【血統全頭診断】2020 ジャパンカップ【重賞予想】

お疲れ様です、賽目です。
今週末は、G1ジャパンCが行われます!

今年のジャパンCは前代未聞の3冠馬3頭の激突。いち競馬ファンとして非常にワクワクしております。

本記事では、血統をベースに出走馬の能力や適正を紐解いていきます
全頭を診断していますので、少しでも参考になれば幸いです。

【賽目の反省部屋】2020年 マイルチャンピオンシップ

ジャパンカップの特徴

舞台は東京芝2400m。スタンド前からぐるりと一周。超高速馬場に加えて最後の直線が長い、日本の王道コース。
ある意味フラットなコースで、日本で活躍する馬が素直に良いパフォーマンスを出せます

日本ダービーと同じ舞台で行われますが、ラップの流れが反対になりやすい点は注意。
日本ダービーでは後傾ラップ(前半が緩くて上がり勝負になる展開)が多いのに対し、ジャパンCは前傾ラップ(前半が速くて持続力勝負になる展開)が多い

今年も逃げ馬のトーラスジェミニに加えてヨシオが逃げ宣言をしているため、前傾ラップが想定されます。

ただ、前傾ラップと一口に言っても「逃げた馬が残る展開」と「逃げた馬が垂れる展開」では全然違うと考えています。
2019年のジャパンCでは、前傾ラップの恩恵もあり前に付けていた馬の123でしたが、逃げたダイワキャグニーが垂れたことで、後方にいたマカヒキとユーキャンスマイルがあと一歩のところまで追い込んできていました。

前が総崩れになる前傾ラップ」か「極端に前が有利になる前傾ラップ」か「前有利で追い込みも届く前傾ラップ」か……今年は「前有利で追い込みも届く前傾ラップ」だと予想します(煮え切らなくてごめんなさい)。

なので、一定の持続力を備えながら、激しい流れでも上がりが使える馬を選びたいです。

ちなみに、近年では海外馬が全く馬券に絡みませんが、コンクリート馬場で勝てるように調教されてないので仕方ない面があると思ってます。

全頭診断

※【注意事項】※
ここでの「血統診断」は「データ的に、このレースに来やすい血統を狙う!」というものではありません。
その馬自身の血統を分解して特徴を考察することで、今回の条件や展開でどのようなパフォーマンスを発揮できそうか分析していきます。
戦績や走り方も一定考慮しますのでご了承ください。

1枠1番 カレンブーケドール 牝4

[注]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 スキャットダディー
(米国 ストームバード系)
母母父 シーカーズリワード
(米国 ゴーンウエスト系)
母母母父 リロイ
(米国 ボールドルーラー系)
【血統分析+総評】
令和のミスシルバー。2着が多いといえど戦ってきた相手が一流なのでブーケドールもかなり強いと思ってます。血統としては、まず父がディープインパクト。ディープは筋肉の柔らかさや瞬発力を伝え、母系を上手く内包して喧嘩をしないという傾向を持っています。そして母系は米国血統強めの持続力タイプ。ただ、母父スキャットダディーはヨハネスブルグの産駒なので、芝であれば雨に強いと解釈。先行持続型の脚と相まって、重馬場での成績が良いのかなという印象です。ただ、脚が切れるタイプではないので、前2頭が垂れて上がり勝負になったら分が悪い。前が残る展開では要注意。【B+】

2枠2番 アーモンドアイ 牝5

[注]

【基本データ】
父 ロードカナロア
(欧州 キングマンボ系)
母父 サンデーサイレンス
(米国 ヘイロー系)
母母父 ヌレイエフ
(欧州 ノーザンダンサー系)
母母母父 バックパサー
(米国 ストックウェル系)
【血統分析+総評】
8冠の女王がついにラストラン。寂しくなりますね。父ロードカナロアは本人が一流スプリンターにも関わらず、多様な適正の産駒を出していますが、やはりキングマンボの影響が強いのだと考えます。キングマンボ系はディープよりもさらに母系と喧嘩をせず、上手く特徴を引き出してくれる血統。ディープは「内包」キングマンボは「強調」というイメージ。体格には逆らえないのか、最近はアイちゃんも胴が詰まってきましたけどね。なので母フサイチパンドラが持つサンデー、ヌレイエフの血が強調されて東京大好きになっているのかなと。そういう意味での血統適正は抜群ですが、問題はローテ。血統的にも体質的にも、レースの反動を受けやすいので、1カ月に2回出走は流石に……という評価。個人的には頑張ってほしいです。【B】

