2020 桜花賞【重賞予想】

お疲れ様です、賽目です。
今週末は牝馬クラシック第一弾、桜花賞が行われます!

今年は非常にレベルの高い面々が集まり、「過去のデータが通用しないのでは……?」と恐れている次第です。

女王レシステンシアだけでなく、ずっと一緒に好走してきたマルターズディオサクラヴァシュドール
かつて絶対的に信頼されていたリアアメリア、近年流行りの異例ローテで参戦するサンクテュエール、完全に未知の領域デアリングタクト

わくわくして参りましたね٩( ‘ω’ )و

第80回 桜花賞、開幕です!!

【賽目の反省部屋】大阪杯

傾向分析:血統(5年)

2019年 桜花賞
天候:晴れ/馬場状態:良/時計:速い/タイム:1:32.7
馬名母父
1 グランアレグリア 牝3ディープインパクト(日本 ディープ系)タピット(米国 エーピーインディ系)
2 シゲルピンクダイヤ 牝3ダイワメジャー(日本 Tサンデー系)ハイシャパラル(欧州 サドラーズウェルズ系)
3 クロノジェネシス 牝3バゴ(欧州 レッドゴッド系)クロフネ(米国 ヴァイスリージェント系)
2018年 桜花賞
天候:晴れ/馬場状態:良/時計:速い/タイム:1:33.1
馬名母父
1 アーモンドアイ 牝3ロードカナロア(欧州 キングマンボ系)サンデーサイレンス(日本 サンデー系)
2 ラッキーライラック 牝3オルフェーヴル(日本 Tサンデー系)フラワーアレイ(米国 フォーティナイナー系)
3 リリーノーブル 牝3ルーラーシップ(欧州 キングマンボ系)クロフネ(米国 ヴァイスリージェント系)
2017年 桜花賞
天候:曇り/馬場状態:稍重/時計:掛かる/タイム:1:34.5
馬名母父
1 レーヌミノル 牝3ダイワメジャー(日本 Tサンデー系)タイキシャトル(欧州 ヘイロー系)
2 リスグラシュー 牝3ハーツクライ(日本 Tサンデー系)アメリカンポスト(米国 ネイティヴダンサー系)
3 ソウルスターリング 牝3フランケル(欧州 サドラーズウェルズ系)モンズン(欧州 スターリング系)
2016年 桜花賞
天候:晴れ/馬場状態:良/時計:速い/タイム:1:33.4
馬名母父
1 ジュエラー 牝3ヴィクトワールピサ(日本 Tサンデー系)ピストレブルー(欧州 デリングドゥ系)
2 シンハライト 牝3ディープインパクト(日本 ディープ系)シングスピール(欧州 サドラーズウェルズ系)
3 アットザシーサイド 牝3キングカメハメハ(欧州 キングマンボ系)アグネスタキオン(日本 Pサンデー系)
馬名母父
2015年 桜花賞
天候:晴れ/馬場状態:良/時計:掛かる/タイム:1:36.0
馬名母父
1 レッツゴードンキ 牝3キングカメハメハ(欧州 キングマンボ系)マーベラスサンデー(日本 Lサンデー系)
2 クルミナル 牝3ディープインパクト(日本 ディープ系)キャンディストライプス(欧州 レッドゴッド系)
3 コンテッサトゥーレ 牝3ディープインパクト(日本 ディープ系)トニービン(欧州 グレイソヴリン系)
血統傾向まとめ
絶対スピードの高さや、仕上がりの早さが重視される血統が好成績。
基本的にはディープインパクト、Tサンデー系の主流血統に米国の速い血が王道。
欧州血統も目立ちますが、ソウルスターリングを除いてはサンデー系や米国の速い血との組み合わせになっています。

傾向分析:戦績(5年)

5年間で馬券になった馬たちの特徴を計測していきます。

前走ステップ(3着以内馬)

チューリップ賞【10】
フィリーズL【2】
朝日杯FS【1】
クイーンC【1】
シンザン記念【1】

前走の上がり(3着以内馬)

1位【6】
2位【3】
3位【3】
4~5位【0】
6位以下【3】

前走の着順(3着以内馬)

