2019 エリザベス女王杯【重賞予想】

エリザベス女王杯

お疲れ様です、賽目です。
今週末はG1 エリザベス女王杯が行われます!

今年の注目は3歳女王ラヴズオンリーユーや秋華賞馬クロノジェネシス
さらに遅咲きの豪脚スカーレットカラー、元世代最強ラッキーライラックなど面白いメンバーが集まりました。

3歳世代が本格化するか、古馬が意地を見せるか。
第44回エリザベス女王杯、開幕です。

重賞回顧【11/3 アルゼンチン共和国杯】

東京競馬場2019 アルゼンチン共和国杯【重賞予想】 優勝はムイトオブリガード‼
最後抜けだしてから強かったですね……流石です(`・ω・)b

ちなみに馬券はこうなりました。
収支結果

自信は無かったけど的中!……はしましたが、結果的に◎-▲で決まったのでちょっと寂しい当たりに(;・ω・)
でもようやく回収率が100%になりました! 下回らないようにしなければ……

下半期収支
【投資】33,100円(+2,300)
【回収】33,340円(+3,070)
【回収率】100%(+2%)

京都2200mの特徴

向正面の坂から3コーナーで一気に下るため、先行馬に勢いが付きやすく前残りが多いコース。
また、非根幹距離適正が問われ、血統面ではステイゴールドやマンハッタンカフェなどのTサンデー系の産駒が優秀。
エリザベス女王杯に関してはリピーターも強い傾向があり、適正が重視されます。

近年好走馬

実際に近年で好走している馬たちのデータを把握しておきましょう。
何か法則が見つかるかも?
(※近2走成績、脚質はエリザベス女王杯以前のものです)

2018年 エリザベス女王杯

天候:晴れ 馬場状態:良

1着 リスグラシュー 牝4

【血統】
父 ハーツクライ (日本 Tサンデー系)
母父 アメリカンポスト(欧州 ネイティヴダンサー系)
【近2走成績】
アイルランド府中牝馬 東京芝1800m(2着 上がり2位)
安田記念 東京1600m(8着 上がり9位)
【騎手・斤量】モレイラ・56
【脚質】差し
【通過】8-9-10-9
【枠順】6枠12番
【上がり】33.8
【馬体重】462㎏(+2)

2着 クロコスミア 牝5

【血統】
父 ステイゴールド(日本 Tサンデー系)
母父 ボストンハーバー(米国 ボールドルーラー系)
【近2走成績】
アイルランド府中牝馬 東京芝1800m(5着 上がり4位)
札幌記念 札幌芝2000m(8着 上がり9位)
【騎手・斤量】岩田・56
【脚質】逃げ
【通過】1-1-1-1
【枠順】5枠9番
【上がり】34.7(8位)
【馬体重】436㎏(+4)

3着 モズカッチャン 牝4

【血統】
父 ハービンジャー(欧州 ダンチヒ系)
母父 キングカメハメハ(欧州 キングマンボ系)
【近2走成績】
札幌記念 札幌芝2000m(3着 上がり1位)
ドバイシーマC メイダン芝2410m(6着)
【騎手・斤量】M.デムーロ・56
【脚質】中団・差し
【通過】5-6-5-5
【枠順】4枠7番
【上がり】34.7(8位)
【馬体重】490㎏(+6)

2017年 エリザベス女王杯

天候:晴れ 馬場状態:良

1着 モズカッチャン 牝3

【血統】
父 ハービンジャー(欧州 ダンチヒ系)
母父 キングカメハメハ(欧州 キングマンボ系)
【近2走成績】
秋華賞 京都芝2000m(3着 上がり3位)
ローズS 阪神芝1800m(7着 上がり8位)
【騎手・斤量】M.デムーロ・54
【脚質】先行・中団
【通過】5-5-4-4
【枠順】3枠5番
【上がり】34.1(7位)
【馬体重】476㎏(-2)

2着 クロコスミア 牝4

【血統】
父 ステイゴールド(日本 Tサンデー系)
母父 ボストンハーバー(米国 ボールドルーラー系)
【近2走成績】
アイルランド府中牝馬 東京芝1800m(1位 上がり9位)
オールスターJ 札幌芝2000m(1位 上がり1位)
【騎手・斤量】戸崎・56
【脚質】逃げ
【通過】1-1-1-1
【枠順】2枠4番
【上がり】34.3(8位)
【馬体重】428㎏(+4)

3着 ミッキークイーン 牝5

【血統】
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 ゴールドアウェイ(欧州 ヌレイエフ系)
【近2走成績】
宝塚記念 阪神芝2200m(3着 上がり2位)
ヴィクトリアマイル 東京芝1600m(7着 上がり7位)
【騎手・斤量】浜中・56
【脚質】差し
【通過】12-12-10-11
【枠順】5枠10番
【上がり】33.7(1位)
【馬体重】442(-6)

