2020年 秋華賞【重賞予想】

お疲れ様です、賽目です。
今週末は牝馬三冠目、秋華賞が行われます!!

今年は史上初となる無敗の三冠牝馬が誕生しようとしていることもあり、ボルテージが非常に高くなっております。

とはいえ自分には大好きなクラヴァシュドールもいますからね。まだまだ諦めてはいません!

では、2020年秋華賞の展望を予想していきましょう!

【賽目の反省部屋】2020年スプリンターズS

秋華賞の特徴

コース参考:JRA

舞台は京都芝2000m。スタートはスタンド前から行われ、第一コーナーまでは約300mと短いですが、基本的に枠順の有利不利が少ないコース形態です
そして、京都なので向こう正面には上り坂があります。坂を登りきった後はずっと下り坂となり、最後の直線が平坦になっているため、逃げ・先行策を取っている馬の勢いが衰えにくいのが特徴。最近だと、エリ女で3年連続2着のクロコスミアがこの坂を上手く利用している印象があります。

しかし、上級条件になればなるほどペースが上がりやすくなるのも特徴です。近年では京都の芝が重くなっていることも相まって、位置取りよりも「速いペースと重い芝に対応できるタフさ」が求められるようになっています。
最近の秋華賞は雨の影響が強く、今年も土曜日が雨となっています。日曜日に晴れても、パンパンの良馬場にはならないハズ。

また、秋華賞もとい京都2000mは各馬が力を発揮しやすいフェアなコース。
「人気通りに走る」という意味ではなく、オークスや前哨戦で相性が合わずに大敗した馬でも、実力があるなら見限るのは早いということです。
去年で言うとシゲルピンクダイヤですね。今思えば何で10番人気だったのか……

ちなみに、秋華賞の特徴ではありませんが、同じ2冠牝馬として秋華賞へ挑んだアーモンドアイとデアリングタクトの共通点についても一考の余地があると思っています。
2頭の共通点は、圧倒的な強さを誇る差し馬であること。私はそれによって、前へのマークが手薄になるのでは?と考えています。

実は、アーモンドアイが出走するレースでは、高確率で前が残っています。面白いことに、ここまでデアリングタクトにも同じ現象が起きているのです。

【2018桜花賞】
2着 ラッキーライラック(3-3)
【2020桜花賞】
2着 レシステンシア(2-2)
3着 スマイルカナ(1-1)
【2018】オークス
2着 リリーノーブル(3-3-3-3)
【2020】オークス
2着 ウインマリリン(2-2-2-4)
【2018】秋華賞
ミッキーチャーム(1-1-1-1)
【2020】秋華賞
→????

血統分析 (5年)