2枠3番 ワールドプレミア 牡4

[▲]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 アカテナンゴ
(欧州 ハンプトン系)
母母父 ビーマイゲスト
(欧州 ノーザンダンサー系)
母母母父 ジンギスカーン
(欧州 スターリング系)
【血統分析+総評】
4歳世代の菊花賞馬。父ディープインパクトに母父はアカテナンゴ。有名どころだとヴェルトライゼンデ(弟)と同じ母父です。アカテナンゴはドイツの80年代最強馬で、独リーディングサイアーにも5回ほど輝いている名馬&大種牡馬だったりします。母系はドイツ色の強いゴリゴリの欧州型で、長丁場や起伏の激しいコースでも最後まで切れる脚が残っているのが特徴。東京コース自体は向くと思いますが、あまり激しい流れになるとプラスではありません。どんな時でも脚が残っている怖い存在。【A】

3枠4番 キセキ 牡6

[☆]

【基本データ】
父 ルーラーシップ
(欧州 キングマンボ系)
母父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母母父 ドクターデヴィアス
(欧州 ヘロド系)
母母母父 ダンチヒ
(欧州 ノーザンダンサー系)
【血統分析+総評】
永久の愛を形にしたい。父ルーラーシップは距離延長が得意なので、天皇賞秋からのステップは非常に良いと思います。2018年秋の快進撃も全て距離延長でした。母父ディープは解説不要として、母母父のドクターデヴィアスはイギリスのダービー馬。日本でもテイオーと走ったりしてます(ジャパンC)。母母母父もダンチヒで全体的に欧州色強めなのですが、ディープとルーラーの影響か能力のバランスが良い馬だなと感じます。
時計が掛かる方が好きだと思いますが、高速決着も得意。秋天よりパフォーマンスを上げると考えたら買い時な気がします。

3枠5番 デアリングタクト 牝3

[◎]

【基本データ】
父 エピファネイア
(欧州 ロベルト系)
母父 キングカメハメハ
(欧州 キングマンボ系)
母母父 サンデーサイレンス
(米国 ヘイロー系)
母母母父 ダンチヒ
(欧州 ノーザンダンサー系)
【血統分析+総評】
史上初の無敗三冠牝馬。アイちゃんとコントレイル参戦決定前から本命でしたが、メンバーが強くなっても変わらず本命。3歳牝馬の斤量53はもちろん魅力的なのですが、やっぱり父エピファネイアに惹かれる。アーモンドアイ、コントレイルと比べて反動を気にしなくて良いし、距離延長(特に400m)が得意ということで秋華賞よりも上積みを見込めるのが良いです。オークスのパフォーマンスが凄すぎたので語るのもアレですが、父エピファネイアに母父はキンカメ、母母父はサンデーと高速馬場大好き血統。東京2400mは大得意なはずです。ここは迷わず。【S】

4枠6番 コントレイル 牡3

[〇]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 ディープインパクト)
母父 アンブライドルズソング
(米国 ミスタープロスペクター系)
母母父 母母父 ティズナウ
(米国 マッチェム系)
母母母父 ストームキャット
(米国 ストームバード系)
【血統分析+総評】
またも父と同じ馬番に入った無敗三冠馬。ディープインパクト×アンブライドルズソングという黄金配合に加えて、マッチェムとストームキャットの血を持っている鬼のスピード血統。この血統の東京2400mに対する爆発力で言ったらSSSレベルなんですけど、コントレイルも反動が気になる。ディープインパクトが反動を受けやすい(1戦1戦超真面目に走るから)のに加えて、ここまでガッチリ米国に寄せた母系を考えると休み明けが最強だと思います。「そんなの関係ねえ!」と言って普通にパフォーマンスが出るなら勝てるはず。対抗まで。【A+】

