【血統全頭診断】2020 有馬記念【重賞予想】

お疲れ様です、賽目です。
今週末は、今年の総決算「有馬記念」が行われます!!

今年も豪華な面々が集まりました……非常に楽しみです。

本記事では、血統をベースに出走馬の能力や適正を紐解いていきます
全頭を診断していますので、少しでも参考になれば幸いです。

【賽目の反省部屋】2020 阪神ジュベナイルフィリーズ

有馬記念の特徴と分析

舞台は中山2500m。向こう正面からスタートし、合計6回のコーナーを回る長丁場。馬場の凹凸も多く角度の急な内回りを使用するなため、非常にトリッキーなコースです。
去年圧倒的支持を得たアーモンドアイが大敗したのは記憶に新しいと思いますが、「他のコースで結果を出していても関係ない」のが最大の特徴。
特に日本の主流である東京コースでのパフォーマンスには、あまり囚われないことが大切だと思います。

血統的には、欧州色が強く影響されている馬を選びたいです。
コースの形態上、米国的な「持続的な脚」を武器にしている馬がどうしても不利なので、長丁場での戦いが主で「馬の後ろ」を徹底している欧州の競馬がドンピシャなのではと思います。
スタミナというと少し語弊があるのですが、中山2500mという舞台でしっかりと脚を残せるのがポイント。

ただ、そうは言っても日本の芝適応力とのバランスも考える必要があると思います(去年はディープ→ロードカナロア→ディープ)。

後傾ラップを得意とし、長丁場でも脚が残っている馬」と「日本の芝への適応力が高い馬」を狙っていきます。

全頭診断

印【◎1頭 〇1頭 ▲1頭 ☆1頭 注4頭】
総評【S/A/A/A-/B+/B/B-/C/D】
血統構成【日本型/米国型/欧州型】

※血統構成の中でどの要素が強く現れているかという分類。参考程度に。

※【注意事項】※
ここでの「血統診断」は「データ的に、このレースに来やすい血統を狙う!」というものではありません。
その馬自身の血統を分解して特徴を考察することで、今回の条件や展開でどのようなパフォーマンスを発揮できそうか分析していきます。

1枠1番 バビット 牡3

[注]

【基本データ】
父 ナカヤマフェスタ
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 タイキシャトル
(米国 ヘイロー系)
母母父 ヌレイエフ
(欧州 ノーザンダンサー系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
大器を予感させる快速馬。父ナカヤマフェスタはステイゴールドの系列で、母系がリボー・リファール・ダンチヒ・ターントゥと全体的に欧州色強めで、力の要る馬場向きな血統。そして母父タイキシャトルのダッシュ力、母母父のヌレイエフによるスペシャルクロス(厳密には全弟サッチとのクロス)が生まれていることで、前向きな性格になっているのだと推測します。パワー型の逃げ馬なので、中山適正自体は高いはず。そのため自分でペースを作れれば強いのですが、キセキの逃げ宣言が不穏……。

1枠2番 ブラストワンピース 牡5

[-]

【基本データ】
父 ハービンジャー
(欧州 ダンチヒ系)
母父 キングカメハメハ
(欧州 キングマンボ系)
母母父 フジキセキ
(日本 サンデーサイレンス系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
2年前の覇者。父は小回り大好きハービンジャーで、雨が降った2018年は結果的に絶好の舞台でしたね。今年もAJJCを勝っているので、中山に戻れば強いと言いたいところですが、宝塚記念が流石に負けすぎ。この血統であれば、6月末の阪神・稍重・2200mという条件ではもう少し走れて良いはず。単純に状態面が上向きでないのだと思います。血統適正は高いので、復活を信じるのであれば抑えた方が良いかも。

2枠3番 クレッシェンドラヴ 牡6

[-]

【基本データ】
父 ステイゴールド
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 サドラーズウェルズ
(欧州 ノーザンダンサー系)
母母父 クリス
(欧州 ネイティブダンサー系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
父ステイゴールド、母父サドラーズウェルズ、母母父クリスと欧州色が強めな血統。前走締まった流れになったジャパンCで大敗しているように、基本的にはスロー向き。長丁場で道中が緩みやすく、差し有利の展開になりやすい有馬記念は良い舞台だと思います。タイプ的には是非狙いたいですが、得意の中山でもG2になると馬券に絡めていないため、単純に地力で通用するか不安。上位人気馬が中山2500mでパフォーマンスを落とすタイプではないため、厳しい気がします。