2019年 秋華賞
天候:晴れ/芝状態:稍重/馬場:やや掛かる/タイム:1:59.9
馬名母父
1 クロノジェネシス 牝3バゴ(欧州 レッドゴッド系)クロフネ(米国 ヴァイスリージェント系)
通過 6-7-5-5
2 カレンブーケドール 牝3ディープインパクト(日本 ディープインパクト)スキャットダディ(米国 ストームバード系)
通過 6-8-8-7
3 シゲルピンクダイヤ 牝3ダイワメジャー(日本 Pサンデー系)ハイシャパラル(欧州 サドラーズウェルズ系)
通過 14-14-14-11
2018年 秋華賞
天候:晴れ/芝状態:良/馬場:やや早い/タイム:1:58.5
馬名母父
1 アーモンドアイ 牝3ロードカナロア(欧州 キングマンボ系)サンデーサイレンス(日本 サンデー系)
通過 11-11-11-12
2 ミッキーチャーム 牝3ディープインパクト(日本 ディープ系)ダンシリ(欧州 ダンチヒ系)
通過 1-1-1-1
3 カンタービレ 牝3ディープインパクト(日本 ディープ系)ガリレオ(欧州 サドラーズウェルズ系)
通過 11-12-13-12
2017年 秋華賞
天候:雨/芝状態:重/馬場:掛かる/タイム:2:00.2
馬名母父
1 ディアドラ 牝3ハービンジャー(欧州 ダンチヒ系)スペシャルウィーク(日本 Tサンデー系)
通過 14-15-13-9
2 リスグラシュー 牝3ハーツクライ(日本 Tサンデー系)アメリカンポスト(米国 ネイティヴダンサー系)
通過 12-11-9-6
3 モズカッチャン 牝3ハービンジャー(欧州 ダンチヒ系)キングカメハメハ(欧州 キングマンボ系)
通過 5-5-4-2
2016年 秋華賞
天候:晴れ/芝状態:良/馬場:高速/タイム:1:58.6
馬名母父
1 ヴィブロス 牝3ディープインパクト(日本 ディープ系)マキャヴェリアン(米国 ミスプロ系)
通過 9-9-8-8
2 パールコード 牝3ヴィクトワールピサ(日本 Tサンデー系)ロストコード(欧州 リボー系)
通過 7-5-7-6
3 カイザーバル 牝3エンパイアメーカー(米国 ミスプロ系)サンデーサイレンス(日本 サンデー系)
通過 7-5-5-5
馬名母父
2015年 秋華賞
天候:/芝状態:/馬場:/タイム:
馬名母父
1 ミッキークイーン 牝3ディープインパクト(日本 ディープ系)ゴールドアウェイ(欧州 ヌレイエフ系)
通過 8-8-8-6
2 クイーンズリング 牝3マンハッタンカフェ(日本 Tサンデー系)アナバー(欧州 ダンチヒ系)
通過 12-13-14-14
3 マキシマムドパリ 牝3キングカメハメハ(欧州 キングマンボ系)サンデーサイレンス(日本 サンデー系)
通過 5-6-5-3
血統傾向まとめ
基本的なスピードの持続力に加え、パワーとタフさを強調させる欧州血統が活躍。特に近年の秋華賞はタフさ、パワーが必要になります。
また、内回りコースを使用するため、サンデー系(ヘイロー)の機動力の高さも大切な要素。

全頭診断

【◎1頭 〇1頭 ▲1頭 △3頭 ☆1頭】
評価【S/A/A/A-/B+/B/B-/C/D】

☆基礎能力……舞台や相手関係を無視した馬本来の能力を推測。主に同世代と比較します。
☆血統適正……血統傾向と照らし合わせて、どれくらいの適正があるかを予想。
☆コース、舞台適性……実績やその馬のタイプから、今回の舞台にどれだけ適正があるかを予想。
☆調教……タイムはそこまで重視せず、走り方や動き、前回との比較で体調の良さを予想。

1枠1番 ミヤマザクラ 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 ミスターグリーリー(米国 ミスプロ系)
京都成績[0-1-0-0]
右回り[1-1-0-2]
左回り[1-0-0-1]
前走[オークス]
前走の人気/着順/上がり[4番人気/7着/6位以下]
騎手・斤量[福永/55]
脚質[先行/中団]
外厩[NFしがらき]
【賽目評価】
基礎能力[B+]
血統適正[B]
コース、舞台適性[B]
調教[B+]
コメント
秋の桜を満開にすべく、NFしがらきを経てオークスから直行。安定感があり内枠を引いたことで人気していますが、個人的には少し疑問視です。
血統背景としては、父ディープインパクトに母父ミスターグリーリーのスピード血統で、本来はマイル向きなはず。一応母母父がフェアウェイ系なのでステイヤー血統も入ってはいますが薄い。オークスでは推しましたが、今の京都ではちょっと割引き。

1枠2番 リアアメリア 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 ロックポートハーバー(米国 ミスプロ系)
京都成績[初]
右回り[1-0‐0‐2]
左回り[2‐0‐0‐1]
前走[ローズS]
前走の人気/着順/上がり[3番人気/1着/6位]
騎手・斤量[川田/55]
脚質[先行]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
基礎能力[A]
血統適正[B]
コース、舞台適性[B]
調教[B+]
コメント
ローズSは圧巻の内容で名誉挽回。調整を見るに、クラシック組で夏の間一番乗り込んできたのはリアアメリア。「なんとしても復権を」という意気込みが伝わってきます。夏に鬼特訓をして秋に戴冠、というストーリーはビワハヤヒデを彷彿とさせますね。ただ、血統を見ても実績を見てもかなりのスピード馬。オークスのように高速馬場で直線の長いコースが向いているハズ。それに加え反動を受けやすい血統と中内田厩舎ということもあり、ローズSで全力を出しきっている可能性は大いにあり。どうしても去年のダノンファンタジーとイメージが被ります。