1着【5】
2着【4】
3着【4】
4~5着【0】
6~9着【1】
10着以下【1】

同コースの最高成績(3着以内馬)

※1着1回2着1回などの場合は1着としてのみカウントします
1着【4】
2着【6】
3着【2】
掲示板入線【1】
凡走【2】
初出走【1】

同競馬場の最高成績(3着以内馬)

1着【4】
2着【6】
3着【3】
掲示板入線【0】
凡走【2】
初出走【1】

傾向分析:レース内容(5年)

道中の位置取り(3着以内馬)

1番手【1】
2~5番手【4】
6~11番手【6】
12番手以下【4】

上がり(3着以内馬)

1位【3】
2位【2】
3位【4】
4~5位【5】
6位以下【1】

騎手(3着以内馬)

ルメール【4】
池添【3】
和田【1】
北村友【1】
石橋【1】
川田【1】
武豊【1】
福永【1】
岩田康【1】
M.デムーロ【1】

枠順(3着以内馬)

1枠【2】
2枠【1】
3枠【2】
4枠【2】
5枠【3】
6枠【1】
7枠【3】
8枠【1】

沈んでしまった人気馬

2017 7枠15番 アドマイヤミヤビ 牝3 M.デムーロ(12着/2人)

出遅れて後方からのスタート。相手強化、鞍上テン乗り、前残りの展開が敗因として挙げられます。
【参考】前走:クイーンC(1着/上がり1位) 脚質:中団/差し
父 ハーツクライ(日本 Tサンデー系)
母父 クロフネ(米国 ヴァイスリージェント系)

2016 3枠5番 メジャーエンブレム 牝3 ルメール(4着/1人)

単勝1.5倍の断然人気でしたが、惜しくも4着。逃げ脚を活かせず包まれる展開が痛かった。枠も影響?
【参考】前走:クイーンC(1着/上がり3位) 脚質:逃げ/先行
父 ダイワメジャー(日本 Tサンデー系)
母父 オペラハウス(欧州 サドラーズウェルズ系)

2015 4枠8番 ルージュバック 牝3 戸崎(9着/1人)

こちらも単勝1.6倍の断然人気で凡走。時計の掛かる馬場、阪神(関西)が合わなかったか。
【参考】前走:きさらぎ賞(1着/上がり1位) 脚質:中団/差し
父 マンハッタンカフェ(日本 Tサンデー系)
母父 オーサムアゲイン(米国 ヴァイスリージェント系)

戦績・レース傾向まとめ
ステップ傾向はチューリップ賞組が圧倒的(10/15)。阪神1600mを経験しているかが大きく影響するようで、阪神1600mを未経験で馬券内に来た馬は、5年間でアーモンドアイのみ。3冠牝馬クラスでない限り、阪神1600m経験は必須と言えます。
去年のダノンファンタジーを除き、馬券外に飛んだ人気馬はチューリップ賞以外のステップから。

そして、チューリップ賞では重馬場だった2015年を除くと全員が3着以内の成績。特別な条件が無い限り基本的に4着以下は軽視するべきか。

騎手ではルメールJが5年で4回馬券に絡んでいます(他1回も4着)。軸として信頼できそう。
脚質は差しが優勢。6番手以下で競馬を進めた馬が10/15、12番手以下も4頭絡んでいます。逆に逃げ切ったのは、時計の掛かる馬場だった2015年のレッツゴードンキのみ。高速馬場なら、基本的には逃げ残れない傾向にあります。

傾向から読み解く推奨データ

☆チューリップ賞組(10/15)
☆チューリップ賞3着以内(8/15)
☆阪神1600m経験有り(14/15)
☆阪神1600m3着以内経験有り(11/15)
☆前走上がり3位以内(12/15)
☆前走3着以内(13/15)
☆ルメールJ(4/5)

