【重賞予想】2020天皇賞(秋)【全頭診断】

お疲れ様です、賽目です。
今週末は、秋古馬三冠の初戦、天皇賞(秋)が行われます!!

女王アーモンドアイに宝塚記念馬のクロノジェネシス、天皇賞馬のフィエールマンがぶつかるというのは熱い展開ですね。
ごまかしの効かない東京2000mで、力勝負を期待します!

では、2020年天皇賞(秋)の展望を予想していきましょう!

【賽目の反省部屋】2020 菊花賞

天皇賞(秋)の特徴

舞台は東京芝2000m。2000mコースの中では珍しく、ワンターンで回ってこられるのが特徴です。
そのため、小回り的な器用さよりも「スピードの持続力に長け、長い直線で脚を使える馬」が好走傾向にあります。

ワンターンで回ってくるため、マイル戦に強い馬が好走するもの大きな特徴。
去年、安田記念組のワンツースリーで決まったのは記憶に新しいと思います。

また、近年は超高速化の影響で、高速馬場への対応力もカギになります。
2019年のアエロリット、2018年のキセキはともに前が止まらずに逃げ残り。後ろからの馬が届かない展開になっていました。

そして今年は逃げ馬不在。基本的にはスロー想定ですが、どこかの陣営が奇襲を仕掛けてくる可能性もありますね。
でも、どのみち前有利という認識で良いでしょう。

まとめると、天皇賞(秋)の個人的なポイントは「高速馬場に強い」「マイル戦にも通用するスピード持続力」「長い直線で脚を発揮できる」「器用である必要はない」の4つです。

血統分析 (5年)

2019年 天皇賞(秋)
天候:晴れ/芝状態:良/馬場:高速/タイム:1:56.2
1000mの通過:59:0
馬名母父
1 アーモンドアイ 牝4ロードカナロア(欧州 キングマンボ系)サンデーサイレンス(日本 サンデー系)
通過 5-6-5
2 ダノンプレミアム 牡4ディープインパクト(日本 ディープ系)インティカブ(欧州 ロベルト系)
通過 5-5-3
3 アエロリット 牝5クロフネ(米国 ヴァイスリージェント系)ネオユニヴァース(日本 Dサンデー系)
通過 1-1-1
2018年 天皇賞(秋)
天候:晴れ/芝状態:良/馬場:高速/タイム:1:56.8
1000mの通過:59.4
馬名母父
1 レイデオロ 牡4キングカメハメハ(欧州 キングマンボ系)シンボリクリスエス(欧州 ロベルト系)
通過 6-5-5
2 サングレーザー 牡4ディープインパクト(日本 ディープ系)デピュティミニスター(米国 ヴァイスリージェント系)
通過 7-7-7
3 キセキ 牡4ルーラーシップ(欧州 キングマンボ系)ディープインパクト(日本 ディープ系)
通過 7-7-7
2017年 天皇賞(秋)
天候:雨/芝状態:不良/馬場:沼/タイム:2:08.3
1000mの通過:64.2
馬名母父
1 キタサンブラック 牡5ブラックタイド(日本 Lサンデー系)サクラバクシンオー(日本 プリンスリーギフト系)
通過 11-5-2
2 サトノクラウン 牡5マルジュ(欧州 ノーザンダンサー系)ロッシーニ(米国 ミスプロ系)
通過 7-2-2
3 レインボーライン 牡4ステイゴールド(日本 Tサンデー系)フレンチデピュティ(米国 ヴァイスリージェント系)
通過 10-12-5
2016年 天皇賞(秋)
天候:雲り/芝状態:良/馬場:平均/タイム:1:59.3
1000mの通過:60.8
馬名母父
1 モーリス 牡5スクリーンヒーロー(欧州 ロベルト系)カーネギー(欧州 サドラーズウェルズ系)
通過 5-5-4
2 リアルスティール 牡4ディープインパクト(日本 ディープ系)ストームキャット(米国 ストームバード系)
通過 8-10-10
3 ステファノス 牡5ディープインパクト(日本 ディープ系)クロフネ(米国 ヴァイスリージェント系)
通過 13-14-14
馬名母父
2015年 天皇賞(秋)
天候:晴れ/芝状態:良/馬場:速い/タイム:1:58.4
1000mの通過:60.6
馬名母父
1 ラブリーデイ 牡5キングカメハメハ(欧州 キングマンボ系)ダンスインザダーク(日本 Tサンデー系)
通過 4-4-4
2 ステファノス 牡4ディープインパクト(日本 ディープ系)クロフネ(米国 ヴァイスリージェント系)
通過 8-8-12
3 イスラボニータ 牡4フジキセキ(日本 Pサンデー系)コジーン(欧州 グレイソヴリン系)
通過 12-11-10
天皇賞(秋) 血統見解
全体的に見ると欧州系の血が活躍しているので「スタミナ血統が走る!」と思いがちですが、本質的にはスピードの血が重要だと思っています。たとえば昨年のダノンプレミアムの母父インティカブはロベルト系ながら、母系にダンチヒ(短距離血統)のクロスを持っています。また、欧州系のキングカメハメハ産駒が激走していますが、キンカメは母系によって多彩な特徴を出すうえに産駒はスピード傾向にあるため、これもスタミナ型とは言いづらい。2015年のラブリーデイの母父も欧州の中ではスピード系統(グレイソヴリン系)にあたります。ゴリゴリの欧州系となるとモーリスが該当しますが、安田記念であれだけ結果を出しているので例外視。米国系のストームバード系、ヴァイスリージェント系を始めとした、スピードの持続力を強調し、高速馬場に強い血統を推したいです。