2枠3番 マルターズディオサ 牝3

[△]

【基本データ】
血統
父 キズナ(日本 ディープ系)
母父 グランドスラム(米国 ミスプロ系)
京都成績[初]
右回り[3-1‐0‐1]
左回り[1-1‐0‐1]
前走[紫苑S]
前走の人気/着順/上がり[5番人気/1着/6位以下]
騎手・斤量[田辺/55]
脚質[先行]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
基礎能力[A]
血統適正[B+]
コース、舞台適性[B+]
調教[A]
コメント
紫苑Sで復活……というよりは、メンバーを考えれば当然(だと思っています)。阪神JFとチューリップ賞で見せた勝負根性は本物です。キズナ×グランドスラムという血統で、前へ前へという積極性が上手く出ていますね。ただディオサも仕上がりが早いので、紫苑Sよりパフォーマンスが上がるかは微妙。先行馬の中では推したいですが、京都の内が乾かないようなら少し危険か。

2枠4番 ホウオウピースフル 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 オルフェーヴル(日本 Tサンデー系)
母父 キングカメハメハ(欧州 キングマンボ系)
京都成績[初]
右回り[1‐0‐0‐1]
左回り[1‐1‐0‐1]
前走[紫苑S]
前走の人気/着順/上がり[4番人気/13着/6位以下]
騎手・斤量[池添/55]
脚質[中団/差し]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
基礎能力[B]
血統適正[B+]
コース、舞台適性[B+]
調教[B+]
コメント
前走の紫苑Sはスローペースで大敗。フローラSではハイペースで2着という実績を踏まえると、秋華賞には向きそうですね。フローラSではマリリンが飛ばし、自身は向こう正面で掛かりまくり、最後の直線では揉まれに揉まれて2着と見どころがめっちゃある内容だったと思います。鞍上も池添さんですし、抑えておいた方がよさそう。ただ、デアリングタクトのマークに付くと思っているので、まともに競馬をさせてくれるかは不明。

3枠5番 ウインマイティー 牝3

[〇]

【基本データ】
血統
父 ゴールドシップ(日本 Tサンデー系)
母父 カコイーシーズ(米国 レイズアネイティヴ系)
京都成績[1-1-0-1]
右回り[3-1-0-3]
左回り[0-0-1-0]
前走[紫苑S]
前走の人気/着順/上がり[2番人気/6着/1位]
騎手・斤量[和田/55]
脚質[中団/差し]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
基礎能力[A]
血統適正[A]
コース、舞台適性[A]
調教[A]
コメント
前走の紫苑Sでは出遅れ+スローペースからの上がり最速を叩きだして6着。正直、めちゃくちゃ強い内容だと思います。後ろが全滅する中で1頭だけ突っ込んできましたからね……。血統はゴールドシップ×カコイーシーズで、父の力強さと母系(レイズアネイティヴ)のスピードを上手く引き継いでいる印象があります。叩いた方が良いタイプですし、ゴールドシップ産駒自体が京都(というより平坦な直線)を得意としているので、ここは期待しています。
また、調教で跨った和田さんが「アーモンドアイみたい」と言っていましたね。実際、インタビューなどを見る限り関係者からの評判はすこぶる良いみたいです。

3枠6番 ダンツエリーゼ 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 キズナ(日本 ディープ系)
母父 アグネスデジタル(米国 ミスプロ系)
京都成績[0-0-0-1]
右回り[0-0-0-1]
左回り[0-0-0-0]
前走[3歳以上2勝クラス]
前走の人気/着順/上がり[1番人気/1着/1位]
騎手・斤量[太宰/55]
脚質[追い込み]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
基礎能力[?]
血統適正[?]
コース、舞台適性[?]
調教[B-]
コメント
今までダートを走っていましたが、ここに来てデビュー以来の芝に挑戦。父キズナに母系はミスプロのクロス持ちなので、正直ダートの方が良いと思います。
芝の戦績が少なすぎて、流石に評価のしようがないと言いますか……。