桜花賞:全頭診断

【◎1頭 〇1頭 ▲1頭 △3頭 ☆1頭】
評価【S/A/A/A-/B+/B/B-/C/D】

1枠1番 ナイントゥファイブ 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 スクリーンヒーロー(欧州 ロベルト系)
母父 ブルエアフォース(欧州 ロベルト系)
阪神成績[1-0-1-1]
右回り[1-1-1-1]
左回り[0-0-0-1]
騎手・斤量[松田・55]
脚質[先行]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[B]
前走からの上積み[B-]
コース適性[B]
調教[B]
コメント
欧州×欧州の血統に加え、距離延長が不安。
調教を見ても、走り方がスプリント寄りに感じます。

1枠2番 チェーンオブラブ 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 ハーツクライ(日本 Tサンデー系)
母父 ストリートクライ(米国 ミスプロ系)
阪神成績[0-0-0-1]
右回り[0-1-0-1]
左回り[1-1-0-1]
騎手・斤量[石橋・55]
脚質[差し]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[B+]
前走からの上積み[B]
コース適性[B]
調教[B+]
コメント
末脚が非常に魅力的ですが、相手が強化された前走で上がりを使えていないのはマイナス要素。
上位の相手はそのまま参戦しているので、今回は割引き。

2枠3番 スマイルカナ 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 ディストーテッドヒューマー(米国 フォーティナイナー系)
阪神成績[0-0-0-1]
右回り[2-0-0-1]
左回り[1-0-0-1]
騎手・斤量[柴田大・55]
脚質[逃げ/先行]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[B+]
前走からの上積み[B]
コース適性[B]
調教[B+]
コメント
逃げ馬で馬券になったのは時計の掛かる馬場だった2015年のみ。
今回雨が降るのであれば、軽視はできない存在。
ですが、調教を見る限りまだ幼さがあるように感じます(よそ見してて可愛かったけど)。

2枠4番 サンクテュエール 牝3

[▲]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 カナディアン(米国 ミスプロ系)
阪神成績[初]
右回り[1-0-0-0]
左回り[1-1-0-0]
騎手・斤量[ルメール・55]
脚質[先行]
外厩[ノーザンF天栄]
【賽目評価】
能力[A]
前走からの上積み[B+]
コース適性[B+]
調教[B+]
コメント
シンザン記念からの直行でルメールJ騎乗+天栄仕上げと、過程的にはアーモンドアイを彷彿とさせる馬。
前走の内容は良かったですし、この時期に牡馬と戦えるのは大きなプラス要素。
タフな馬場にも対応出来ているので、雨が降っても大崩れしなさそうです。

3枠5番 マルターズディオサ 牝3

[△]

【基本データ】
血統
父 キズナ(日本 ディープ系)
母父 グランドスラム(米国 ミスプロ系)
阪神成績[1-1-0-0]
右回り[2-1-0-0]
左回り[1-1-0-0]
騎手・斤量[田辺・55]
脚質[先行]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[A+]
前走からの上積み[B]
コース適性[A]
調教[B+]
コメント
ハイペース、スローペース関係なくレシステンシア相手に好走してきた、非常に地力の高い馬。
懸念点は前走仕上げ過ぎていたこと+今回おそらくマイナス体重なこと。
大型の馬ではないので、この時期は増えていて欲しい……調整面が上手く行っているか不安です。

3枠6番 ウーマンズハート 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 ハーツクライ(日本 Tサンデー系)
母父 シャマルダル(欧州 ストームバード系)
阪神成績[0-0-0-2]
右回り[0-0-0-2]
左回り[2-0-0-0]
騎手・斤量[藤岡康・55]
脚質[中団/差し]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[B+]
前走からの上積み[B+]
コース適性[B]
調教[B+]
コメント
力自体はあるので、2桁人気に落ちているなら買い目に入れたい1頭。
ただ、左回りの方が得意か。

4枠7番 ヒルノマリブ 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 ゴールドアリュール(日本 Dサンデー系)
母父 シアトルダンサーII(欧州 ニジンスキ―)
阪神成績[初]
右回り[2-1-1-1]
左回り[-]
騎手・斤量[北村友・55]
脚質[先行/中団]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[B]
前走からの上積み[B-]
コース適性[B]
調教[B]
コメント
走り方が力強く、ゴールドアリュール産駒という事で、ダート向きに見えます。
雨はプラスに働くはず。