全頭診断

【◎1頭 〇1頭 ▲1頭 △3頭 ☆1頭】
評価【S/A/A/A-/B+/B/B-/C/D】

☆基礎能力……舞台や相手関係を無視した馬本来の能力を推測。主に同世代と比較します。
☆血統適正……血統傾向と照らし合わせて、どれくらいの適正があるかを予想。
☆コース、舞台適性……実績やその馬のタイプから、今回の舞台にどれだけ適正があるかを予想。
☆調教……タイムはそこまで重視せず、走り方や動き、前回との比較で体調の良さを予想。

1枠1番 ブラストワンピース 牡5

[-]

【基本データ】
血統
父 ハービンジャー(欧州 ダンチヒ系)
母父 キングカメハメハ(欧州 キングマンボ系)
東京成績[2-0-0-2]
右回り[4-0-0-5]
左回り[3-0-0-2]
前走[宝塚記念]
前走の人気/着順/上がり[4人/16着/6位以下]
騎手・斤量[池添/58]
脚質[中団/差し]
外厩[ノーザンF天栄]
【評価】
基礎能力[A]
血統適正[B+]
コース、舞台適性[B]
調教[B]
コメント
前走の宝塚記念は無念の16着。もともと上がりの掛かる展開や馬場に強く、他馬がバタバタになっている時に押し切れるのが武器。前走の宝塚記念と相性が合わないとは思えないので、単純な力負けかなと思います。血統は父ハービンジャーに母父キングカメハメハ。ノーザンダンサーのクロスを持っており、力強さとスピードに長けている血統。「距離延長苦手説」もありますが、上がりが掛かる展開が得意+父ハービンジャーで距離延長が苦手なのは、少々納得いきません。買い要素としては穴人気の池添さん。

2枠2番 カデナ 牡6

[-]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 フレンチデピュティ(米国 ヴァイスリージェント系)
東京成績[0-1-0-5]
右回り[4-2-2-10]
左回り[0-1-1-6]
前走[毎日王冠]
前走の人気/着順/上がり[6人/4着/]
騎手・斤量[田辺/58]
脚質[追い込み]
外厩[在厩調整]
【評価】
基礎能力[B]
血統適正[A]
コース、舞台適性[A]
調教[B]
コメント
今年も内枠での参戦。後ろからの競馬が得意で安定した末脚を持っていますが、去年同様スローPで前が止まらなくなると厳しい。血統は父ディープインパクトに母父フレンチデピュティで、軽い馬場大好きな東京向きの配合。距離適性、コース適正共に高いですが、地力の差と脚質で少し評価を落とします。去年はユーキャンスマイルが上がり最速の脚で追い込んできましたが4着まで。後方一気は難しそうですね。この血統だと叩き2戦目も少しマイナス要素。ただ、最低人気になる適正では無いので、狙ってみる価値はアリ。