2016年 エリザベス女王杯

天候:晴れ 馬場状態:良

1着 クイーンズリング 牝4

【血統】
父 マンハッタンカフェ(日本 Tサンデー系)
母父 アナバー(欧州 ダンチヒ系)
【近2走成績】
府中牝馬S 東京1800m(1着 上がり2位)
米子S 阪神芝1600m(2着 上がり3位)
【騎手・斤量】M.デムーロ・56
【脚質】中団・差し
【通過】9-9-9-7
【枠順】2枠3番
【上がり】33.2(1位)
【馬体重】460㎏(+10)

2着 シングウィズジョイ 牝4

【血統】
父 マンハッタンカフェ(日本 Tサンデー系)
母父 シンボリクリスエス(欧州 ロベルト系)
【近2走成績】
府中牝馬S 東京芝1800m(7着 上がり11位)
中山牝馬S 中山芝1800m(15着 上がり15位)
【騎手・斤量】ルメール・56
【脚質】逃げ・先行
【通過】4-3-3-3
【枠順】5枠9番
【上がり】33.7(5位)
【馬体重】474㎏(±0)

3着 ミッキークイーン 牝4

【血統】
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 ゴールドアウェイ(欧州 ヌレイエフ系)
【近2走成績】
ヴィクトリアマイル 東京芝1600m(2着 上がり3位)
阪神牝馬S 阪神芝1600m(2着 上がり1位)
【騎手・斤量】浜中・56
【脚質】差し
【通過】7-7-6-5
【枠順】1枠1番
【上がり】33.6(3位)
【馬体重】442㎏(+10)

好走馬まとめ
近3年ではTサンデー系の産駒が2勝を挙げています。非根幹距離が得意なステイゴールドマンハッタンカフェを中心に馬券内もTサンデー系が多く見られますね。また、1800mの府中牝馬からのステップは、結果に関係なく要注意。
基本的には逃げと先行が有利で、追い込み馬は上がりが使えていても極端に成績が悪く、差し馬でも道中は10番手以内を追走していないと厳しいようです。

全頭診断

今年のエリザベス女王杯はフルゲート、18頭立てで行われます。

※ ◎1頭 〇1頭 ▲1頭 △2頭 ☆1頭

1枠1番 ブライトムーン 牝5

【-】
血統
【父】ルーラーシップ(欧州 キングマンボ系)
【母父】フジキセキ(日本 Pサンデー系)
京都成績【0-1-1-4】
右回り【4-3-2-10】
左回り【0-0-0-0】
騎手・斤量【福永・56】
脚質【先行・中団】
外厩【在厩調整】
コメント
福永Jに乗り替わってから3戦連続馬券内と好調をキープ。最内を引けたので先行力を活かせれば面白いですね。
推せる血統背景や戦績ではありませんが怖い存在です。

1枠2番 ラッキーライラック 牝4

【▲】
血統
【父】オルフェーヴル(日本 Tサンデー系)
【母父】フラワーアレイ(米国 フォーティナイナー系)
京都成績【0-0-0-1】
右回り【2-2-0-2】
左回り【2-0-2-1】
騎手・斤量【スミヨン・56】
脚質【先行】
外厩【在厩調整】
コメント
ライラックの力を活かせる枠に入れたと思います。2200mは少し長いかもしれませんが、非根幹距離の重賞では2戦とも3着内に入線しているので好走を期待しています。能力はメンバー内でも上位ですし、先行馬が有利なここでは切れません。

2枠3番 シャドウディーヴァ 牝3

【-】
血統
【父】ハーツクライ(日本 Tサンデー系)
【母父】ダンシリ(欧州 ダンチヒ系)
京都成績【0-0-0-1】
右回り【0-0-0-3】
左回り【1-3-1-1】
騎手・斤量【松山・54】
脚質【中団・差し】
外厩【在厩調整】
コメント
秋華賞では惜しくも4着でしたが、2000m以上ではパフォーマンスが上がる印象。枠と斤量の利があるので人気以上には走ると思います。
秋華賞のような位置取りだと少し厳しいですね。

2枠4番 ウラヌスチャーム 牝4

【-】
血統
【父】ルーラーシップ(欧州 キングマンボ系)
【母父】フジキセキ(日本 Pサンデー系)
京都成績【0-0-0-1】
右回り【1-3-0-3】
左回り【3-1-0-4】
騎手・斤量【マーフィー・56】
脚質【差し・追い込み】
外厩【在厩調整】
コメント
非根幹距離では【2-3-0-2】と好成績。とはいえ、近走の位置取りで競馬を進めたら厳しいか。
過去にマーフィーJで騎乗した中山2200mのような運び方ができれば面白いですね。

