【血統全頭診断】2021年 皐月賞【重賞予想】

お疲れ様です、賽目です。
今週末はG1、「皐月賞」が行われます!

今年はかなりの混戦模様ということで、楽しく予想させていただきました。

皐月賞の特徴と分析

舞台は中山芝2000m。最も「はやい」馬が勝つと言われるクラシック初戦ですね。
ちなみに、「はやい」の解釈には諸説あり、スピードだけでなく「仕上がりが早い」という捉え方もあるそうです。

そんな皐月賞では、基本的には主流血統が大活躍(クラシックを勝てる血統が主流になるのですが)。
主流血統のひとつの特徴としては、やはり仕上がりが早いこと。格言通りですね。
早熟傾向にある実力馬を狙うのが王道ではあります。また、ホープフルや弥生賞と違ってペースが早くなりやすいので、一定の米国要素は欲しいです。

ただ、今年は土日の雨も考慮したいところ。
中山2000mの形状も考えて、欧州志向ベースで早熟性、上級条件への対応力が高い馬を狙いたいと想います。

全頭診断

印【◎1頭 〇1頭 ▲1頭 ☆1頭 注4頭】
総評【S/A/A/A-/B+/B/B-/C/D】
血統構成【日本型/米国型/欧州型】

※血統構成の中でどの要素が強く現れているかという分類。参考程度に。

※【注意事項】※
ここでの「血統診断」は「データ的に、このレースに来やすい血統を狙う!」というものではありません。
その馬自身の血統を分解して特徴を考察することで、今回の条件や展開でどのようなパフォーマンスを発揮できそうか分析していきます。

1枠1番 アドマイヤハダル 牡3

[-]

【基本データ】
父 ロードカナロア
(欧州 キングマンボ系)
母父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母母父 ダンシングブレーヴ
(欧州 リファール系)
【血統構成】〈日本型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
万能型のロードカナロアに母父はディープインパクト。母系が全体的に瞬発力を引き出させる血統なので、ここまで速い上がりを使えているのも納得。どこでも卒なくこなしそうではありますが、皐月賞特化の印象はあまり受けず。前が速くなった時にどうなるか。

1枠2番 ルーパステソーロ 牡3

[-]

【基本データ】
父 ゴールドシップ
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 エーピーインディ
(米国 ボールドルーラー系)
母母父 デインヒル
(欧州 ダンチヒ系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
個人的にゴールドシップは中山よりも東京、京都で買いたいのでここは。本人は中山得意でしたし、ステイゴールド系統なので合うとは思うのですが、ここは解釈が分かれるところ。

2枠3番 ステラヴェローチェ 牡3

[◎]

【基本データ】
父 バゴ
(欧州 ブラッシンググルーム系)
母父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母母父 グランドスラム
(米国 ミスタープロスペクター系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈A+〉
【分析・見解】
バゴを信じろ。前走東京で5着だっただけでこの人気はどうなんでしょう。上級条件の中山に変わって雨が降るなら、ここが買い時だと思います。バゴといえばクロノジェネシスの印象が強いですが、バゴは基本的に早熟。また、前走の内容を見る限り、クロノほどバランスの良いタイプになっていないと思うので、雨の皐月賞でぜひとも狙いたい。ダービーでは微妙ですね。

2枠4番 イルーシヴパンサー 牡3

[-]

【基本データ】
父 ハーツクライ
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 キングカメハメハ
(欧州 キングマンボ系)
母母父 ストームキャット
(米国 ストームバード系)
【血統構成】〈日本型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
ハーツにキンカメにストームキャットと、日本向きでバランスの良い血統。中山は嫌いじゃないと思いますが、前走重馬場で負けているように、極端な展開ではそこまでパフォーマンスを上げないはず。ここでは少し割引。

3枠5番 ヴィクティファルス 牡3

[☆]

【基本データ】
父 ハーツクライ
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 ガリレオ
(欧州 サドラーズウェルズ系)
母母父 シルバーホーク
(欧州 ロベルト系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈A〉
【分析・見解】
池添さんが騎乗していることもあり、去年のヴェルトライゼンデが思い出されます。母がマンデラだからって狙ったんですよね。今年も母系がゴリゴリに重いこの子を狙ってみます。ただ、ハーツ自体が皐月賞にそこまで強くないので穴まで。前走活躍したように、馬場次第ではステラヴェローチェと一緒に来ると思っています。

3枠6番 ヨーホーレイク 牡3

[注]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 フレンチデピュティ
(米国 ヴァイスリージェント系)
母母父 カーリアン
(欧州 ニジンスキー系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
ディープ×フレンチデピュティは弥生賞もとい中山2000大好き血統なので、皐月賞でも狙えると思います。もう2度もこのコースで好走していますしね。最近だと2019年にメイショウテンゲンが弥生賞を勝ちました(皐月賞は大敗)。雨にも強いタイプなので、今年は期待したいところ。

4枠7番 エフフォーリア 牡3

[◯]

【基本データ】
父 エピファネイア
(欧州 ロベルト系)
母父 ハーツクライ
(日本 サンデーサイレンス系)
母母父 クリス
(欧州 ネイティヴダンサー系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
今年の無敗馬。エピファネイアにサンデーのクロス持ちということで、日本の馬場向きかつ操縦性が高そう馬場は荒れても問題ないですし、距離延長も歓迎。ケイティーズ牝系の特性が出ていそうな子なので、もう少し長いところ、日本ダービーに向きそうですね。特に割引要素が無いので期待します。