3枠3番 ダイワキャグニー 騙6

[☆]

【基本データ】
血統
父 キングカメハメハ(欧州 キングマンボ系)
母父 サンデーサイレンス(日本 サンデー系)
東京成績[8-1-1-8]
右回り[0-0-1-3]
左回り[8-1-2-10]
前走[毎日王冠]
前走の人気/着順/上がり[4人/2着/5位]
騎手・斤量[内田博/58]
脚質[先行]
外厩[在厩調整]
【評価】
基礎能力[B+]
血統適正[A]
コース、舞台適性[A+]
調教[B]
コメント
前走はサリオスにも食い下がった東京大好きっ子。去勢明けから結果を出せたのは良い傾向ですね。カデナ同様東京に向きますが、ダイワキャグニーは先行して持続的な脚を使えるのが大きい。血統は父キングカメハメハに母父SSで、レイズアネイティヴのクロス持ち(遠いけど)。基本的にスピードとその持続力に優れる血統です。前に行く馬がいなければ1番手で競馬をすることも考えられます。穴指名。

4枠4番 ダノンキングリー 牡4

[〇]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 ストームキャット(米国 ストームバード系)
東京成績[3-1-0-1]
右回り[2-0-2-1]
左回り[3-1-0-1]
前走[安田記念]
前走の人気/着順/上がり[5人/7着/6位]
騎手・斤量[戸崎圭/58]
脚質[先行]
外厩[ノーザンF天栄]
【評価】
基礎能力[A]
血統適正[A+]
コース、舞台適性[A+]
調教[B-]
コメント
ココで狙わなきゃいつ狙う。父ディープに母父ストームキャット、さらに母母父はインリアリティー系とスピード血統の鬼。マイラーが激走するレースには持ってこいの血統です。そして好枠、先行できる、スローP想定、反動ナシの休み明け、天栄帰りと狙いたい要素は満載。ただ、調教が大分バタついています。状態に不安要素が残りますが、ここで買わないわけにはいかない。

5枠5番 ウインブライト 牡6

[-]

【基本データ】
血統
父 ステイゴールド(日本 Tサンデー系)
母父 アドマイヤコジーン(欧州 グレイソヴリン系)
東京成績[1-0-0-5]
右回り[8-2-0-6]
左回り[3-1-0-1]
前走[中山記念]
前走の人気/着順/上がり[3人/7着/5位]
騎手・斤量[松岡/58]
脚質[先行/中団]
外厩[コスモビューF]
【評価】
基礎能力[B+]
血統適正[B+]
コース、舞台適性[B]
調教[B]
コメント
言わずと知れた中山巧者。前走の中山記念後は香港参戦が予定されていましたが、情勢的に断念。宝塚記念に照準を合わせるも怪我で休養しての秋初戦、とりあえず今回は叩きと考えるのが妥当か。陣営も「次に繋がれば」と消極的なので、ここは買いにくいですね。血統的には母父がアドマイヤコジーン(グレイソヴリン系)で、母母にニジンスキーのクロスを持っているので、長い直線は得意なはず。

5枠6番 フィエールマン 牡5

[-]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日 ディープ系)
母父 グリーンチューン(欧州 ニジンスキー系)
東京成績[1-0-0-0]
右回り[4-2-1-2]
左回り[1-0-0-0]
前走[天皇賞(春)]
前走の人気/着順/上がり[1人/1着/1位]
騎手・斤量[福永/58]
脚質[中団/差し]
外厩[ノーザンF天栄]
【評価】
基礎能力[A+]
血統適正[A]
コース、舞台適性[B+]
調教[B]
コメント
春天を連覇した現役屈指の実力馬。正直スタミナに溢れる「ステイヤー」というイメージがなく、賢くて折り合いが付くので長距離でも走っている印象です。メンバーの中で実力が抜けていて、かつ折り合い上手だから勝てているのかなと。なので、東京2000mが極端に合わないことは無いと思います。ただ、フィエールマンも調整が心配。秋はオールカマー→ジャパンCの予定だったそうですが、熱発で秋天へ変更。普通に考えれば有馬記念をメイチにするのかな、と思いますね。