4枠7番 ミッキースワロー

[-]

【基本データ】
父 トーセンホマレボシ
(日本 ディープインパクト系)
母父 ジャングルポケット
(欧州 グレイソヴリン系)
母母父 リファール
(欧州 ノーザンダンサー系)
母母母父 カロ
(欧州 グレイソヴリン系)
【血統分析+総評】
常に上がり3位以内にいる鬼脚。父トーセンホマレボシはディープの系列で、母父は東京大好きジャングルポケット(グレイソヴリン)。さらにカロを持っているので、東京と相性の良いグレイソヴリンが重複。東京2400mでは買い!と言いたいところですが、実際は右回り小回り渋った馬場大好きな馬で、その傾向が見られないのが難点。エプソムC負けてますしね。ノーザンダンサーやリファールがクロスになっているので、欧州色が強めに出ている印象。血統的には合いそうですが難しいところ【B+】

5枠8番 ウェイトゥパリス 牡7

[-]

【基本データ】
父 シャンゼリゼ
(欧州 デインヒル系)
母父 コジーン
(欧州 グレイソヴリン系)
母母父 ヌレイエフ
(欧州 ノーザンダンサー系)
母母母父 バックパサー
(欧州 ストックウェル系)
【血統分析+総評】
よくぞ来てくださった(敬服)。真っ白でおめめパッチリでかなり可愛いです。父はシャンゼリゼ(こう読みます)で、イギリスの馬ですがカナダやアメリカのG1を勝った馬です。血統構成は当然のごとく欧州型で、タフさに加えてスピードもあるタイプだと解釈します。ただ、血統云々よりも欧州の競馬に適した育成をされているはずなので、東京2400mではどうしても買えません(個人的にですが)。ウェイトゥパリスはもちろん強い馬なのですが、馬場もコース形態も向こうとは違いすぎて、本来のパフォーマンスは出ないと思います。【C】

5枠9番 トーラスジェミニ 牡4

[-]

【基本データ】
父 キングズベスト
(欧州 キングマンボ系)
母父 マンハッタンカフェ
(日本 サンデーサイレンス系)
母母父 ノーザンダンサー
(欧州 ノーザンダンサー系)
母母母父 リボー
(欧州 セントサイモン系)
【血統分析+総評】
だいぶ失礼ですが、血統構成を見る限り東京の良馬場で逃げるのはあまり向いてない気がします。全体的にドイツ色、欧州色が強く、スピードの持続力には特化していないように思えます。実際近走で逃げて好走しているのは洋芝の「函館」と「不良馬場」の東京。馬場自体が重くなったときに狙いたいですね。【C】

6枠10番 パフォーマプロミス 牡8

[-]

【基本データ】
父 ステイゴールド
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 タニノギムレット
(欧州 ロベルト系)
母母父 ノーザンダンサー
(欧州 ノーザンダンサー系)
母母母父 インリアリティ
(米国 インリアリティ系)
【血統分析+総評】
サンデーの中でもタフなステイゴールド産駒に母父タニノギムレット(ロベルト系)という、欧州系の王道血統。長丁場やタフなコース形態に強く、東京2400mのコース形態はあまりプラスに働かないと思います。この馬も最後まで脚を残せるタイプですが、切れ味で上位陣に食い込めるかと言われれば難しい。【B-】

6枠11番 クレッシェンドラヴ 牡6

[-]

【基本データ】
父 ステイゴールド
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 サドラーズウェルズ
(欧州 ノーザンダンサー系)
母母父 クリス
(欧州 ネイティヴダンサー系)
母母母父 シャーリーハイツ
(欧州 ミルリーフ系)
【血統分析+総評】
父ステイゴールドに母父は欧州の超大種牡馬サドラーズウェルズ。さらにクリス、シャーリーハイツと母系はゴリゴリの欧州型。前述のパフォーマプロミスよりも欧州色が強いですね。東京コースは新馬、未勝利の頃に走って大敗してからは1回も走っておらず、相性の良い中山が中心。東京に戻るメリットは、血統構成から考えると少ないように思えます。【B-】