2枠4番 ラヴズオンリーユー 牝4

[-]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 ストームキャット
(米国 ストームバード系)
母母父 ミスタープロスペクター
(米国 レイズアネイティヴ系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
父ディープインパクトに母父ストームキャット、母母父ミスプロと典型的な米国型ディープ。オークスや今年のエリ女のように、高速馬場+締まった展開が得意なのだと推測。舞台適正があるはずのヴィクトリアMでは、ペースが緩んで負けていますしね。そうなると有馬記念には向きそうに無いのですが、何となく来そうな雰囲気はありますね(笑)。枠も状態も良いですし、ポテンシャルに賭けるならアリ。

3枠5番 ワールドプレミア 牡4

[注]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 アカテナンゴ
(欧州 ハンプトン系)
母母父 ビーマイゲスト
(欧州 ノーザンダンサー系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈A〉
【分析・見解】
昨年の3着馬。いわゆる欧州型のディープ産駒ですね。母父アカテナンゴはドイツの名血で、菊花賞のように長丁場での切れ味勝負は大好き。有馬記念もとい中山2500mでは是非とも狙いたい血統ですね。ジャパンCは軽い馬場+前傾ラップということで、負けてしまったのも納得。一叩きして、得意な舞台に戻れるのはプラスだと思います。

3枠6番 キセキ 牡6

[注]

【基本データ】
父 ルーラーシップ
(欧州 キングマンボ系)
母父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母母父 ドクターデヴィアス
(欧州 ヘロド系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
父ルーラーシップは距離延長に強いため、ジャパンCからのローテは良いと思います。全体的に欧州色が強く、米国的なスピードに任せて逃げる血統ではないので、ジャパンCよりも上積みが見込めるはず。キセキが逃げ残れるようなら米国要素のある馬でも向く展開になると思うので、今回のキーになる馬だと思います。

4枠7番 ラッキーライラック 牝5

[〇]

【基本データ】
父 オルフェーヴル
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 フラワーアレイ
(米国 ミスタープロスペクター系)
母母父 シアトルスルー
(米国 ボールドルーラー系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈A〉
【分析・見解】
好意的な解釈ですが、ラッキーライラックは父オルフェーヴルの影響が強いと思っています。先行持続型の競馬が多いですが、本来は2019&2020エリ女のような競馬が得意なはず。福永さんが今回は控えるような発言をされているので、中山に強いノーザンテーストの血(実際にオルフェーヴルは有馬2勝)を信じてみようと思います。米国型ではありますが推しです。ちなみにラッキーライラックの花弁は5枚。最後の1枚を咲かせてほしい!

4枠8番 ペルシアンナイト 牡6

[-]

【基本データ】
父 ハービンジャー
(欧州 ダンチヒ系)
母父 サンデーサイレンス
(欧州 ターントゥ系)
母母父 ヌレイエフ
(欧州 ノーザンダンサー系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
マイラーのイメージが強いですが、今回向いていると思います。父ハービンジャーでノーザンダンサーの5×5。母系のヌレイエフも合わさって5×5×4になっているため、ノーザンダンサーの血自体は強く、小回り適正も高め。全く人気していないので、穴で狙ってみても面白いかも。

5枠9番 クロノジェネシス 牝4

[◎]

【基本データ】
父 バゴ
(欧州 レッドゴッド系)
母父 クロフネ
(米国 ヴァイスリージェント系)
母母父 サンデーサイレンス
(日本 ヘイロー系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈A+〉
【分析・見解】
バゴ、クロフネ、サンデーサイレンスの良いところ取りのような馬。欧州の名血に母クロノジストのスピードが上手く足され、前傾でも後傾でも高速馬場でも重馬場でも走れる化け物になっている印象。日本におけるバゴのマイナス要素を受け継いでいないのが凄すぎます。ただ、いわゆる欧州型の馬というよりは、クロフネの要素が強いのでそこが多少心配。

5枠10番 カレンブーケドール 牝4

[注]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 スキャットダディー
(欧州 ストームバード系)
母母父 シーカーズリワード
(米国 ゴーンウエスト系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
ジャパンCでは3冠馬3頭に食い下がり大健闘。いわゆる米国型ディープなのですが、母父スキャットダディーがパワー型ですので、荒れた馬場への対応力は高いと見ています。とはいえあまりに米国に寄り過ぎている血統なので積極的には狙えないのが本音。オールカマーは中山ですが外回りなのでどうか。

6枠11番 モズベッロ 牡4

[-]