3枠5番 ポンデザール 牝4

【-】
血統
【父】ハーツクライ(日本 Tサンデー系)
【母父】ロッシーニ(欧州 ミスプロ系)
京都成績【初】
右回り【3-0-0-2】
左回り【1-0-0-1】
騎手・斤量【藤岡康・56】
脚質【中団・差し】
外厩【ノーザンF天栄】
コメント
ここまで4連勝と絶好調。血統と成績を考えるとタフな馬場には向きますが、このメンバー相手では後方での競馬を強いられそうです。
あとは初めての関西遠征がどう出るかが気になります。

3枠6番 クロコスミア 牝6

【-】
血統
【父】ステイゴールド(日本 Tサンデー系)
【母父】ボストンハーバー(米国 ボールドルーラー系)
京都成績【0-2-0-2】
右回り【3-3-2-15】
左回り【2-0-2-4】
騎手・斤量【藤岡佑・56】
脚質【逃げ・先行】
外厩【在厩調整】
コメント
エリザベス女王杯2年連続2着の強リピーター。間違いなく適正はありますし、先行力もあるので馬券では切りにくいですね。
戸崎Jがアクシデントで乗れなくなってしまいましたが、頑張って欲しいところです。

4枠7番 レイホーロマンス 牝6

【-】
血統
【父】ハービンジャー(欧州 ダンチヒ系)
【母父】サンデーサイレンス(日本 サンデー系)
京都成績【2-1-0-0】
右回り【2-2-1-13】
左回り【1-1-0-6】
騎手・斤量【岩崎・56】
脚質【差し】
外厩【在厩調整】
コメント
リピーターではありますが、去年は13着と大敗しているので適正は微妙。近走の成績からも上積みが見込みにくいので少し評価は下げています。

4枠8番 クロノジェネシス 牝3

【△】
血統
【父】バゴ(欧州 レッドゴッド系)
【母父】クロフネ(米国 ヴァイスリージェント系)
京都成績【1-0-0-0】
右回り【2-1-1-0】
左回り【2-0-1-0】
騎手・斤量【北村・54】
脚質【中団・差し】
外厩【在厩調整】
コメント
秋華賞の時は本命にしましたが、馬場の渋った京都2000m適性が一枚抜けていた印象なので、2200mの良馬場で前走以上のパフォーマンスを出せるかは微妙です。
とはいえ、陣営は秋華賞よりもエリ女を目標に据えていたとの事なので、ここに向けた調整は抜かりないと思います。
切りはしませんが、今回は連下までの評価です。

5枠9番 アルメリアブルーム 牝5

【-】
血統
【父】ドリームジャーニー(日本 Lサンデー系)
【母父】ネオユニヴァース(日本 Dサンデー系)
京都成績【3-2-1-4】
右回り【5-4-3-14】
左回り【0-0-0-0】
騎手・斤量【武豊・56】
脚質【中団・差し】
外厩【在厩調整】
コメント
前走は京都で3勝クラスを制覇するなど好調。京都での成績は悪くありませんが、相手も強化されて斤量+2となる今回は少し厳しいか。
切れる要素も少ないですが推せる要素も少ないので判断が難しいですね。

5枠10番 フロンテアクイーン 牝6

【-】
血統
【父】メイショウサムソン(欧州 サドラーズウェルズ系)
【母父】サンデーサイレンス(日本 サンデー系)
京都成績【0-0-0-2】
右回り【2-6-1-6】
左回り【1-4-2-6】
騎手・斤量【津村・56】
脚質【中団・差し】
外厩【在厩調整】
コメント
前走の府中牝馬では2着入線と好調。非根幹距離である1800m戦で成績が良い【3-5-0-2】のは好材料ですね。
ただし、2000m以上になると凡走傾向があり、昨年のエリ女では7着と適正は微妙と見ています。

6枠11番 ラヴズオンリーユー 牝3

【◎】
血統
【父】ディープインパクト(日本 ディープ系)
【母父】ストームキャット(米国 ストームバード系)
京都成績【2-0-0-0】
右回り【3-0-0-0】
左回り【1-0-0-0】
騎手・斤量【M.デムーロ・54】
脚質【差し】
外厩【ノーザンFしがらき】
コメント
キャリアはまだ浅いですが、オークスを見る限り実力はひとつ抜けています。夏を超えて馬体も強化され、追い切りでもかなりの好タイムを出しているので春からの上積みも十分にあると踏んでいます。
京都2200mの適正は正直微妙ですが、斤量の利もあり枠も良い所を引けました。本格化に期待です。

