2020 日経新春杯【重賞予想】

京都競馬場

お疲れ様です、賽目です。
今週末はG2 日経新春杯が行われます!!

中山金杯は外してしまったので……今年2戦目、なんとか当てたいと思います٩( ‘ω’ )و

第67回 日経新春杯、開幕です!!

マチカネフクキタル&馬券本サイトの『重賞予想』予想成績一覧 中山金杯【賽目の反省部屋】中山金杯

京都芝2400m(日経新春杯)の特徴

斤量のハンデ差がある上に、コーナーを4つ曲がる長丁場なので、基本的に内枠の先行馬が有利
馬場が重く、最後の直線も短いため、パワーとスピードの持続力が求められます。
ただし、斤量では能力差を埋められないケースが多く、斤量が軽いからと言って無闇に信じるのは危険。

近年好走馬

実際に近年で好走している馬たちのデータを把握しておきましょう。
(※近2走成績、脚質は日経新春杯以前のものです)

2019年 日経新春杯

天候:晴れ 馬場状態:良

1着 グローリーヴェイズ 牡4

【血統】
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 スウェプトオーヴァーボード(米国 フォーティナイナー系)
【近2走成績】
菊花賞 京都芝3000m(5着 上がり1位)
佐渡S 新潟芝2000m(1着 上がり1位)
【騎手・斤量】M.デムーロ・55
【脚質】後方・差し
【通過】9-9-10-6
【枠順】1枠2番
【上がり】36.8(2位)
【馬体重】454㎏(+6)

2着 ルックトゥワイス 牡6

【血統】
父 ステイゴールド(日本 Tサンデー系)
母父 アルザオ(欧州 リファール系)
【近2走成績】
グレイトフルS 中山芝2500m(1着 上がり1位)
アルゼンチン共和国杯 東京芝2500m(8着 上がり3位)
【騎手・斤量】岩田康・55
【脚質】中団・差し
【通過】13-13-10-10
【枠順】5枠10番
【上がり】36.7(1位)
【馬体重】450㎏(+2)

3着 シュペルミエール 牡6

【血統】
父 ステイゴールド(日本 Tサンデー系)
母父 クロフネ(米国 ヴァイスリージェント系)
【近2走成績】
オリオンS 阪神芝2400m(1着 上がり2位)
古都S 京都芝2400m(2着 上がり1位)
【騎手・斤量】北村宏・55
【脚質】中団・差し
【通過】7-7-8-6
【枠順】3枠5番
【上がり】37.1(6位)
【馬体重】504㎏(₋2)

2018年 日経新春杯

天候:曇り 馬場状態:良

1着 パフォーマプロミス 牡6

【血統】
父 ステイゴールド(日本 Tサンデー系)
母父 タニノギムレット(欧州 ロベルト系)
【近2走成績】
グレイトフルS 中山芝2500m(1着 上がり2位)
比叡S 京都芝2200m(3着 上がり1位)
【騎手・斤量】
【脚質】先行・中団
【通過】3-3-4-3
【枠順】6枠7番
【上がり】34.4(1位)
【馬体重】452㎏(±0)

2着 ロードヴァンドール 牡5

【血統】
父 ダイワメジャー(日本 Pサンデー系)
母父 ストームキャット(米国 ストームバード系)
【近2走成績】
中日新聞杯 中京芝2000m(3着 上がり16位)
天皇賞(秋) 東京芝2000m(14着 上がり14位)
【騎手・斤量】横山典・56
【脚質】逃げ・先行
【通過】1-1-1-1
【枠順】2枠2番
【上がり】34.6(2位)
【馬体重】502㎏(₋2)

3着 ガンコ 牡5

【血統】
父 ナカヤマフェスタ(日本 Tサンデー系)
母父 シングスピール(欧州 サドラーズウェルズ系)
【近2走成績】
江坂特別 阪神芝2400m(1着 上がり6位)
3歳以上1000万下 京都ダ1800m(12着 上がり12位)
【騎手・斤量】酒井・52
【脚質】先行
【通過】2-2-2-2
【枠順】7枠9番
【上がり】34.8(3位)
【馬体重】496㎏(+2)