6枠7番 クロノジェネシス 牝4

[▲]

【基本データ】
血統
父 バゴ(欧州 レッドゴッド系)
母父 クロフネ(米国 ヴァイスリージェント系)
東京成績[2-0-1-0]
右回り[4-2-1-1]
左回り[2-0-1-0]
前走[宝塚記念]
前走の人気/着順/上がり[2人/1着/1位]
騎手・斤量[北村友/56]
脚質[先行/中団]
外厩[ノーザンFしがらき]
【評価】
基礎能力[A+]
血統適正[B+]
コース、舞台適性[A]
調教[A]
コメント
前走の宝塚記念で覚醒した感がある名牝。父がバゴ(凱旋門賞馬)なので重馬場やタフな展開に強いのはもちろんなのですが、適正だけの勝ち方では無いですね。2~3歳では後傾ラップで速い上がりを使えていますので、東京が特別合わないことはないでしょう。母系がクロフネとサンデーサイレンスですから、スピードも兼ね備えていると思います。ここまでの調整を見ても、打倒アーモンドアイへ燃えている感じがしますね。実力的に打ち負かせるとしたらこの馬か。対決が楽しみです。

6枠8番 キセキ 牡6

[△]

【基本データ】
血統
父 ルーラーシップ(欧州 キングマンボ系)
母父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
東京成績[0-1-2-1]
右回り[2-5-3-8]
左回り[2-1-2-1]
前走[京都大賞典]
前走の人気/着順/上がり[1人/2着/1位]
騎手・斤量[武豊/58]
脚質[自在]
外厩[在厩調整]
【評価】
基礎能力[B+]
血統適正[A]
コース、舞台適性[B+]
調教[A]
コメント
前走の宝塚記念を見ると、やっぱり渋った馬場が好きなんだなと感じます。一昨年の秋天はやっぱり逃げたのが大きく、瞬発力勝負になったら他の馬よりは分が悪いのかなと思います。ルーラーシップ産駒らしく距離延長が得意で2018年は「毎日王冠」→「天皇賞秋」→「ジャパンC」→「有馬記念」と延長ローテを組み、いずれも好走。今回は距離短縮で挑む分どうか。ただ、今回の鞍上は武豊騎手。凱旋門賞ではアクシデントに見舞われて騎乗が出来ず、帰ってきてからは2週間隔離と悔しい思いをされたと思います。そんな中挑む今回の天皇賞秋は11/1開催。見せ場なく終わるとは思えないんですよね。奇跡が起きても良いのではないでしょうか。

7枠9番 アーモンドアイ 牝5

[◎]

【基本データ】
血統
父 ロードカナロア(欧州 キングマンボ系)
母父 サンデーサイレンス(日本 サンデー系)
東京成績[5-1-1-0]
右回り[3-0-0-1]
左回り[6-2-1-0]
前走[安田記念]
前走の人気/着順/上がり[1人/2着/3位]
騎手・斤量[ルメール/58]
脚質[差し]
外厩[ノーザンF天栄]
【評価】
基礎能力[S]
血統適正[A]
コース、舞台適性[S]
調教[A]
コメント
まず前走の安田記念。色々と不利な条件が重なったかもしれませんが「東京1600mにおいてはグランアレグリアが同格か格上」というのを受け入れる必要があると思います。なので個人的には「衰えた」という印象は全くありません。それでも春秋マイル連覇のインディチャンプには先着と、マイル適正と東京2000mの適正は折り紙付き。休み明け初戦ですし、普通に走れば好走は必至でしょう。クロノジェネシスとの勝負付けは済んでいませんが、適正は間違いなく上なはず。史上初の八冠、期待してます。

7枠10番 スカーレットカラー 牝5

[△]

