2019 毎日王冠【重賞予想】

お疲れ様です、賽目です。
今週末はG2『毎日王冠』が行われます!

思えば僕が本格的に馬券を買い始めたのは2018年の毎日王冠から。
アエロリットの単勝を買い、見事に逃げ切ってくれたのは鮮明に覚えています。

さて、今年もそのアエロリットを筆頭に、G1馬が5頭も参戦と豪華メンバーが集結しました。
秋のG1戦線を占う重要な1戦を見届けましょう!(/・ω・)/

重賞回顧【9/29 スプリンターズS】

タワーオブロンドン優勝おめでとうございます!!
気持ちの良い差し切り勝ちでしたね。やはりG1レースは観ていてゾクゾクします。
ミスターメロディ、レッツゴードンキの掲示板入りも感動しました(;▽;)
本当にみんな良く走りました、お疲れ様です。

さて、馬券ですがトリガミ的中でした(-ω-)/

投票結果

きっちり上位三頭決着でしたね。
なんとか回収率が0から脱出できたので、これから上げていきたいです(;・ω・)

下半期収支
【投資】11300円
【回収】3210円
【回収率】28%

東京1800mの特徴

基本的にはスローになりやすく、構造的にも内枠先行が有利なコース。しかしながら、時計がかかると瞬発力が全ての差し勝負になることもしばしば。特に秋開催ではその傾向が多いです。東京コースなので基本的にはリーディング上位の種牡馬成績が良いですが、非根幹距離が得意な血統も穴を空けています。

注目血統
【リーディング上位】
・ディープインパクト
・キングカメハメハ
・ステイゴールド
・ハーツクライ
【非根幹距離適正】
・マンハッタンカフェ
・トーセンホマレボシ
・ダノンシャンティ
・ディープブリランテ

近年好走馬

実際に好走している馬たちの特徴を把握しておきましょう。
※近2走成績、脚質は毎日王冠以前のものです。

2018年毎日王冠

天候:晴れ 芝状態:良

1着 アエロリット

【血統】
父 クロフネ(米国 ヴァイスリージェント系)
母父 ネオユニヴァース(日本 Dサンデー系)
【近2走成績】
安田記念 東京芝1600m(2着 上がり6位)
ヴィクトリアマイル 東京1600m(4着 上がり14位)
【脚質】 逃げ
【通過】 1-1-1
【枠順】 6枠9番
【上がり】33.8(7位)
【馬体重】508㎏

2着 ステルヴィオ

【血統】
父 ロードカナロア(欧州 キングマンボ系)
母父 ファルブラヴ(欧州 ノーザンダンサー系)
【近2走成績】
日本ダービー 東京芝2400m(8着 上がり3位)
皐月賞 中山芝2000m(4着 上がり1位)
【脚質】差し・追込
【通過】6-8-8
【枠順】4枠5番
【上がり】33.2(1位)
【馬体重】468㎏

3着 キセキ

【血統】
父 ルーラーシップ(欧州 キングマンボ系)
母父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
【近2走成績】
宝塚記念 阪神芝2200m(8着 上がり3位)
日経賞 中山2500m(9着 上がり13位)
【脚質】差し
【通過】2-2-2
【枠順】1枠1番
【上がり】33.9(8位)
【馬体重】504㎏

2017年毎日王冠

天候:曇 芝状態:良

1着 リアルスティール

【血統】
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 ストームキャット(米国 ストームバード系)
【近2走成績】
中山記念 中山1800m(8着 上がり9位)
ジャパンC 東京2400m(5着 上がり9位)
【脚質】先行・中団
【通過】7-7-7
【枠順】6枠8番
【上がり】32.8(2位)
【馬体重】506㎏

2着 サトノアラジン

【血統】
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 ストームキャット(米国 ストームバード系)
【近2走成績】
安田記念 東京1600m(1着 上がり1位)
京王杯SC 東京1400m(9着 上がり2位)
【脚質】後方・差し
【通過】9-8-8
【枠順】8枠12番
【上がり】32.6(1位)
【馬体重】532㎏