4枠7番 ムジカ 牝3

[△]

【基本データ】
血統
父 エピファネイア(欧州 ロベルト系)
母父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
京都成績[1-2-1-2]
右回り[1-3-3-2]
左回り[0-1-0-0]
前走[ローズS]
前走の人気/着順/上がり[14番人気/2着/2位]
騎手・斤量[秋山真/55]
脚質[差し]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
基礎能力[B]
血統適正[A]
コース、舞台適性[B+]
調教[B]
コメント
前走のローズSはスローペースの中で脚を伸ばし2着に。未勝利戦ではあるものの、ハイペースにも対応してきているので面白い存在。そして何と言ってもサドラーズウェルズとヘイローのクロス持ちという点が魅力的ですね。タフさと機動力に優れるタイプだと思うので、今回も期待できそうです。

4枠8番 ソフトフルート 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 キングマンボ(キングマンボ系)
京都成績[1-0-0-1]
右回り[1-0-1-3]
左回り[2-0-1-1]
前走[夕月特別]
前走の人気/着順/上がり[1番人気/1着/1位]
騎手・斤量[藤岡康/55]
脚質[先行/中団]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
基礎能力[B-]
血統適正[B]
コース、舞台適性[B]
調教[B]
コメント
近走で勝利を挙げた夕月特別と町田特別は、どちらもスローペースかつ高速馬場。上がりも使えていて良い競馬をしていますが、今回の条件には向かない気がします。
血統的にも父ディープインパクトで母系はミスプロのクロスにストームバード持ち。稍重~重だと結果を出せていないのも気になります。

5枠9番 サンクテュエール 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 カナディアンフロンティア(米国 ミスプロ系)
京都成績[1-0-0-0]
右回り[1-0-0-1]
左回り[1-1-0-1]
前走[オークス]
前走の人気/着順/上がり[5番人気/13着/6位以下]
騎手・斤量[ルメール/55]
脚質[中団/差し]
外厩[NF天栄]
【賽目評価】
基礎能力[B+]
血統適正[B+]
コース、舞台適性[B+]
調教[B]
コメント
ルメールがレイパパレを優先していたのは気になりますが、実力はある一頭。シンザン記念はタフな馬場でしたし、泥んこの桜花賞もそれなりに走っていますので馬場適正的にも侮れません。ディープインパクト×カナディアンフロンティア(ゴーンウエスト)ですが、母系にサドラーもいますからね。差しが届く展開になれば怖い存在です。ただ、この馬もデアリングタクトをマークするのではと思っています。

5枠10番 クラヴァシュドール 牝3

[▲]

【基本データ】
血統
父 ハーツクライ(日本 Tサンデー系)
母父 ジャイアントコーズウェイ(米国 ミスプロ系)
京都成績[初]
右回り[1-1-1-1]
左回り[0-1-0-2]
前走[ローズS]
前走の人気/着順/上がり[2番人気/5着/6位以下]
騎手・斤量[Mデムーロ/55]
脚質[先行]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
基礎能力[A]
血統適正[B]
コース、舞台適性[B]
調教[B+]
コメント
20年世代の最推し。前走のオークスは絶好の位置取りだったのに直線で全く伸びずに15着……。ハーツクライ産駒であのパフォーマンスは不可解なので、おそらく母系のストームバードクロスが強すぎるのかなと思いました。本来ハーツに米国って相性良いんですけどね。とはいえ得意の右回りに戻るので期待したいところ。枠も良い感じでしょう。ペースが上がるので無理やり前に行かなくても良いです。最後の一冠で目にもの見せてやりましょう。レシステンシアのハイペースにちゃんと付いていけたこと、忘れてないよ。

6枠11番 フィオリキアリ 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 キズナ(日本 ディープ系)
母父 サクセスフルアピール(米国 マッチェム系)
京都成績[1-0-0-0]
右回り[2-1-0-1]
左回り[1-0-0-5]
前走[ローズS]
前走の人気/着順/上がり[7番人気/8着/6位以下]
騎手・斤量[北村友/55]
脚質[自在]
外厩[大山ヒルズ]
【賽目評価】
基礎能力[B]
血統適正[B+]
コース、舞台適性[B+]
調教[B+]
コメント
父キズナに母系にマッチェム、ミスプロを内包するスピード血統。それでいて重馬場の成績がよく、桜花賞でも14番人気で7着、上がり3位と好走。タフな展開自体は嫌いじゃないはず。ローズSの展開通りにはならないはずなので、逆転はあり得ます。懸念点はやっぱり距離ですね。

