【血統全頭診断】2020 阪神ジュベナイルフィリーズ【重賞予想】

お疲れ様です、賽目です。
今週末は、阪神JFが行われます!

白毛の怪物が誕生するのか。それとも去年のように伏兵に怪物がいるのか、楽しみな一戦ですね。

本記事では、血統をベースに出走馬の能力や適正を紐解いていきます。
全頭を診断していますので、少しでも参考になれば幸いです。

【賽目の反省部屋】2020 ジャパンカップ

阪神JFの特徴と分析

舞台は阪神芝1600m。外回りコースを使用。スタートからコーナーまでは約440mと前がごちゃつきやすく、最後の直線でも隊列が崩れにくいため、基本的には内枠が不利。隊列が崩れない上に最後の直線が長く、上がり決着が多くなっています

去年のレシステンシアのようなスピードお化けがいたらお手上げですが、あれは例外視で良いと思います。
なので、持続的な脚で器用に立ち回る馬よりは、日本的な瞬発力に優れ、後傾ラップが得意な欧州色強めの馬を狙っていきます。

個人的な印象では、阪神JFは「才能だけで勝てるレース」。同じコースにも関わらず桜花賞と直結しにくいのは、各馬がまだ競馬を覚えていないから、というのが大きいと思います。才気あふれる乙女に注目です。

全頭診断

※【注意事項】※
ここでの「血統診断」は「データ的に、このレースに来やすい血統を狙う!」というものではありません。
その馬自身の血統を分解して特徴を考察することで、今回の条件や展開でどのようなパフォーマンスを発揮できそうか分析していきます。
戦績や走り方も一定考慮しますのでご了承ください。

1枠1番 ウインアグライア 牝2

[-]

【基本データ】
父 マツリダゴッホ
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 アーチ
(欧州 ロベルト系)
母母父 ウッドマン
(米国 ミスプロ系)
母母母父 リヴァーマン
(欧州 ネヴァーベンド系)
【血統分析+総評】
新馬戦でブエナベントゥーラを下している伏兵。マツリダゴッホ産駒は、父同様非根幹距離や重い馬場を得意とする傾向があるため、1800mの札幌で勝ち、1600mの東京で負けているのも納得。全体的にスピード持続力に優れてそうな構成なので、後に出てくるソダシを評価するなら穴として面白いです。【B】

1枠2番 ルクシオン 牝2

[-]

【基本データ】
父 エイシンフラッシュ
(欧州 キングマンボ系)
母父 アグネスタキオン
(日本 サンデーサイレンス系)
母母父 マキャヴェリアン
(米国 ミスタープロスペクター系)
母母母父 シアトルソング
(欧州 ボールドルーラー系)
【血統分析+総評】
エイシンフラッシュ産駒は主に1200m~2000mの距離を得意としていますが、基本的には持続力勝負になった方が有利。1200m、1400mしか使っていないローテからもそれが伺えます。母系も全体的にスピード色が強く、できれば1600mより短い所で狙いたい。阪神大好きマキャヴェリアンを内包してはいますが……【B+】

2枠3番 ジェラルディーナ 牝2

[-]

【基本データ】
父 モーリス
(欧州 ロベルト系)
母父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母母父 バートリーニ
(欧州 ダンチヒ系)
母母母父 リファーズスペシャル
(欧州 リファール系)
【血統分析+総評】
モーリス×ジェンティルドンナの良血。未勝利脱出に時間は掛かりましたが、血統的には気になる存在ですね。ジェンティルドンナ自体がリファールのクロス持ちなのに加えて、モーリスもリファール持ち。近年の名馬たちの血統構成に通ずるものがあります。まだサンプルは少ないですが、血統背景的にモーリスは叩き良化型だと踏んでいるので、今回は注目。そして鞍上岩田康誠騎手がエモい。

2枠4番 リンゴアメ 牝2

[-]