3着 グレーターロンドン

【血統】
父 ディープインパクト(日本 ディープ系)
母父 ドクターディヴィアス(欧州 ヘロド系)
【近2走成績】
安田記念 東京1600m(4着 上がり4位)
東風S 中山1600m(1着 上がり1位)
【脚質】後方・差し
【通過】9-10-10
【枠順】6枠7番
【上がり】32.6(上がり1位)
【馬体重】474㎏

好走馬まとめ
2017年と2018年では展開に大きな差がありますね。
去年は2頭の先行馬が残る展開だったのに対して、一昨年は完全なる上がり決着。
血統傾向も顕著で、上がり決着の2017年はディープが上位を独占し、1,2着は母父がストームキャットとスピード血統が活躍しています。
東京の開幕週という事で逃げ馬が優勢と思いきや、ペースが速くなったところを差し馬が……と展開の読みも難しいですね。
土曜日の傾向や状態も重要になってくると思います。

全頭診断

今年の毎日王冠は10頭と少頭数のレースになりましたがG1馬が5頭も出走と良いメンバーが集まりました。
馬券的には非常に難しくなりそうですが、ここを獲ってG1シーズンへ勢いを付けましょう!

【※ ◎1頭 〇1頭 ▲1頭 △2頭 ☆1頭】

1枠1番 ケイアイノ―テック牡4

【-】
血統
【父】ディープインパクト(日本 ディープ系)
【母父】スマーティ―ジョーンズ(米国 ミスプロ系)
東京成績【1-0-0-3】
左回り【1-0-0-3】
騎手・斤量【幸・57】
脚質【中団・差し】
外厩【吉澤WEST】
コメント
去年の毎日王冠では5着に入っているリピーターですが、その後は掲示板外が続いているなど少し不調気味ですね。ディープ産駒はスランプに陥ると抜けだすのが難しいそうですが、頑張って欲しいところです。
とはいえ、安田記念、マイラーズCと上がりは使えているのでハマれば面白い一頭。最内に入ったのが吉と出るか凶と出るか。

2枠2番 ギベオン牡4

【▲】
血統
【父】ディープインパクト(日本 ディープ系)
【母父】ゴーストザッパー(米国 ヴァイスリージェント系)
東京成績【1-1-0-0】
左回り【2-1-0-1】
騎手・斤量【岩田望・56】
脚質【中団・差し】
外厩【山元トレセン】
コメント
G1、G2こそ勝ち切れていないものの、東京、左回り共に好成績を残している一頭。
内枠かつ隣にアエロリットがいるのは幸運と見ていいと思います。ここまで3戦徐々に着順を上げてきていますし、血統から見ても期待したいですね。
想定では6番人気ですが、本当にこの人気になるのでしょうか……?

3枠3番 アエロリット牝5

【〇】
血統
【父】クロフネ(米国 ヴァイスリージェント系)
【母父】ネオユニヴァース(日本 Dサンデー系)
東京成績【3-3-0-2】
左回り【3-3-0-3】
騎手・斤量【津村・55】
脚質【逃げ】
外厩【ノーザンF天栄】
コメント
去年の毎日王冠優勝馬。天皇賞秋に強烈なメンバーが揃っているので、今年もおそらくココを獲りに来ていると思います。
適正は言うまでもありませんし、他に逃げる馬もいませんのでそこまで厳しい展開にはならないと予想。
ただ、やはりアエロリットは逃げる事で真価を発揮するので、初めて手綱を握る津村騎手が力を引き出せるか少し心配ではあります。

4枠4番 インディチャンプ牡4

【△】
血統
【父】ステイゴールド(日本 Tサンデー系)
【母父】キングカメハメハ(欧州 キングマンボ系)
東京成績【2-0-0-0】
左回り【3-0-0-0】
騎手・斤量【福永・58】
脚質【先行・中団】
外厩【ノーザンFしがらき】
コメント
東京、左回り負け無しの猛者。今年の安田記念を勝った事で晴れてG1馬の仲間入りを果たしました。ただ、それだけに天秋組に比べてココを獲りには来ていないのかな、とも思います。しがらきも放牧の為に使っていますし、あくまでインディチャンプの目標はマイルCS……?
とはいえ、適正、自力共に高い一頭なので非常に判断が難しいですね。