2017年 日経新春杯

天候:晴れ 馬場状態:稍重

1着 ミッキーロケット 牡4

【血統】
父 キングカメハメハ(欧州 キングマンボ系)
母父 ピヴォタル(欧州 ヌレイエフ系)
【近2走成績】
菊花賞 京都芝3000m(5着 上がり4位)
神戸新聞杯 阪神芝2400m(2着 上がり1位)
【騎手・斤量】和田・55
【脚質】中団・差し
【通過】4-4-3-2
【枠順】4枠5番
【上がり】36.0(6位)
【馬体重】478㎏(+6)

2着 シャケトラ 牡4

【血統】
父 マンハッタンカフェ(日本 Tサンデー系)
母父 シングスピール(欧州 サドラーズウェルズ系)
【近2走成績】
境港特別 阪神芝2200m(1着 上がり1位)
3歳以上500万下 阪神芝2400m(1着 上がり1位)
【騎手・斤量】浜中・53
【脚質】中団・差し
【通過】6-6-5-5
【枠順】3枠3番
【上がり】35.7(3位)
【馬体重】516㎏(₋2)

3着 モンドインテロ 牡5

【血統】
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 ブライアンズタイム(欧州 ロベルト系)
【近2走成績】
ステイヤーズS 中山3600m(3着 上がり1位)
アルゼンチン共和国杯 東京芝2500m(4着 上がり6位)
【騎手・斤量】シュミノ・56.5
【脚質】中団・差し
【通過】6-6-7-6
【枠順】5枠8番
【上がり】35.8(5位)
【馬体重】480㎏(₋6)

好走馬まとめ
基本的にパワーのあるTサンデー系、タフな欧州型(ロベルト中心)に加え、スピードの持続力に長けている米国型が好走傾向にあります(どちらも入っているのが理想)。
クラシック、特に菊花賞を経験している4歳馬は要注意。菊花賞で1桁着順なら地力も高いですし、冬の成長分を考えると、クラシック好走組は期待できそう。

全頭診断

【◎1頭 〇1頭 ▲1頭 △3頭 ☆1頭】
評価は【S/A/A/A-/B+/B/B-/C/D】の9段階です。

1枠1番 メロディーレーン 牝4

[☆]

【基本データ】
血統
父 オルフェーヴル(日本 Tサンデー系)
母父 モチベーター(欧州 サドラーズウェルズ系)
京都成績[0-0-2-4]
右回り[2-0-2-8]
左回り[0-0-0-2]
騎手・斤量[岩田望・49]
脚質[差し・後方]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[B]
前走からの上積み[B+]
コース適性[B]
調教[B₋]
コメント
馬体重を考えると最軽量ハンデの49㎏でもまだ重いように感じますね。
とはいえ最内に入れたので、ある程度先行出来れば面白いと思います。(いつもは後方からですが)
グローリーヴェイズ、ミッキーロケットも菊花賞5着からの制覇となっているが果たして……?

2枠2番 レッドジェニアル 牡4

[◎]

【基本データ】
血統
父 キングカメハメハ(欧州 キングマンボ系)
母父 マンハッタンカフェ(日本 Tサンデー系)
京都成績[2-0-2-1]
右回り[2-0-2-3]
左回り[0-0-0-1]
騎手・斤量[武豊・56]
脚質[中団・差し]
外厩[山元トレセン]
【賽目評価】
能力[B+]
前走からの上積み[A]
コース適性[A]
調教[A]
コメント
京都コースではしっかり上がりが使えているので相性は良いはず。
近走ではレース運びや展開の影響でエンジンがかかる前に負けていた印象。
京都を庭とする武豊騎手に乗り替わったのは大きいです。枠を活かして好意追走に期待。
冬の間にしっかり乗り込んでいるのも〇。

3枠3番 マスターコード 牡6

[△]

