ウマ娘season2 第10話感想・考察

サムネイル引用:TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』公式サイト

お疲れ様です、賽目です。
今週もウマ娘2期の感想と考察を綴っていきます!

※今後の史実的なネタバレを含みますのでご注意ください。

ウマ娘感想・考察一覧ウマ娘感想・考察一覧

10話の全体的な感想

『必ず、きっと』

ツインターボがウマ娘化された時から、「七夕賞」か「オールカマー」のどちらかは描いてほしいとずっと思っていました。
今回、それが両方描かれただけでなく、オールカマーに至ってはこれ以上ない演出で、向こう正面のシーンから号泣でした。
赤坂さんの実況やカメラワークも完璧で、あのシーンだけもう何十周もしています。

1期のスペシャルウィークとサイレンススズカもそうですが、史実では1度も対戦したことがない2人(2頭)をここまで強く絡ませることができるのは、ウマ娘ならではの良さ。今週もめちゃくちゃ感動しました。本当にありがとうございます。

史実考察・感想

秒数指定形式で感想や考察を綴っていきます。
※例によってスクリーンショット等は使用していません。ご了承ください。

0:14~「諦めるしか、ないよね」

マックイーンの走りを目の当たりにし、もう自分は同じ舞台に立てないと悟ったテイオー。
机の上には「脱退届」と描かれた封筒が。

2:20~「Yahoo!ニュースっぽいやつ」

先頭の「菊花賞へ向け牙を研ぐ」はおそらくビワハヤヒデの記事。
ウイニングチケット、ナリタタイシンが休養に入る中、ビワハヤヒデだけは最後の1冠を掴むべく訓練を重ねていました。

3:15~「そんなものに引っかかるのスぺ先輩くらい」

日本総大将の面影が……( ˙꒳​˙ )
スペシャルウィーク、2期だと輪をかけてIQがほどよいですね。

3:30~「最強であり続けるマックイーン」

テイオーがどんな状態であろうと、彼女を信じて自分が出来ることを徹底する。
テイオーの走る目標になり、戻ってきた時に最大のライバルになれるように突き進めるのはカッコイイですね。

4:02~「吼えろツインターボ!!!」

全開だターボエンジン逃げ切った!!!

舞台は93年七夕賞。ツインターボは生涯で重賞を3回制しており、その中でも「七夕賞(93)」と「オールカマー(93)」は伝説級のレースとして語り継がれています。
赤坂さん実況の「吼えろツインターボ!」は、実際の実況で使われた名フレーズ。その後「ターボエンジン全開」とともにキャッチコピーとしてよく使われるようになりました。

4:33~「片想いのライバルかあ」

タンホイザがぽつりと零した言葉。アニメだとライスシャワーに対して一方的に意識しているような描写があったので、自分と重ねるところがあるのかも。

4:45~「けじめを付けにきたテイオー」

「ルドルフみたいなウマ娘になる」という約束を果たせなかったと伝えにきたテイオー。
ウマ娘だと親子では無いのですが、実際にこの報告を想像すると辛い。

5:48~「空元気で遊びまわる」

もう走る必要がないからと明るく遊びまわるも、露骨に空元気だと伝わり、終始痛々しさが。
ちなみに筆者は『恋はダービー☆』を聴くと手拍子をする身体になっているので、手だけはノリノリで観ていました。

7:35~「キタサンブラックのお守り」

テイオーがまた元気に走れるように、お守りを渡しにきたキタサンブラック。
でも、キタちゃんの純真無垢な感情に嘘をつくことは出来ず、「受け取れない」と返すテイオー。どっちも悪くないだけに辛いすれ違いですね。

10話のテイオーは普段と違い低めなトーンの声が多いのですが、どれも何の違和感もなく、改めてMachicoさんの演技力の高さを実感します。

8:22~「ツインターボからの挑戦場」

9月の中山ということは、間違いなく「オールカマー(G3)」ですね。
そしてまた誤字るターボ。

8:34~「トレーナーとおハナさん」

ウマ娘の気持ちや意思が第一というトレーナーの姿勢はブレませんね。
でも、それでいて純粋にウマ娘が好き、走りを見ていたいという情熱を持っているのが視聴者に刺さるポイントだと思います。
トレーナーとしての流儀はありながら、「ファン心理」や「ファン目線」のトレーナーがしっかり描かれているのが好きです。




11:18~「マックイーンなりの激励」

私は走り続けます。最強のウマ娘であり続けるために。貴女がどうなろうとも。

ここ良いシーンですね。不器用な伝え方ではあるのですが、「自分は約束を守り続ける」「テイオーを信じてずっと待っている」という意味に取れます。
最強のウマ娘で「あり続ける」というのは、テイオーのために自らが課した約束。テイオーが怪我をしても、諦めてしまっても、自分は彼女を信じて約束を守り続けるということですね。