6枠12番 マジックキャッスル 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 シンボリクリスエス(欧州 ロベルト系)
京都成績[0-1-0-0]
右回り[1-2-0-2]
左回り[0-1-0-1]
前走[紫苑S]
前走の人気/着順/上がり[6番人気/4着/2位]
騎手・斤量[大野/55]
脚質[差し/追い込み]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
基礎能力[B+]
血統適正[B+]
コース、舞台適性[B]
調教[B]
コメント
オークスでは非常に良い脚を使いました。差し有利になった時に怖い存在ですが、紫苑Sオークス好走で桜花賞大敗となると、自分が求めている能力とは少しズレます。外差し展開なら枠も良いですし、来ても仕方ないですね。

7枠13番 デアリングタクト 牝3

[◎]

【基本データ】
血統
父 エピファネイア(欧州 ロベルト系)
母父 キングカメハメハ(欧州 キングマンボ系)
京都成績[2-0-0-0]
右回り[3-0-0-0]
左回り[1-0-0-0]
前走[オークス]
前走の人気/着順/上がり[1番人気/1着/1位]
騎手・斤量[松山/55]
脚質[差し]
外厩[宇治田原優駿S]
【賽目評価】
基礎能力[S]
血統適正[A]
コース、舞台適性[A]
調教[A]
コメント
正直逆らおうかなと考えていましたが、抽選と枠順を見て観念しました。十中八九勝つと思います。あの泥んこ桜花賞を力で押し切り、オークスは包囲網に苦しみながらも無理やりこじ開けて勝利。力差で考えたら、他馬より2枚3枚上だと思います。それこそオークスは、スムーズに運べていればもっと着差がついたはず。京都は直線が短いですし、包囲網敷かれたら分からないなと思ったのですが、このメンバーと枠順ではオークスより強固なのは難しいでしょうね。無敗の三冠、期待してます。

7枠14番 オーマイダーリン 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 モンズン(欧州 スターリング系)
京都成績[1-1-1-1]
右回り[1-3-2-2]
左回り[1-0-1-1]
前走[ローズS]
前走の人気/着順/上がり[11番人気/3着/6位以下]
騎手・斤量[幸/55]
脚質[差し]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
基礎能力[B+]
血統適正[B+]
コース、舞台適性[B]
調教[B+]
コメント
ここまで非常に安定していますね。使いすぎとの声もありますが、モンズンにサドラーなら使って良くうちに良くなるような気もします。印打たないのはちょっと怖いですが、出遅れ癖もあるので印は打ちにくいですね。

7枠15番 ミスニューヨーク 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 キングズベスト(欧州 キングマンボ系)
母父 マンハッタンカフェ(日本 Tサンデー系)
京都成績[0-0-1-1]
右回り[3-0-2-2]
左回り[0-0-0-0]
前走[紫苑S]
前走の人気/着順/上がり[8番人気/5着/6位以下]
騎手・斤量[長岡/55]
脚質[先行/中団]
外厩[宇治田原優駿S]
【賽目評価】
基礎能力[B]
血統適正[B+]
コース、舞台適性[B+]
調教[B+]
コメント
戦績にも表れていますが、母父マンハッタンカフェが強すぎる印象。父がキングマンボなので、母系が強めに出ているのかもしれません。1400、1800の非根幹距離は全て馬券内、1600、2000の根幹距離は全て馬券外と極端ですね。道悪自体は強いのですが、京都2000mがベストパフォーマンスじゃない可能性は高め。

8枠16番 パラスアテナ 牝3

[☆]