4枠8番 リアアメリア 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 ロックポートハーバー(米国 ミスプロ系)
阪神成績[1-0-0-1]
右回り[1-0-0-1]
左回り[1-0-0-0]
騎手・斤量[川田・55]
脚質[差し]
外厩[ノーザンFしがらき]
【賽目評価】
能力[A]
前走からの上積み[B]
コース適性[B]
調教[B+]
コメント
スローペースからの瞬発力勝負の場合、リアアメリアが優勢。
ですが、相手も強化され逃げ馬が2頭いる本番では、かなり不利になってしまうと思います。
雨もマイナス。

5枠9番 デアリングタクト 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 エピファネイア(欧州 ロベルト系)
母父 キングカメハメハ(欧州 キングマンボ系)
阪神成績[初]
右回り[2-0-0-0]
左回り[-]
騎手・斤量[松山・55]
脚質[差し]
外厩[宇治田原優駿S]
【賽目評価】
能力[A]
前走からの上積み[B]
コース適性[B]
調教[B]
コメント
前走の内容は圧倒的ながら、やはりキャリアがまだ浅すぎるかなと思います。
阪神1600の経験無し、血統も欧州×欧州と傾向からはどうしても外れます。
雨への対応力や地力の高さを考えて、紐まで。

5枠10番 フィオリキアリ 牝3

[☆]

【基本データ】
血統
父 キズナ(日本 ディープ系)
母父 サクセスフルアピール(米国 マッチェム系)
阪神成績[初]
右回り[1-1-0-0]
左回り[1-0-0-3]
騎手・斤量[藤井勘・55]
脚質[後方/差し]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[B]
前走からの上積み[B+]
コース適性[B]
調教[B-]
コメント
前走は2位と1秒差の末脚と良い内容。稍重の好走実績もあり、穴としては面白い馬。
戦績傾向としては当てはまらないが果たして。

6枠11番 クラヴァシュドール 牝3

[◎]

【基本データ】
血統
父 ハーツクライ(日本 Tサンデー系)
母父 ジャイアントコーズウェイ(米国 ストームバード系)
阪神成績[1-1-1-0]
右回り[1-1-1-0]
左回り[0-1-0-0]
騎手・斤量[M.デムーロ・55]
脚質[先行/中団]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[A]
前走からの上積み[B+]
コース適性[A]
調教[B+]
コメント
マルターズディオサと同じく、阪神JFとチューリップ賞で好走した実績は評価するべき。
それに加えて、サウジアラビアRCの好走歴もプラス要素です。
Tサンデー×ストームバードと、雨が降っても大崩れしなさそうな血統も魅力。ただ、クラヴァシュドールも上積み面は不安。

6枠12番 インターミッション 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 キングカメハメハ(欧州 キングマンボ系)
阪神成績[初]
右回り[2-0-1-0]
左回り[-]
騎手・斤量[石川・55]
脚質[先行/中団]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[B]
前走からの上積み[B-]
コース適性[B]
調教[B+]
コメント
美浦からの初遠征、馬格が不安材料。流石に400㎏前後の馬は桜花賞だと厳しい印象です。

7枠13番 マジックキャッスル 牝3

[△]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 シンボリクリスエス(欧州 ロベルト系)
阪神成績[初]
右回り[1-2-0-0]
左回り[0-1-0-0]
騎手・斤量[浜中・55]
脚質[後方/差し]
外厩[山元トレセン]
【賽目評価】
能力[B+]
前走からの上積み[B]
コース適性[B+]
調教[B+]
コメント
安定して上がりを使えている末脚は魅力的。ディープ×ロベルトと、雨に対応できそうな血統もプラス。調教もかなり良かったです。
クイーンC組が不振なのと、初阪神という面は割引。