6枠12番 センテリュオ 牝4

【-】
血統
【父】ディープインパクト(日本 ディープ系)
【母父】エンドスウィープ(米国 フォーティナイナー系)
京都成績【1-2-0-0】
右回り【4-4-0-2】
左回り【0-0-0-1】
騎手・斤量【ルメール・56】
脚質【差し】
外厩【ノーザンFしがらき】
コメント
2200m戦は3戦走って全連対と非根幹距離の適正を見せてはいますが、本質的には京都2200mと少しズレているように思えます。
鞍上がルメールJに替わった事で人気にはなっていますが、相手が強化された今回は少し割り引いて考えます。

7枠13番 サトノガーネット 牝4

【-】
血統
【父】ディープインパクト(日本 ディープ系)
【母父】ヴィクトリーノート(欧州 ノーザンダンサー系)
京都成績【1-2-1-2】
右回り【4-2-1-6】
左回り【0-0-0-1】
騎手・斤量【坂井・56】
脚質【差し・追い込み】
外厩【在厩調整】
コメント
優秀な上がりを使える一頭ですが、近走のようにあまりに後方からだと届かない可能性が高いと踏んでいます。
血統から見ても根幹距離の方が力を発揮できるタイプだと思います。

7枠14番 ゴージャスランチ 牝4

【〇】
血統
【父】マンハッタンカフェ(日本 Tサンデー系)
【母父】シーキングザゴールド(米国 ミスプロ系)
京都成績【0-0-0-2】
右回り【1-0-3-3】
左回り【3-3-1-1】
騎手・斤量【幸・56】
脚質【先行】
外厩【山元トレセン】
コメント

非根幹距離の鬼マンハッタンカフェ産駒に加え先行力もあるので、この舞台では非常に期待したい一頭。人気は低いですが、このメンバーであれば適正の利で圏内に入って来られるチャンスは十分にあると思っています。

7枠15番 ミスマンマミーア 牝4

【-】
血統
【父】タニノギムレット(欧州 ロベルト系)
【母父】サンデーサイレンス(日本 サンデー系)
京都成績【初】
右回り【1-1-1-3】
左回り【1-0-1-2】
騎手・斤量【浜中・56】
脚質【差し】
外厩【名張ホースランド】
コメント
2200mは2戦2勝と適正の高さを見せています。上がりも使えますし、タフな展開もこなせそうなので面白い一頭です。
ただ、前走から斤量+3キロは少し厳しいですね。

8枠16番 スカーレットカラー 牝4

【△】
血統
【父】ヴィクトワールピサ(日本 Tサンデー系)
【母父】ウォーエンブレム(米国 ミスプロ系)
京都成績【1-1-0-1】
右回り【1-4-1-6】
左回り【2-0-0-2】
騎手・斤量【岩田康・56】
脚質【差し・追い込み】
外厩【在厩調整】
コメント
今年の府中牝馬優勝馬。今回のメンバー内でも末脚は抜群なので、極端に後ろに付けなければ好走が期待できます。
大外+初斤量でどこまでやれるか楽しみですね。

8枠17番 サラキア 牝4

【☆】
血統
【父】ディープインパクト(日本 ディープ系)
【母父】ロミタス(欧州 ミスプロ系)
京都成績【0-1-0-2】
右回り【1-2-0-4】
左回り【1-1-1-2】
騎手・斤量【川田・56】
脚質【自在】
外厩【在厩調整】
コメント
人気を落としてはいますが、非根幹距離適正のある先行馬は軽視できません。
川田Jに乗り替わった事で思い切った騎乗が見られれば面白い一頭だと思います。

8枠 18番 レッドランディーニ 牝4

【-】
血統
【父】ディープインパクト(日本 ディープ系)
【母父】ミスターグリーリー(米国 ミスプロ系)
京都成績【2-0-2-2】
右回り【2-1-3-6】
左回り【1-1-0-1】
騎手・斤量【池添・56】
脚質【差し】
外厩【在厩調整】
コメント
前走の府中牝馬では人気以上の走りを見せましたが、後方から仕掛けた割に上がりが使えていないのが気になります。
位置取りと上がりを考えて他の差し馬よりも少し評価を下げています。

印まとめ
◎ 11 ラヴズオンリーユー
〇 14 ゴージャスランチ
▲ 2 ラッキーライラック
△ 8 クロノジェネシス
△ 16 スカーレットカラー
☆ 17 サラキア

今週の買い目

【ワイド】
⑪-⑭ ×1000円
【馬連】
⑪-⑭ ×1000円
【三連複 フォーメーション】
⑪-②⑥⑧⑭⑰-②⑥⑧⑩⑭⑯⑰ ×100円
計4000円

本命-対抗のワイドと馬連を1000円ずつ。
三連複の中心は、やはり前目中団から競馬ができる馬を選びました。
後ろからの馬は抜けた上がりを持っているラヴズとスカーレットのみに絞って勝負です!(*/>ω<)/

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。