12:55~「真面目に働くゴルシ」

自分のことだとハチャメチャに動くゴルシですが、仲間のためとなると急に真面目に。仲間想いな性格が出てますね。

13:35~「ああ、ダブルジェット……」

一応意味合いは覚えてるの好き。

事情を知らずにワガママを言いまくるツインターボと、それに対しイライラしてしまうテイオー。
でも、こういう真っすぐなバカにしか切り開けない状況があるんですね……

ターボの純粋な台詞は皆が心の底に抱えている言葉でもあるので、はっきりと口にしてくれる姿には勇気づけられます。

15:47~「分かりました」

秒速で例の作戦思いつくあたり、南坂トレーナーもぶっとんでる( ˙꒳​˙ )

16:41~「物産展のユキノとウララ」

前回(OVA)に引き続き、販売として参加する2人。
OVAだとウララが販売部門(?)で優勝したのか、後夜祭でウイニングライブ踊ってるんですよ。「こう来たかあ……」としこたま泣きましたね。

16:48~「怪しい3人組」

あっ……( ˙꒳​˙ )
龍が如く6で全く同じ流れ観た。

17:38~「ミニライブとは思えぬ人と歓声」

本当に、すごい人気ですね。ただ、この人気を以てしても次の有馬記念は4番人気なんですよね。
それくらい、普通に考えれば無理なローテだったんです。

19:09~「トレーナーの本心」

「エゴでもいい!ワガママでもいい!もう一度走ってくれ!!」
おハナさんとの話でもあったように、トレーナーとしてはテイオーの意思を尊重したいし、無理強いはできない。
でも、今だけは客席(ファンの立場)から全力で想いを伝えたい。このシーンはめちゃくちゃ熱いです。

19:22~「まだ負けてない!これは勝ちの途中!」

モブ兄さんたち本当良いキャラ……

19:33~「作戦決行」

南坂トレーナーが有能すぎるのと、取り押さえられるドドウちゃんがかわいそう( ˙꒳​˙ )
でもこの作戦、カノープス全員がターボの勝利を信じているからこそ実行できたんですよね。それぞれがやることをやって、後はターボに託す構図が好きです。

19:40~「伝説のオールカマー完全再現」

再現度の高さに脱帽。向こう正面の実況でもう涙が止まりませんでした。
赤坂さんの実況で魂が震えました。

20:31~「ツインターボだけが、第4コーナーのカーブに入ってきました!」

このカメラワーク!!!!
このカメラワーク再現が鳥肌モノですよ!そしてこのフレーズ大好きなんですよねえ……

20:48~「これが諦めないってことだああああ!!!」

オールカマーをこう絡めてきたかあ……ここにウマ娘の良さが詰まってますね
「このメンバー相手には逃げ切れない」と一蹴したテイオーの目の前で、大逃げ圧勝を見せつけるという展開に号泣です(もう10周はしてる)。

史実では1度も対戦したことがない2人ですが、「テイオーと戦いたい」というターボの純粋で愚直な想いがテイオーを復活へと導いた。
ひいてはこれから起こるであろうifレースに続いていくのでしょう。

おまけ

赤坂さんの実況が素晴らしかったので、最後に実際の実況と比較をしてお別れです。
元ネタの台詞を忠実に再現しつつ、オリジナルの台詞も多く入っています。むしろオリジナルの実況が熱い。

【赤坂さんVer】
さあこの場内のどよめき!ツインターボのとにかく逃げ!
何バ身開いているかとても実況では、今の段階では分からないぐらい、大きく大きく差を付けて逃げていっています!
ツインターボが逃げる!ツインターボが大逃げだ!ターボエンジンは今日も全開!
第3コーナーに入って加速が止まらない!全霊を燃やして走り尽くす!個性派逃亡者ツインターボの先頭!
さあ追いかける1番人気ライスシャワーが上がってきて、3番手を伺う位置!現在4番手!
あの現役最強ウマ娘メジロマックイーンを倒し、天皇賞春を制した漆黒のステイヤーは、ここから追いつくことができるのか!?
(中略)
さあ早くも、ツインターボだけが、ツインターボだけが第4コーナーのカーブに入ってきました!!
ツインターボが大きく逃げる!ツインターボが大きく逃げる!さあ最後の直線、ようやくライスも上がってきた!
しかしツインターボは残り200mの標識に掛かる!ライスシャワー届かないか!
(中略)
11番のツインターボ!見事に決めたぞ逃亡者ツインターボ!

【塩原アナVer】
さあしかし、この場内のどよめきは、ツインターボのとにかく逃げ!ツインターボのとにかく逃げ!
何馬身開いているかとても実況では、今の段階では分からないぐらい、大きく大きく差を付けて逃げていっています!
ツインターボが逃げる!ツインターボが逃げる!さあ追いかけるライスは3番手あたりまで上がってきたが、現在ライスは4番手、現在ライスは4番手!
(中略)
さあ早くも、ツインターボだけが、ツインターボだけが第4コーナーのカーブに入ってきました!!
ツインターボが大きく逃げる!ツインターボが大きく逃げる!そして、ライスは現在4番手、ライスシャワーは現在4番手!
さあ200の標識に、ツインターボが掛かる!ツインターボが200の標識を切った!
(中略)
11番のツインターボ!見事に決めたぞ逃亡者ツインターボ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。