7枠14番 ミヤマザクラ 牝3

[△]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 ミスターグリーリー(米国 ミスプロ系)
阪神成績[初]
右回り[1-1-0-1]
左回り[1-0-0-0]
騎手・斤量[福永・55]
脚質[先行]
外厩[ノーザンFしがらき]
【賽目評価】
能力[B+]
前走からの上積み[B]
コース適性[B]
調教[B+]
コメント
安定した先行力や、牡馬混合の経験はプラス要素。
しがらき仕上げ〇。調教を見ても状態は良さそうです。
今回初阪神の有力馬が多くないですかね。これで全頭来なかったら来年に活かしましょう……

7枠15番 ヤマカツマーメイド 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 ロードカナロア(欧州 キングマンボ系)
母父 グラスワンダー(欧州 ロベルト系)
阪神成績[0-1-0-1]
右回り[2-2-0-2]
左回り[0-0-0-1]
騎手・斤量[池添・55]
脚質[先行/中団]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[B+]
前走からの上積み[B]
コース適性[B+]
調教[B]
コメント
阪神JF5着、フィリーズL2着でここまで人気が無いなら買いかなと思います。池添Jも〇。
調教でフラフラしながら走っていたのが不安。

8枠16番 ケープゴッド 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 ダイワメジャー(日本 Pサンデー系)
母父 イルーシヴクオリティ(米国 ミスプロ系)
阪神成績[0-0-0-1]
右回り[3-1-0-2]
左回り[-]
騎手・斤量[岩田望・55]
脚質[中団/差し]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[B]
前走からの上積み[B-]
コース適性[B-]
調教[B]
コメント
過去に好走したのは1200mのレースのみ。相手強化もそうですが、適正距離では無いと思います。
調教は芝で行ったのでタイムは出やすいものの、それでも好時計。

8枠17番 レシステンシア 牝3

[〇]

【基本データ】
血統
父 ダイワメジャー(日本 Pサンデー系)
母父 リザードアイランド(欧州 ダンチヒ系)
阪神成績[1-0-1-0]
右回り[3-0-1-0]
左回り[-]
騎手・斤量[武豊・55]
脚質[逃げ/先行]
外厩[ノーザンFしがらき]
【賽目評価】
能力[A+]
前走からの上積み[B]
コース適性[A+]
調教[A+]
コメント
レシステンシアはとにかく絶対スピードとその維持力に長けていますので、1600mであればなるべく早めにトップスピードに持って行かないと損です。
ですが、スマイルカナの存在と枠の影響もあり、おそらく番手の競馬になると思います。この馬の100%を出せないのが不安要素。
また、前哨戦でせっかく抑える競馬をしたのに、北村Jが乗らないのもマイナス。とはいえ、このメンバー内でもモノが違います。力で押し切ってくれる運びにも期待。

8枠18番 エーポス 牝3

[-]

【基本データ】
血統
父 ジャスタウェイ(日本 Pサンデー系)
母父 スマートストライク(米国 ミスプロ系)
阪神成績[1-0-0-0]
右回り[2-0-0-2]
左回り[-]
騎手・斤量[岩田康・55]
脚質[自在]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[B+]
前走からの上積み[B]
コース適性[B]
調教[B]
コメント
前走は出遅れながらヤマカツマーメイドに快勝。稍重で好走しているのはプラス要素。
岩田Jも好調と怖い存在。

印・見解まとめ

◎ 11 クラヴァシュドール
〇 17 レシステンシア
▲ 4 サンクテュエール
△ 5 マルターズディオサ
△ 13 マジックキャッスル
△ 14 ミヤマザクラ
☆ 10 フィオリキアリ

魅力的な馬が多いですが、やはり重い印を打つのは阪神JF、チューリップ賞組から。
別路線では、データ的に信頼できるサンクテュエールを評価しています。

この時期の牝馬は、やはりまだ精神的にも肉体的にも幼さが残ります。
なので、精神力とここまでの完成度を考慮した評価です。

レシステンシア、サンクテュエール、マルターズディオサの評価は正直同じくらいで、非常に悩ましく思っています。
当日の馬場状態や、各馬の馬体重なども考えて、最終的な結論を出したいです。
買い目は、レース前にTwitterにて掲載しています|・ω・)ノ

ではでは、桜花賞を楽しみましょう!٩( ‘ω’ )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。