5枠5番 ランフォザローゼス牡3

【△】
血統
【父】キングカメハメハ(欧州 キングマンボ系)
【母父】ディープインパクト(日本 ディープ系)
東京成績【1-1-0-1】
左回り【1-1-0-1】
騎手・斤量【北村宏・54】
脚質【中団】
外厩【ノーザンF天栄(短期)】
コメント
セントライト記念、札幌記念と近2走は二桁着順の大敗を喫しています。それでも東京適正自体は高く、斤量の利がある今回は期待したい一頭。
ただ、使い詰めなのが少し気になりますね。これは毎日王冠を獲りに来ているローテーションなのか果たして……

6枠6番 ペルシアンナイト牡5

【-】
血統
【父】ハービンジャー(欧州 ダンチヒ系)
【母父】サンデーサイレンス(日本 SS系)
東京成績【0-1-0-5】
左回り【1-1-0-6】
騎手・斤量【シュタルケ・57】
脚質【差し】
外厩【山元トレセン】
コメント
去年のマイルCS以降は中々状態が上がっていない様子。前走の札幌記念では復調の兆しが見えたように思えましたが、根本的に東京が合っていないのではと思います。復活はして欲しいですが、あくまで目標はマイルG1。今回の舞台では少し評価を下げたいですね。

7枠7番 マイネルファンロン牡4

【-】
血統
【父】ステイゴールド(日本 Tサンデー系)
【母父】ロージズインメイ(米国 ヘイロー系)
東京成績【1-1-1-2】
左回り【1-1-1-2】
騎手・斤量【柴田大・56】
脚質【先行】
外厩【在厩調整】
コメント
前走札幌記念では人気薄ながらレース内容も良く2着入線。東京成績も悪くありませんが、父ステイゴールドで母系にロベルトという血統は、今回のメンバーを考えると少しパフォーマンス不足になると僕は思います。

7枠8番 ハッピーグリン牡4

【☆】
血統
【父】ローエングリン(欧州 サドラーズウェルズ系)
【母父】アグネスタキオン(日本 Pサンデー系)
東京成績【1-0-0-3】
左回り【1-0-0-3】
騎手・斤量【服部茂・56】
脚質【中団・差し】
外厩【在厩調整】
コメント
同じ東京の舞台である昨年のジャパンCでは、あのホーリックスと同タイムを記録したことで話題になりましたね。(超高速馬場の影響で全員トンデモなタイムでしたが……)
また、500万下ではありますが、東京1800mを勝利した事のある馬でもあります。ローエングリン産駒は東京の1600~1800mの成績も良いので期待したいですね。

8枠9番 ダノンキングリー牡3

【◎】
血統
【父】ディープインパクト(日本 ディープ系)
【母父】ストームキャット(米国 ストームバード系)
東京成績【2-1-0-0】
左回り【2-1-0-0】
騎手・斤量【戸崎圭・54】
脚質【先行・中団】
外厩【ノーザンF天栄】
コメント

東京コースでは、サートゥルナーリアやアドマイヤマーズに先着するなど、血統通り東京を得意としている印象。そして何と言っても斤量54。もはや反則のように思えます。天皇賞秋のメンバーを考えると毎日王冠は前哨戦とも言ってられないはず。あまりにプラス要素が揃っていますし、G1前哨戦に滅法強いダノン軍団の力を信じたいです。

8枠10番 モズアスコット牡5

【-】
血統
【父】フランケル(欧州 サドラーズウェルズ系)
【母父】ヘネシー(米国 ストームバード系)
東京成績【2-0-0-1】
左回り【3-0-0-1】
騎手・斤量【内田博・57】
脚質【中団・差し】
外厩【シュウジデイF】
コメント
近走は厳しい戦いが続いていましたが、前走の安田記念は悪く無い内容だったと思います。
東京と左回りも苦手にしていませんし、復調を期待したいですね。
ただ、1600mより長いところで結果を残していないので、本質的に1800mは少しズレているのかなと思います。

今週の買い目

【三連単フォーメーション】
⑨-②③④⑤⑥-②③④⑤⑥⑧×100 25通り

ダノンを頭にして3連単で遊びます。
雨がめっちゃ気になるよ……

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。