4枠8番 ダノンザキッド 牡3

[-]

【基本データ】
父 ジャスタウェイ
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 ダンシリ
(欧州 ダンチヒ系)
母母父 ダイイシス
(欧州 ネイティヴダンサー系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
現2歳王者。お父さんがジャスタウェイなのに加えてお母さんのエピックラヴの特性を考えるとマイラー向きな気がします。皐月賞はマイラーも持つのですが、ここは優先順位低めです。絶好調川田さんが怖い。

5枠9番 ラーゴム 牡3

[▲]

【基本データ】
父 オルフェーヴル
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 キャンディライド
(米国 ファピアノ系)
母母父 ディストーテッドヒューマー
(米国 フォーティーナイナー系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈A〉
【分析・見解】
ノーザンテーストの化身+右変わりのオルフェーヴルということで、ここは期待。母系はファピアノの血が強く、オルフェと合わさってロングスパートに強いはず。一定仕上がりの早さも期待できる血統なだけに好走してほしいところ。

5枠10番 シュヴァリエローズ 牡3

[-]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 セーヴルロゼ
(欧州 ニジンスキー系)
母母父 カルドゥン
(米国 グレイソヴリン系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
ディープインパクトにニジンスキーにカロと、良馬場の中山なら狙いたい血統。緩い流れのホープフルSで負けているため、流れが早くなる皐月賞では期待したいです。ただ、雨となると少し微妙。抑えまでですね。

6枠11番 ディープモンスター 牡3

[-]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 ベラミーロード
(米国 ダンチヒ系)
母母父 ディキシーランドバンド
(欧州 ノーザンダンサー系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
一番読めないというか怖い子。母系はスピードの要素が強いので、どちらかというと日本ダービーで狙いたいです。前走前傾ラップで結果を出しているのは良いですが、上級条件でどう対応してくるか。

6枠12番 ワールドリバイバル 牡3

[-]

【基本データ】
父 エピファネイア
(欧州 ロベルト系)
母父 アグネスタキオン
(日本 サンデーサイレンス系)
母母父 ジャイアンツコーズウェイ
(米国 ストームバード系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
エピファネイアにアグネスタキオンということで中山はOK。距離延長も良いですが、G1ならやはりもう少し長いところが良いです。母系を見る限り早熟性は高そうなので、良馬場なら。

7枠13番 タイトルホルダー 牡3

[注]

【基本データ】
父 ドゥラメンテ
(欧州 キングマンボ系)
母父 モティベーター
(欧州 サドラーズウェルズ系)
母母父 シャーリーハイツ
(欧州 ネヴァーベンド系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
この子弥生賞勝ってるやんな……?(9番人気)
デュラメンテの底力がまだ分からないのですが、母系を見る限り重い馬場には強いタイプだと思うので期待できます。ただ、2000mなら緩い流れのほうが得意なはずなので前哨戦向き。G1になって流れが早くなると辛いと思うので、過度な期待はできませんが重馬場なら。

7枠14番 アサマノイタズラ 牡3

[注]

【基本データ】
父 ヴィクトワールピサ
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 キングヘイロー
(欧州 リファール系)
母母父 オペラハウス
(欧州 サドラーズウェルズ系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
既に中山巧者っぽい雰囲気がある子。父は中山好きなヴィクトワールピサ。母系はキングヘイローにオペラハウスと、欧州志向を持ちつつ上級条件に強い構成なので、穴として狙ってみたいです。

8枠15番 グラティアス 牡3

[-]

【基本データ】
父 ハーツクライ
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 リザードアイランド
(欧州 デインヒル系)
母母父 ポリグロート
(欧州 サドラーズウェルズ系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
こちらも無敗で出場。リザードアイランドとサドラーの構成なので雨は歓迎ですね。欧州志向が強く、スロー決戦にも向きそうです。皐月賞だと前が早くなってしまうパターンだと思いますが、重馬場なら面白いです。

8枠16番 レッドベルオーブ 牡3

[注]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス)
母父 アンブライドルズソング
(米国 ミスタープロスペクター系)
母母父 ストームキャット
(米国 ストームバード)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
ディープ×アンブライドルズソングの黄金配合。ストームキャットも内包しているので、実質コントレイルですね(違う)。正直雨は降らないほうが良いのですが、このポテンシャルの高さでこの人気なら抑えたいですね。

最終見解

◎ 3 ステラヴェローチェ
〇 7 エフフォーリア
▲ 9 ラーゴム
☆ 5 ヴィクティファルス

注 6 ヨーホーレイク
注 13 タイトルホルダー
注 14 アサマノイタズラ
注 16 レッドベルオーブ

今回は雨と中山に強そうな子たちを選びました。「ステラヴェローチェ」「ヴィクティファルス」「エフフォーリア」「ラーゴム」の4頭を中心に買っていきます。
こういう混戦の時はあっさり人気馬で決まったりしますよね笑。ちなみに賽目が評価を下げた人気馬はかなりの高確率で来ますので、「ダノンザキッド」「アドマイヤハダル」は狙い目ですよ|ω・)フフフ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。