【基本データ】
父 マツリダゴッホ
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 マイネルラヴ
(米国 ミスタープロスペクター系)
母母父 サンシー
(欧州 ハンプトン系)
母母母父 ギャラントマン
(欧州 セイトサイモン系)
【血統分析+総評】
マツリダゴッホ産駒のリンゴ飴ちゃん。先述したマツリダゴッホの特徴に加え、母父がマイネルラヴ(短距離馬)ということで、よりスピード持続型。実際、勝利を挙げた函館2歳Sでは前傾ラップ、大敗した京王杯ではフラットと得意不得意がしっかり反映されている印象。今回予想した展開とは少しズレます。【B+】

3枠5番 サルビア 牝2

[-]

【基本データ】
父 ダイワメジャー
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 マムール
(欧州 サドラーズウェルズ系)
母母父 アシュカラニ
(欧州 ヌレイエフ系)
母母母父 ロイヤルアカデミーII
(欧州 ニジンスキー系)
【血統分析+総評】
父ダイワメジャーの積極性が出ていると思われますが、前走は掛かり過ぎ。父ダイワメジャー、母父がサドラー系だとシゲルピンクダイヤがイメージと近いですね。母系が全体的に欧州色強いので、本来は後ろからでも競馬ができるはず。競馬を覚えてくれば怖い存在だと思います。どちらかというと本番(桜花賞)向き。【B+】

3枠6番 ソダシ 牝2

[注]

【基本データ】
父 クロフネ
(米国 ヴァイスリージェント系)
母父 キングカメハメハ
(欧州 キングマンボ系)
母母父 サンデーサイレンス
(日本 サンデーサイレンス系)
母母母父 トップサイダー
(欧州 ノーザンダンサー系)
【血統分析+総評】
アイドルホースになりつつある白毛の怪物。札幌2歳Sで2着だったユーバーレーベンがアルテミスSで大敗しているのを見るに、やはり前傾も後傾もこなせるのは脅威。母系のキンカメ、SSの要素をバランス良く兼ね備えているのだと思います。ただ、そうはいってもクロフネ産駒。本来は広くて完全ワンターンな東京コースの方が本領を発揮できるはず。外回りで前がごちゃつきやすい阪神1600mなら、隙が生まれる可能性はあり。【B+】

4枠7番 サトノレイナス 牝2

[注]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 ノットフォアセール
(欧州 グレイソヴリン系)
母母父 コンフィデンシャルトーク
(欧州 ダマスカス系)
母母母父 マリアッチ
(欧州 ストックウェル系)
【血統分析+総評】
サトノフラッグの全妹。去年が異質なだけで、本来はこういう馬が勝つレース。桜花賞ほど激しい展開にはなりにくいので、日本型かつ軽い馬場が得意で瞬発力に優れるタイプが本領を発揮しやすいはず。去年リアアメリアを対抗にして惨敗しましたが、引き続き警戒。

4枠8番 ヨカヨカ 牝2

[-]

【基本データ】
父 スクワートルスクワート
(米国 ミスタープロスペクター系)
母父 デインヒルダンサー
(欧州 デインヒル系)
母母父 アンフワイン
(欧州 ノーザンダンサー系)
母母母父 トロイ
(欧州 パーソロン系)
【血統分析+総評】
期待の九州産馬。ミスプロ×デインヒルという速い流れ大好き血統。なので、フェニックス賞からの3戦は前傾ラップの恩恵が大きいと踏んでいます。前走のパフォーマンスは決して悪くなかったので、前残り展開なら要注意。

5枠9番 ナムラメーテル 牝2

[-]

【基本データ】
父 リオンディーズ
(欧州 キングマンボ系)
母父 グランデラ
(欧州 ダンチヒ系)
母母父 フレンチグローリー
(欧州 サドラーズウェルズ系)
母母母父 ミスタープロスペクター
(米国 レイズアネイティヴ系)
【血統分析+総評】
リオンディーズはまだサンプルが少ないのですが、エピファネイア(シーザリオ牝系)に比べると、よりシーザリオ寄りの血統だと思っています。早熟で王道コースに強く、母系の欧州色が相まって後傾ラップに強いはず。ただ、前走の白菊賞(阪神1600)は後傾ラップで大敗しているので読み辛い。【B】

