゲスト
(欧州 ノーザンダンサー系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈A+〉
【分析・見解】
19年の菊花賞馬かつヴェルトライゼンデのお兄ちゃん。母父アカテナンゴはドイツの名血で、後傾ラップになりやすい長丁場に向いています。有馬記念は得意な舞台ということもあり、強敵を相手に5着と健闘。戦ってきたレベルは1つ違うと思っています。日経賞で3着に負けたことで信頼度を落としていますが、血統的には叩き良化型なので上積みは見込めるはず。雨の影響は残っても残らなくてもOK。阪神のタフなコース形態でこの血が輝くことを期待します。

1枠2番 アリストテレス 牡4

[注]

【基本データ】
父 エピファネイア
(日本 ロベルト系)
母父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母母父 トニービン
(欧州 グレイソヴリン系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈A+〉
【分析・見解】
コントレイルとデッドヒートを演じた20年世代の期待馬。サンデーサイレンスとサドラーズウェルズのクロスを持っており、日本の馬場に適したステイヤーという印象です。エピファネイアの特徴的に、距離延長と根幹距離はプラスに働くはず。阪神大賞典のように掛かりさえしなければ、普通に勝ち負けに絡むと思います。ただ、個人的な感覚としては、古馬長距離戦が苦手な中距離馬である可能性も考慮するべきだと思います。前走の敗因は果たして掛かりだけなのかが気になるところ。
また、雨の影響が嘆かれていますが、個人的には雨が残っても大丈夫だと思います。

2枠3番 カレンブーケドール 牝5

[注]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 スキャットダディ
(米国 ストームバード系)
母母父 シーカーズリワード
(米国 ゴーンウエスト系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
ミスシルバーコレクター。父ディープに米国色の強い母系を合わせた構成になっており、本来であれば天皇賞向きとは言えない血統です。ただ、スキャットダディの影響と思われる、道悪や上級条件を苦にしない勝負根性はここでも発揮されるかもしれません。最後まで諦めない追走力と、並ばれても簡単には抜かせない胆力を兼ね備えた素晴らしい馬ですので、牝馬であっても気になる存在ですね。

2枠4番 シロニイ 牡7

[-]

【基本データ】
父 キングカメハメハ
(欧州 キングマンボ系)
母父 サンデーサイレンス
(米国 ヘイロー系)
母母父 トップサイダー
(欧州 ノーザンダンサー系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
最近話題のシラユキヒメ牝系(というより産駒)の1頭。シラユキヒメの産駒はダートを得意としており、シロニイも元はダート馬でしたが、芝転向してからは長いところを主戦としています。そのダート向きな血統が邪魔をするのか、長距離でよく見られる後傾ラップは苦手な模様。いわゆるスローのよーいどんでは切れ負けしてしまうんですね。ある程度ペースはフラットで持続力戦になったほうが良いと思います。

3枠5番 ディアスティマ 牡4

[▲]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 ストリートセンス
(米国 ミスタープロスペクター系)
母母父 マウントリヴァーモア
(欧州 ブラッシンググルーム系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈A〉
【分析・見解】
阪神3200mを勝利した唯一の馬。条件戦とはいえ、このコースを逃げ切り勝ちしたことは、馬と騎手にとって大きなプラスになると思います。血統構成は父ディープインパクトに母系にマキャヴェリアンブラッシンググルームを内包。いかにも阪神で結果を出しそうな血統ですね……。この血統構成と実績なら素直に有力視したいところですが、こういったあからさまな穴(穴というほど人気薄ではないですが)は少し警戒したいですね。ここから名ステイヤーとなるか、楽しみな一頭です。

3枠6番 マカヒキ 牡8

[-]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 フレンチデピュティ
(米国 ヴァイスリージェント系)
母母父 レインボーコーナー
(欧州 ブラッシンググルーム系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
戦い続けるダービー馬。ディープインパクト産駒らしく、レースを重ねるごとにパワーやタフさが増していっている印象です。マカヒキにとっては極端に馬場が渋るほうが良いと思いますが、日曜日はおそらく稍重~良。距離適性自体は悪くないと思いますが、極端な条件や展開にならないと厳しいかなと。あと、今のマカヒキなら一度叩いたほうが良いと思います。