【基本データ】
血統
父 ヴィクトワールピサ(日本 Tサンデー系)
母父 ウォーエンブレム(米国 ミスプロ系)
東京成績[1-0-0-2]
右回り[1-5-2-7]
左回り[2-0-0-3]
前走[クイーンS]
前走の人気/着順/上がり[1人/3着/1位]
騎手・斤量[岩田康/56]
脚質[差し/後方]
外厩[大山ヒルズ]
【評価】
基礎能力[B]
血統適正[B+]
コース、舞台適性[B+]
調教[A]
コメント
父ヴィクトワールピサに母父はウォーエンブレム。ダートでも通用しそうなパワーとスピードに長けている血統。ミスプロのクロス持ちなのも良いですね。ただ、血統としては非根幹距離に強いので(実際アイルランドとクイーンSで好走)、そこだけ割引き。斤量ハンデありますし、マイル実績があり上がりが使えるタイプは怖いかなと思います。あんまり後ろからだと厳しいですが……一応抑えておいた方が良さそうな雰囲気を感じます。

8枠11番 ダノンプレミアム 牡5

[△]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 インティカブ(欧州 ロベルト系)
東京成績[1-1-0-3]
右回り[4-1-1-0]
左回り[2-1-0-3]
前走[安田記念]
前走の人気/着順/上がり[4人/13着/6位以下]
騎手・斤量[川田/58]
脚質[先行]
外厩[ケイアイF千葉]
【評価】
基礎能力[A]
血統適正[A]
コース、舞台適性[A]
調教[B+]
コメント
去年の2着馬が7番人気……?(土曜日21:00現在)
この人気ならぜひ抑えましょう。去年好走しているので適正は言うまでもないですが、父ディープに母父はインティカブ。インティカブはロベルト系ですが母系全体で見るとダンチヒの血が強いので、実績通りのマイル向き。気になるのは「衰え」ですが、それこそダンチヒは得意な条件なら簡単に巻き返す血統。安田記念の敗戦だけで見限るのは早いと思います。前哨戦に強いダノンですが、これが前哨戦のようなものなので大丈夫。

8枠12番 ジナンボー 牡5

[-]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 キングカメハメハ(欧州 キングマンボ系)
東京成績[3-0-0-3]
右回り[1-0-1-2]
左回り[3-2-0-3]
前走[新潟記念]
前走の人気/着順/上がり[3人/2着/6位以下]
騎手・斤量[Mデムーロ/58]
脚質[先行]
外厩[在厩調整]
【評価】
基礎能力[B]
血統適正[A]
コース、舞台適性[B+]
調教[B]
コメント
皆さんご存知三冠馬×三冠牝馬血統。ディープにキンカメ、さらにデピュティミニスター持ちなので東京2000mは得意なはず。逃げ馬不在なので、逃げを打つ可能性もありますね。正直G1で来るイメージがあんまり湧かないのですが、展開と適正的には怖い馬になると思います。小頭数ですし、人気的にも抑えておいた方が良いかも。

最終見解

◎ 9 アーモンドアイ
〇 4 ダノンキングリー
▲ 7 クロノジェネシス
△ 8 キセキ
△ 10 スカーレットカラー
△ 11 ダノンプレミアム
☆ 3 ダイワキャグニー

結論。この天皇賞秋を勝負レースにしてはいけない!!
小頭数でオッズが低いのに、クロノジェネシスのパフォーマンスが読めなさすぎて普通に難しいやつです。
高速馬場では全然太刀打ちできない可能性もあるし、リスグラシューのように覚醒していたら頭まであるという……( ˙꒳​˙ )

ただ、そう言っていても仕方ないので……本命はアーモンドアイ
去年の勝ち方が鮮烈すぎます。東京2000~2400mならアイちゃんが一番強いと信じているので本命です。

対抗はダノンキングリー。今回好走しないなら、血統的に今後推し辛いですね。状態面に不安はありますが、適正はばっちりだと思います。

穴はダイワキャグニー。先行できる東京巧者ということで、無難な指名かなと。
正直他は何が来てもおかしくないというか、評価的には団子です。消したブラピやカデナも普通に走りそうなので、ある程度点数は絞って少額で勝負しようかなと思います。

最終的な買い目はレース前にTwitterにて公開しています。
ではでは、天皇賞秋を楽しみましょう|・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。