【基本データ】
血統
父 ハービンジャー(欧州 ダンチヒ系)
母父 サンデーサイレンス(日本 サンデー系)
京都成績[1-1-0-1]
右回り[3-5-3-10]
左回り[0-0-0-2]
騎手・斤量[幸・53]
脚質[差し]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[B]
前走からの上積み[B+]
コース適性[A]
調教[B]
コメント
下級条件ながら、京都の2400mでは2度の好走実績があり、上がりもしっかり使えています。
斤量、枠順共に魅力的。

3枠4番 レッドレオン 牡5

[〇]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 スマートストライク(米国 ミスプロ系)
京都成績[2-0-1-2]
右回り[2-0-1-2]
左回り[2-0-0-0]
騎手・斤量[北村友・54]
脚質[先行]
外厩[NFしがらき]
【賽目評価】
能力[B+]
前走からの上積み[B]
コース適性[A]
調教[B]
コメント
前走の比叡S(京都)では先行したまま直線で抜け出し勝利。今回も好枠を引けたので先行策に期待します。
血統ではタフな面が少ないものの、スピードの持続力は優秀。しがらき仕上げも〇。

4枠5番 チェスナットコート 牡6

[-]

【基本データ】
血統
父 ハーツクライ(日本 Tサンデー系)
母父 クロフネ(米国 ヴァイスリージェント系)
京都成績[1-0-0-5]
右回り[2-2-1-9]
左回り[2-3-0-7]
騎手・斤量[藤岡康・55]
脚質[差し]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[B₋]
前走からの上積み[B]
コース適性[B]
調教[B₋]
コメント
Tサンデー×米国は傾向に合っているものの、近走のパフォーマンスを見ると流石に厳しいか。
調教も△。

4枠6番 モズベッロ 牡4

[△]

【基本データ】
血統
父 ディープブリランテ(日本 ディープ系)
母父 ハーランズホリデー(米国 ストームバード系)
京都成績[2-1-0-1]
右回り[2-2-0-4]
左回り[1-0-0-1]
騎手・斤量[池添・52]
脚質[差し]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[B]
前走からの上積み[B+]
コース適性[B+]
調教[B+]
コメント
京都を得意としており、同コースの高雄特別では強い勝ち方を見せましたが、上級条件では大敗しているなど地力が不安。
また、過去10レースで7回出遅れているので注意。

5枠7番 タイセイトレイル 牡5

[▲]

【基本データ】
血統
父 ハーツクライ(日本 Tサンデー系)
母父 シンボリクリスエス(欧州 ロベルト系)
京都成績[0-0-2-2]
右回り[4-1-4-6]
左回り[0-3-0-3]
騎手・斤量[川田・55]
脚質[自在]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[B+]
前走からの上積み[A]
コース適性[B]
調教[B]
コメント
前走のジャパンCでは大敗したものの、地力はメンバー内でも上位。
ハーツクライにロベルトは今の京都に合っているはず。乗り替わった川田Jの好騎乗に期待。

5枠8番 エーティーラッセン 牡6

[-]

【基本データ】
血統
父 サマーバード(米国 ミスプロ系)
母父 アグネスタキオン(日本 Pサンデー系)
京都成績[2-0-0-10]
右回り[3-3-1-11]
左回り[0-1-0-1]
騎手・斤量[藤懸・51]
脚質[逃げ・先行]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[B]
前走からの上積み[B₋]
コース適性[B₋]
調教[B+]
コメント
京都の経験は豊富ですが、得意にはしていない印象。
逃げ馬が少なく斤量も軽いので、すんなり逃げられたら怖いですね。

6枠9番 ロードヴァンドール 牡7

[-]

【基本データ】
血統
父 ダイワメジャー(日本 Pサンデー系)
母父 ストームキャット(米国 ストームバード系)
京都成績[3-2-1-5]
右回り[4-4-4-14]
左回り[0-1-1-2]
騎手・斤量[太宰・55]
脚質[先行]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[B+]
前走からの上積み[B+]
コース適性[B+]
調教[B]
コメント
逃げなくなってから実力が出せていない印象。
2年前の日経新春杯ではハナを切って逃げ粘り2着に入線していますが、前残りの展開も味方しました。
現在のパフォーマンスで番手に控えた場合を考えると……取捨が難しいですね。