5枠10番 シゲルピンクルビー 牝2

[注]

【基本データ】
父 モーリス
(欧州 ロベルト系)
母父 ハイシャパラル
(欧州 サドラーズウェルズ系)
母母父 シンダー
(欧州 ダンチヒ系)
母母母父 ザミンストレル
(欧州 ノーザンダンサー系)
【血統分析+総評】
シゲルさん家のダイヤ嬢の妹。姉は父ダイワメジャーですが、ルビーは父がモーリスなので、サドラーズウェルズのクロスが生まれています。血統構成としてはより欧州色が強くなり、最後の末脚に賭ける競馬は得意だろうと推測。前走のめちゃくちゃな勝ち方は魅力的。【B+】

6枠11番 ユーバーレーベン 牝2

[-]

【基本データ】
父 ゴールドシップ
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 ロージズインメイ
(米国 ヘイロー系)
母母父 ブライアンズタイム
(欧州 ロベルト系)
母母母父 ザビール
(欧州 ターントゥ系)
【血統分析+総評】
ゴールドシップのタフネスと長い脚を受け継いでいる印象。そこにロージズインメイの持続力が足されている感じですね。平坦コース+前傾ラップの札幌2歳Sで好走し、スローの東京で凡走したことを考えると、競馬場を選ぶタイプな気がします。純粋な上がり決着になると危ないですが、右回りに戻るのは〇。【B+】

6枠12番 オパールムーン 牝2

[☆]

【基本データ】
父 ヴィクトワールピサ
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 マヤノトップガン
(欧州 ロベルト系)
母母父 リアルシャダイ
(欧州 ロベルト系)
母母母父 ノーザンテースト
(欧州 ノーザンダンサー系)
【血統分析+総評】
阪神を好走したヴィクトワールピサ産駒は追いたい。母系がトップガンにリアルシャダイとスタミナ寄りではありますが、その分溜めて爆発させる競馬には強い。残り600mからの勝負になれば今回も。【A】

7枠13番 アオイゴールド 牡2

[-]

【基本データ】
父 ゴールドシップ
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 レッドランサム
(欧州 ロベルト系)
母母父 シーキングザゴールド
(米国 ミスタープロスペクター系)
母母母父 ストームキャット
(米国 ストームバード系)
【血統分析+総評】
ステイゴールド系列にロベルト系と考えると鉄板の配合。そこにシーキングザゴールド、ストームキャットとアメリカの名血が入っているので、一定バランスの取れた構成になっているのかなと。上級条件になるので、1600mよりも長いところに適正があるのは〇。【B+】

7枠14番 ポールネイロン 牝2

[〇]

【基本データ】
父 オルフェーヴル
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 ダンシリ
(欧州 ダンチヒ系)
母母父 マキャヴェリアン
(欧州 ミスタープロスペクター系)
母母母父 シャーリーハイツ
(欧州 ミルリーフ系)
【血統分析+総評】
ソダシを下げる以上は本命に出来ないのですが、本当は本命打ちたいレベル。ダンシリの前向きさ故なのか逃げていますが、個人的には別に先行しなくても良い気がします。左→右替わりのオルフェーヴル産駒と、阪神大好きマキャヴェリアン持ちが魅力。前走よりもパフォーマンスを上げる要素は大だと見ています。【A+】

7枠15番 エイシンヒテン 牝2

[注]