4枠7番 ユーキャンスマイル 牡6

[注]

【基本データ】
父 キングカメハメハ
(欧州 キングマンボ系)
母父 ダンスインザダーク
(日本 サンデーサイレンス)
母母父 シャーポ
(欧州 ネイティヴダンサー系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
三度目の正直で笑いたい。去年の天皇賞は4着、一昨年は5着と、掲示板は確保するものの勝ち負けには加われないというもどかしい結果に。父キングカメハメハに母父ダンスインザダークの血統なので、基本的にはスローの瞬発力勝負向き。中長距離の東京がベストかなとは思います。ただ、阪神適性もあるので、みんなが様子を見ながらスローペースになったらこっちのもの。メンバーレベルは例年ほど高くありませんし、後傾勝負になったら今年こそ突っ込んでくると思っています。ただ、一定前が速くなり、持久力勝負になったら少し厳しいです。

4枠8番 ディバインフォース 牡5

[☆]

【基本データ】
父 ワークフォース
(欧州 キングマンボ系)
母父 ゼンノロブロイ
(日本 サンデーサイレンス系)
母母父 アルザオ
(欧州 リファール系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈A〉
【分析・見解】
盾男のG1復帰初戦のパートナー。父ワークフォースはキングマンボにサドラーズウェルズの構成で、日本で目立った活躍をする血統ではありませんが、重馬場や洋芝などで真価を発揮します。例年よりもタフな戦いが想定されるなら、主流とはズレた穴馬を狙いたいです。母父ゼンノロブロイも、主流とは少しズレたサンデー系。今年の春天には向くと思っているので、豊さんとのコンビで期待大です。

5枠9番 ジャコマル 牡7

[-]

【基本データ】
父 ダノンシャンティ
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 トニービン
(欧州 グレイソヴリン系)
母母父 イースタンエコー
(米国 ダマスカス系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
ジャコマル自体は中長距離を走ってきていますが、父ダノンシャンティで3000m超えのG1を戦えるかと言われると少し疑問符。母系は一定中長距離向きですが、それでも2000~2400くらいが良いかと思います。ここ3戦、重賞で人気以上に走ってきているため、力は付けてきていると思いますが今回は。

5枠10番 ゴースト 騙5

[-]

【基本データ】
父 ハーツクライ
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 コジーン
(欧州 グレイソヴリン系)
母母父 グリーンフォレスト
(欧州 ハンプトン系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
現代の灰色の幽霊。ハーツクライにカロということで、重馬場や洋芝に強そうな構成です。万葉Sでのパフォーマンスを見るに、長い距離というよりも力のいる馬場が得意なのかなと思います(母系の方が強く出ている)。ちなみに、ネイティヴダンサー(灰色の幽霊)の血自体は薄く、この芦毛はカロ(グレイソヴリン)由来ですね。

6枠11番 メイショウテンゲン 牡5

[-]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 フレンチデピュティ
(米国 ヴァイスリージェント系)
母母父 サドラーズウェルズ
(欧州 ノーザンダンサー系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
どこかで巻き返しそうな素質馬。父ディープインパクトに母父フレンチデピュティは、マカヒキと同じ構成ですが、母系全体で考えるとテンゲンの方が長距離向き。得意なはずのステイヤーズS、ダイヤモンドSでの大敗は、おそらく後傾ラップが原因。下級条件でのスローのよーいどんには不向きですが、上級条件でタフな展開になり、みんながバテバテになればワンチャンスあり。近走の中では期待できると思います。

6枠12番 ディープボンド 牡4

[-]

【基本データ】
父 キズナ
(日本 ディープインパクト系)
母父 キングヘイロー
(欧州 リファール系)
母母父 カコイーシーズ
(欧州 レイズアネイティヴ系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
阪神大賞典では5馬身差の圧勝というトンデモなパフォーマンスを発揮しました。ただ、個人的な見解としては「菊花賞」と「阪神大賞典」は本格的なスタミナが無くても勝てるレースだと思っています。そうなるとキズナ×キングヘイローのディープボンドはどうしても買いにくい。ここまで中長距離で結果を出しているので、スタミナがあるのは分かっているのですが、春天という本格的な持久力が試される場で、キズナの血が奮起するイメージが沸かないというのが素直な見解です。