6枠10番 サイモンラムセス 牡10

[-]

【基本データ】
血統
父 ブラックタイド(日本 Lサンデー系)
母父 マヤノトップガン(欧州 ロベルト系)
京都成績[2-5-7-16]
右回り[4-10-9-30]
左回り[1-3-3-5]
騎手・斤量[小牧・53]
脚質[逃げ]
外厩[宇治田原優駿]
【賽目評価】
能力[B₋]
前走からの上積み[C]
コース適性[B]
調教[C]
コメント
今年で10歳を迎え、前走が昨年の阪神大賞典。
さらにこの調教内容を見ると……流石にパフォーマンス不足は否めません。
エーティーラッセンとどちらがハナを切るのか。

7枠11番 サトノガーネット 牝5

[-]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 ビクトリーノート(欧州 ノーザンダンサー系)
京都成績[1-2-1-3]
右回り[4-2-1-7]
左回り[1-0-0-1]
騎手・斤量[坂井・55]
脚質[差し・後方]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[B+]
前走からの上積み[B₋]
コース適性[B]
調教[B+]
コメント
前走はとんでもない末脚で中日新聞杯を制しました。
中京よりも直線が短いので末脚を活かし切るのは難しいですが、素材はやはり優秀。
外目の枠に入ったのは残念ですが抑えまで。

7枠12番 スズカディープ 騙8

[-]

【基本データ】
血統
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 シアトルスルー(米国 ボールドルーラー系)
京都成績[0-0-1-2]
右回り[3-0-1-10]
左回り[0-2-0-6]
騎手・斤量[岩崎・52]
脚質[中団・差し]
外厩[ビクトリーHR名張]
【賽目評価】
能力[B₋]
前走からの上積み[B]
コース適性[B₋]
調教[B]
コメント
京都が特別得意という訳ではなく、地力を考えてもこのメンバーでは厳しいか。

8枠13番 アフリカンゴールド 騙5

[△]

【基本データ】
血統
父 ステイゴールド(日本 Tサンデー系)
母父 ゴーンウエスト(米国 ミスプロ系)
京都成績[1-2-0-4]
右回り[2-2-0-6]
左回り[2-0-1-1]
騎手・斤量[福永・55]
脚質[先行・中団]
外厩[ミッドウェイF]
【賽目評価】
能力[B+]
前走からの上積み[B]
コース適性[B]
調教[A]
コメント
去勢後は成績も安定し、能力ではメンバー上位。
血統を見てもステイゴールド×米国は魅力的ですが、8枠が厳しい。
好走した近2走(内枠の高速馬場)とは明らかに違う条件で、どこまで力を発揮できるか。

8枠14番 プリンスオブペスカ 牡6

[-]

【基本データ】
血統
父 ハーツクライ(日本 Tサンデー系)
母父 チーフベアハート(米国 ダンチヒ系)
京都成績[2-1-0-4]
右回り[4-2-5-11]
左回り[1-1-1-3]
騎手・斤量[藤井勘・54]
脚質[自在]
外厩[在厩調整]
【賽目評価】
能力[B+]
前走からの上積み[B+]
コース適性[B+]
調教[B]
コメント
同条件の古都Sを勝利しているなど、京都の適正はアリ。
ただ、地力と枠順を考えると馬券には絡めづらいです。

最終見解

◎ 2 レッドジェニアル
〇 4 レッドレオン
▲ 7 タイセイトレイル
△ 3 マスターコード
△ 6 モズベッロ
△ 13 アフリカンゴールド
☆ 1 メロディレーン

今週の買い目

【3連複1頭軸流し】
②-①③④⑥⑦⑬ ×300円
【合計】4500円

レッドコンビに期待!!٩( ‘ω’ )و
最終的な買い目はTwitterで公開しますので、良かったら覗いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。