【基本データ】
父 エイシンヒカリ
(日本 ディープインパクト系)
母父 エイシンワシントン
(米国 ダマスカス系)
母母父 サンデーサイレンス
(米国 ヘイロー系)
母母母父 コンキスタドールシエロ
(米国 ミスタープロスペクター系)
【血統分析+総評】
エイシン×エイシンの日本向き血統。エイシンヒカリ自体がストームキャットとカロ持ちなのに加え、母系にはSS、ミスプロなふど全体的に日本と米国色が強く、東京や阪神には向きやすい。1勝クラスとはいえ同条件で結果も出しているので、適正はあるはず。【B+】

8枠16番 インフィナイト 牝2

[◎]

【基本データ】
父 モーリス
(欧州 ロベルト系)
母父 アグネスデジタル
(米国 ミスタープロスペクター系)
母母父 サンデーサイレンス
(米国 ヘイロー系)
母母母父 リヴァーマン
(欧州 ネヴァーベンド系)
【血統分析+総評】
父モーリスの傾向がまだ掴めていないのですが、スクリーンヒーローのように渋い条件で激走するタイプよりも、もう少し日本寄りな気がしています。その上で取り上げたいのがリヴァーマンのクロス。代表的な例だとウオッカがリヴァーマン持ちなのですが、牝馬が受け継ぐことで日本的なキレが強くなると思っています。なので、「モーリスだから重馬場に強い」わけではなく「本領は軽い馬場なのに重でも高パフォーマンス」だと予想します。良馬場で走らせたら化け物でした、という結果に期待。【A+】

8枠17番 フラリオナ 牝2

[-]

【基本データ】
父 ストロングリターン
(欧州 ロベルト系)
母父 キングカメハメハ
(欧州 キングマンボ系)
母母父 サンデーサイレンス
(米国 ヘイロー系)
母母母父 ニジンスキー
(欧州 ノーザンダンサー系)
【血統分析+総評】
2歳G1だからなのか、G1ではあまり見ない血統が多い。ストロングリターン産駒は前向きな気性が持ち味で、1200から1600mの短い距離が得意。母系も日本的な要素が強く、ニジンスキーのクロスを持っていることからも、直線の長い東京や中京は得意なはず。中京でこの血統に勝ったポールネイロンはやはり推せる。【B+】

8枠18番 メイケイエール 牝2

[▲]

【基本データ】
父 ミッキーアイル
(日本 ディープインパクト系)
母父 ハービンジャー
(欧州 ダンチヒ系)
母母父 クロフネ
(米国 ヴァイスリージェント系)
母母母父 サンデーサイレンス
(米国 ヘイロー系)
【血統分析+総評】
大外で歓喜の声(よっしゃー!)。ミッキーアイルの単距離志向に加え、母父ハービンジャーなのでデインヒルのクロス持ち。母系はサンデーにクロフネなど、少し単距離に寄りがちですが、1600mまでなら高パフォーマンスが維持できそう。ただ、これまでは全部得意(であろう)前傾ラップを勝ち抜いているので、上がり決着になると少し劣りそうと予想し単穴まで。ちなみにソダシと同じシラユキヒメ牝系ですが鹿毛。

最終見解

◎ 16 インフィナイト
〇 14 ポールネイロン
▲ 18 メイケイエール
☆ 12 オパールムーン

注 6 ソダシ
注 7 サトノレイナス
注 10 シゲルピンクルビー
注 15 エイシンヒテン

本命はインフィナイト。良馬場走らせたら怪物でした説が濃厚だと思うので、単勝買いたいですね。
他に推したいのは阪神に向きそうなポールネイロンとオパールムーン。内枠に入らなかったのはありがたいですね。

メイケイエールは1600mまでなら地力でなんとかしそう感が強い。極端な後傾ラップになったら少し不利だと思います。
あと抑えで4頭指名してはいますが、今回はスパッと切れる馬がいませんでしたね……抑えるなら全部抑えたい(小声)。

馬券は◎〇▲☆の4頭が中心ですね。
実際の買い目は、レース前にTwitterにUPしています。

ではでは、阪神JFを楽しみましょう|・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。