7枠12番 マカヒキ 牡7

[-]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 フレンチデピュティ
(米国 ヴァイスリージェント系)
母母父 レインボーコーナー
(欧州 ブラッシンググルーム系)
母母母父 サザンヘイロー
(米国 ヘイロー系)
【血統分析+総評】
みんな大好きマカヒキが今年も参戦。去年4着だったのに人気していませんが、正直去年は重馬場の影響が強い。ディープインパクト産駒は走れば走るほど東京コースに合わなくなる傾向があり、7歳馬のマカヒキはまさにそんな感じだと思っています。長い直線自体は歓迎なのですが、馬場自体が重くなったり、前が総崩れにならないと厳しいかなと思います。でも引退せずこうやって挑戦し続けてくれるのはロマンですよねえ、応援してます。【B】

7枠13番 ユーキャンスマイル 牡5

[注]

【基本データ】
父 キングカメハメハ
(欧州 キングマンボ系)
母父 ダンスインザダーク
(日本 サンデーサイレンス系)
母母父 シャーポ
(欧州 ネイティヴダンサー系)
母母母父 ノウンファクト
(米国 インリアリティ系)
【血統分析+総評】
父キングカメハメハに母父ダンスインザダーク。ダンスインザダークの母父ニジンスキーはタフさに加え加速力に優れ、2000mでも3000mでも上がり最速を繰り出せる豪脚はここが上手く引き出されているのかなと思います。直線は長い方が良いですが、正直スロー向きです。上がり勝負になったときに抑えておきたい一頭。【B+】

8枠14番 ヨシオ 牡7

[-]

【基本データ】
父 ヨハネスブルグ
(米国 ストームバード系)
母父 ケイムホーム
(米国 ゴーンウエスト系)
母母父 タイキシャトル
(米国 ヘイロー系)
母母母父 ジェネラルアセンブリー
(米国 ボールドルーラー系)
【血統分析+総評】
ダート界からの参戦で話題に。血統は砂の名血ばかりの超米国型で、いきなり東京芝2400mのG1では流石に……という月並みな評価。また、芝→ダートのヨハネスブルグはわりと好材料なのですが、ダート→芝があまりピンとこない。ちなみにこの後はチャンピオンズカップにも出るらしいです。なんという叩き台。

8枠15番 グローリーヴェイズ 牡5

[注]

【基本データ】
父 ディープインパクト
(日本 サンデーサイレンス系)
母父 スウェプトオーヴァーボード
(米国 フォーティナイナー系)
母母父 メジロライアン
(欧州 ノーザンダンサー系)
母母母父 モガミ
(欧州 リファール系)
【血統分析+総評】
父ディープインパクトに母父スウェプトオーヴァーボード。ここまでなら良くあるディープ×米国の血統なのですが、特筆すべき点はメジロライアン。メジロの血は牧場が天皇賞制覇を目標にしていたこともあり、全体的にスタミナ気質。さらにウイポでおなじみモガミも持っており、面白い配合になっています。フォーティナイナーのスピードに加え、メジロとモガミのスタミナが加えられた良い血統だと思います。東京2400mはベストではないですが、怖い存在。【B+】

最終見解

◎ 5デアリングタクト
〇 6 コントレイル
▲ 3 ワールドプレミア
☆ 4 キセキ

注 1 カレンブーケドール
注 2 アーモンドアイ
注 13 ユーキャンスマイル
注 15 グローリーヴェイズ

「コントレイルやアーモンドアイの方が強いんじゃないか」という気持ちが無いわけではありませんが、血統を見ると◎はデアリングタクト!これは揺るぎません。
デアリングタクト-コントレイルの馬連が5倍くらい付きそうなので、そこで勝負したいと思っています。

アイちゃんに重い印打たなかったの初めてだなあ……なんか複雑。
現在東京は内が荒れまくっているのですが、重い印は4枠以内で固めているのが少し怖い。

まあ馬券も大事ですが、とにもかくにも。この世紀の一戦を見届けましょう。
どんなレースを見せてくれるのか、本当に楽しみです。

ではでは、ジャパンCを楽しみましょう!|・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。