【基本データ】
父 ディープブリランテ
(日本 ディープインパクト系)
母父 ハーランズホリデー
(米国 ストームバード系)
母母父 セイントバラード
(米国 ヘイロー系)
【血統構成】〈米国型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
父ディープブリランテにアメリカのG1馬ハーランズホリデーと米国主体の血統。前が速くなる展開に強く、後ろがバタバタな時(今年の宝塚記念も同様)に力を発揮するタイプだと思います。中山2500mで結果も出していて良さそうですが、あまりに米国に寄り過ぎているので今回は軽視。ただ、土曜日現在で最低人気なので狙うのは全然アリ。

6枠12番 オーソリティ 牡3

[☆]

【基本データ】
父 オルフェーヴル
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 シンボリクリスエス
(欧州 ロベルト系)
母母父 スペシャルウィーク
(日本 サンデーサイレンス系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈A+〉
【分析・見解】
ノーザンテーストの化身オルフェーヴルに、実質エピファネイアのロザリンドの組み合わせ(エピファネイアの全妹)。極端に欧州が求められる展開になれば頭まであるかなと思います。母系にはシンボリクリスエスとシーザリオがいますので、日本への適応力が高い欧州血統と言えます。また、オルフェーヴル産駒なので、叩き2戦目の右変わりも絶好。罠みたいに相性の良い血統で戸惑います。複勝を厚めに買いたい……。

7枠13番 フィエールマン 牡5

[▲]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 グリーンチューン
(欧州 ニジンスキー系)
母母父 ノワールエトール
(欧州 プリンスリーギフト系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈A〉
【分析・見解】
去年は凱旋門賞帰りで好走して驚きました。フィエールマンはいわゆる欧州型のディープで有馬記念には絶好。ただ、母父グリーンチューンはニジンスキーの系統なので、直線は長かったり、平坦だったりする方が良いと思います。最後の急坂が多少マイナスになると思いますが、去年のパフォーマンスを考えれば好走できるはず。

7枠14番 サラキア 牝5

[注]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 ロミタス
(欧州 ニジンスキー系)
母母父 タイガーヒル
(欧州 ダンチヒ系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
最近絶好調。フィエールマンと同じく欧州型のディープで、母父がニジンスキー系。もちろん地力の差はあれど、フィエールマンを推すなら注視したい一頭。ただサラキアも急坂が多少ネックになりそうではあります。

8枠15番 オセアグレイト 牡4

[-]

【基本データ】
父 オルフェーヴル
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 バーリ
(欧州 ネヴァーベンド系)
母母父 サドラーズウェルズ
(欧州 ノーザンダンサー系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B〉
【分析・見解】
ステイヤーズSの本命。父オルフェーヴルに欧州色の強い母系で一見良さそうですが、同じ父を持つオーソリティに比べると日本への適応力が薄いと思います。ですので、コースや展開が日本離れしていればしているほど強い馬です(前走はそれ)。有馬記念は欧州要素こそ求められますが、日本的な要素とのバランスも大切ですので、今回は軽視。

8枠16番 ユーキャンスマイル 牡5

[-]

【基本データ】
父 キングカメハメハ
(欧州 キングマンボ系)
母父 ダンスインザダーク
(日本 サンデーサイレンス系)
母母父 シャーポ
(欧州 ネイティブダンサー系)
【血統構成】〈欧州型〉
【総評】〈B+〉
【分析・見解】
キングカメハメハがダンスインザダークを強調していると考えると、平坦な京都や直線の長い東京が得意なはず。血統構成に似つかわしく欧州的な競馬が得意で、有馬記念の展開には向きそう。優先順位的に印は付けませんが良いと思います。

最終見解

◎ 9クロノジェネシス
〇 7ラッキーライラック
▲ 14 フィエールマン
☆ 12 オーソリティ

注 5 ワールドプレミア
注 6 キセキ
注 10 カレンブーケドール
注 14 サラキア

キセキが逃げてある程度締まった流れになると予想し、コースの形態を踏まえて欧州ベースの米国内包の馬が強いと読みます。
ですので、凱旋門賞馬バゴを父に持ちスピード系の母を持つクロノジェネシスを本命、ノーザンテースト18.75%(奇跡の血量)のオルフェーヴルを父に持ちスピード系の母を持つラッキーライラックを対抗にします!!

この2頭を本線に買いつつ、欧州要素が強めな「フィエールマン」「オーソリティ」「ワールドプレミア」を推していきます。
基本的に米国寄りの馬は軽視ですね。ブーケドールだけ好きなので抑えます。

さあ……いよいよ今年の総決算。各々、好きな馬に夢を託しましょう!!

実際の買い目はTwitterにてレース前に公開しています。
ではでは、有馬記念を楽しみましょう|・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。