7枠13番 ナムラドノヴァン 牡6

[-]

【基本データ】
父 ディープブリランテ
(日本 ディープインパクト系)
母父 キングマンボ
(欧州 ミスタープロスペクター系)
母母父 デインヒル
(欧州 ダンチヒ系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
去年のミッキースワロー(3着)もそうですが、リヴァーマンを内包しているディープブリランテは、ディープ系の中でも重馬場やタフな展開に強いです。中長距離においては、キングマンボ系との相性も良いですね。実際にナムラドノヴァンはここ3戦、3000m以上のレースで結果を残しているので要注意です。

7枠14番 ウインマリリン 牝4

[-]

【基本データ】
父 スクリーンヒーロー
(欧州 ロベルト系)
母父 フサイチペガサス
(米国 ミスタープロスペクター系)
母母父 ブエナショア
(米国 ボールドルーラー系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
日経賞でカレンブーケドールとワールドプレミアを下した実力馬。怪我明けの秋華賞以外は安定した走りを見せており、今回もじわじわと人気に。血統としてはベースが反主流のスクリーンヒーローに米国要素の強い母系を重ねている構成。ダンジグの血が強く、先行持続の粘りはここから来ているのかもしれません。これから先、中距離では切りにくい存在ですが、距離が3200mになる上積みは微妙。また、馬場が渋るのはそれほどプラスではありません

8枠15番 オセアグレイト 牡5

[-]

【基本データ】
父 オルフェーヴル
(日本 ステイゴールド系)
母父 バーリ
(欧州 ネヴァーベンド系)
母母父 サドラーズウェルズ
(欧州 ノーザンダンサー系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
ステイヤーズステークスの本命(得意気)。父オルフェーヴルに母系はリヴァーマンにサドラーズウェルズと、極端にタフな血統構成。そのため、基本的には極端な舞台と相性が良いと思っています。今回の春天はそれに該当しそうですが、上級条件でやりあえるような基本スピードが足りていないように思うので、穴で抑えるくらいが良いと思います。

8枠16番 メロディーレーン 牝5

[-]

【基本データ】
父 オルフェーヴル
(日本 ステイゴールド系)
母父 モティベーター
(欧州 サドラーズウェルズ)
母母父 シャーリーハイツ
(欧州 ネヴァーベンド系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
馬体重が300kg前半の小さな怪物。こちらのオルフェーヴル産駒も、母系にモンジューがいるなど極端に重い血統構成。馬場が渋るのもプラスに働くと思います。ただ、これは血統関係ないのですが、この身体で古馬G1に出走して56kg背負わされるのがなんとも……
無事完走を祈ります。

8枠17番 オーソリティ 牡4

[◯]

【基本データ】
父 オルフェーヴル
(日本 ステイゴールド系)
母父 シンボリクリスエス
(欧州 ロベルト系)
母母父 スペシャルウィーク
(日本 サンデーサイレンス系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈A+〉
【分析・見解】
父の因果が騒いだのか、オルフェーヴル産駒は全員ピンク帽という珍展開に。オーソリティの母ロザリンドはシンボリクリスエスとシーザリオの仔で、実質エピファネイアだったりします。欧州の要素がベースにありながらも、日本馬場への適応力が高く、有馬や春天などで狙いたい血統ですね。また、オルフェの特徴と合わせると右変わりと距離延長はプラスに働くはずなので、ここは重い印を。また、今回は内枠よりも外枠の方が良いと踏んでます。

最終見解

◎ 1 ワールドプレミア
〇 17 オーソリティ
▲ 5 ディアスティマ
☆ 8 ディバインフォース

注 2 アリストテレス
注 3 カレンブーケドール
注 7 ユーキャンスマイル
注 15 オセアグレイト

本命はワールドプレミア。菊花賞の後は勝鞍が無いだけに、ここでの復活を期待したいです。僕はマンデラの血を信じます。
対抗はオーソリティ。ここでこそ買いたい馬なのに軽視されている感じが良いですね。有力馬の影に隠れて、自分のペースでレースを進められればと思います。

全体的に「タフなコース形態に対応できる馬」と「上級条件の流れに動じない馬」に印を打ちました。
阪神3200mというコースで、どんなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみですね。

ではでは、天皇賞春を楽しみましょう|・ω・)ノ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。