【基本データ】
血統
父 ルーラーシップ(欧州 キングマンボ系)
母父 スペシャルウィーク(日本 Tサンデー系)
京都成績[初]
右回り[1-1-0-1]
左回り[1-0-0-0]
前走[紫苑S]
前走の人気/着順/上がり[10番人気/2着/6位]
騎手・斤量[坂井/55]
脚質[中団/差し]
外厩[松風馬事センター]
【賽目評価】
基礎能力[B+]
血統適正[B+]
コース、舞台適性[B+]
調教[B+]
コメント
ハイペースに苦戦する可能性はありますが、それでも休み明けの紫苑Sで好走できたのは非常にプラス。父ルーラーシップは叩き良化型の血統なので、上積みは十分に見込めます。母系にニジンスキーとサドラーズウェルズを持っているのも良いですね。枠もむしろ今は外の方が良いです。10番人気以下なら、かなり買い要素のある馬だと思います。

8枠17番 ウインマリリン 牝3

[△]

【基本データ】
血統
父 スクリーンヒーロー(欧州 ロベルト系)
母父 フサイチペガサス(米国 ミスプロ系)
京都成績[0-0-0-0]
右回り[2-0-0-1]
左回り[1-1-0-0]
前走[オークス]
前走の人気/着順/上がり[7番人気/2着/5位]
騎手・斤量[横山武/55]
脚質[先行]
外厩[コスモヴューF]
【賽目評価】
基礎能力[A]
血統適正[A]
コース、舞台適性[A]
調教[B+]
コメント
元々強い馬ですが、オークスでは流石の騎乗で2位入線。血統背景ではダンチヒとヘイローのクロスを持っているので、実力血統ともに非常に推したい一頭。ですが、やっぱり調整過程は無視できません。9月の時点でまだ怪我してましたからね……。今回は怪我明けで、乗り込みも十分ではありません。万全の状態なら対抗にしたいほどですが、次のレースの叩きと見るのが自然かもしれません。枠の不利は特にないと思います。

8枠18番 アブレイズ 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 キズナ(日本 ディープ系)
母父 ジャングルポケット(欧州 グレイソヴリン系)
京都成績[1-0-0-0]
右回り[2-0-0-0]
左回り[0-0-0-2]
前走[ローズS]
前走の人気/着順/上がり[6番人気/12着/6位以下]
騎手・斤量[藤井勘/55]
脚質[先行]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
基礎能力[B]
血統適正[B+]
コース、舞台適性[B+]
調教[B+]
コメント
オークスとローズSでは流石にパフォーマンスを落としすぎなので、距離とコース形態が合わないのだと思います。キズナ×ジャングルポケットで何で東京向かないんだって気もしますけど……。ただ、京都2000mでの上積みは見込めます。右回りの方が得意な説もあるので、人気以上には期待できると思います。

最終見解

◎ 13 デアリングタクト
〇 5 ウインマイティー
▲ 10 クラヴァシュドール
△ 3 マルターズディオサ
△ 7 ムジカ
△ 17 ウインマリリン
☆ 16 パラスアテナ

流石に◎はデアリングタクトです。何かアクシデントが起きない限りは大丈夫でしょう。桜花賞とオークスを観返せば観返すほど、一頭だけおかしい競馬してます。

〇はウインマイティー。ハナを主張する必要もないですし、落ち着いて馬場の良いところで耐えていればチャンスが来るはず。血統、状態、展開を加味して2番手評価です。
▲はクラヴァシュドール。これはもう愛です。信じます。好走して馬券外すのは絶対に嫌ですから( ˙꒳​˙ )
穴目で期待しているのは☆パラスアテナ。前走のパフォーマンスと血統面で非常に魅力的ですね。枠も良いです。

あと、印は打ってませんがオーマイダーリンが気になります。スプリンターズSのように外からそっと差してきそう。
というか、もう外全員怪しいので7枠から678枠に枠連買おうかしら( ´・ω・`)

ちょっと前に行きたい馬が多いんですよね。
例年通りハイペースになりそうなので、先行勢がおそらく厳しいです。やっぱりデアリングタクトとウインマイティーは外せませんね。
ハイペースと重馬場に耐えられる馬を中心に馬券を買っていきます。
リアアメリアが普通に覚醒してたら僕の負けですね( ˙꒳​˙ )

ちなみに最終的な買い目は、Twitterで掲載しています|・ω・)ノ

ではでは、秋華賞を楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。